in

【雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」】DENHAMとの別注モデル第2弾を発表。定番のデニムを含む4型を同時リリース。

「日本の伝統×最新技術」をコンセプトに商品を創りだすことで、現代の生活にフィットした伝統を身近に感じられる商品を取り扱うブランドgoyemon(ごゑもん)を展開するNEWBASIC株式会社(東京都台東区/代表取締役 大西藍)は、雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」の別注モデルを発表。デニムブランド「DENHAM」とのコラボで、特別仕様かつXLのビッグサイズも展開。

 

雪駄×スニーカー 「unda-雲駄-」がデニムブランド「DENHAM」との別注モデルを発表。

「DENHAM」の魅力を最大限に織り交ぜた細やかなディティールに注目だ。
また今回もインラインでは生産していない27cm-30cmに対応のXLサイズも展開している。

 

(左からAI / RAW / NAKAMEMAN / RYUKYU AI )

 

  1. “unda -RAW- ”
  2. “unda -NAKAMEMAN- ”
  3. “unda -RYUKYU AI- ”
  4. “unda -AI- ”

1. “ unda -RAW- ”

 DENHAMのインラインでも使われているカイハラの日本製生デニムモデル。
履き心地にこだわり、天板と鼻緒で異なるozを採用しています。
シザーマークのプリントや、盆栽グラフィックの刺繍など細やかなディティールが盛り込まれたプレミアムな一足に仕上がっています。
※アクセントのバンダナは取り外し可能で、片足のみとなります。

<インディゴ・藍染製品の取り扱い上の注意>
・摩擦により他のものに色移りすることがあります。
・洗濯により色落ちすることがあります。

2. “ unda -NAKAMEMAN- ”

アッパー部分全てにオリジナルのレオパード柄を纏ったインパクトのある一足。

天板と鼻緒には耐久性の高いポリエステルオックス生地を採用。
鼻緒には、「デンハム ザ ジーンメーカー」「ナカメマン」の文字がプリントされ、フットベッド踵部分にはシザーマークの刺繍が施されている。

3. “ unda -RYUKYU AI- ”

goyemonインラインのWhiteをベースにしたモデルを、琉球藍で染色した特別な一足。
鼻緒にはリップストップの生地を採用。
「琉球藍研究所」の職人の手作業により1点1点染めあげられ、素材によって全く違った染色具合が楽しめる。
※アクセントのバンダナは取り外し可能で、片足のみとなります。

<インディゴ・藍染製品の取り扱い上の注意>
・摩擦により他のものに色移りすることがあります。
・洗濯により色落ちすることがあります。

4. “ unda -AI- ”

昨年好評だったモデルをEC限定にて再販売。
undaの定番モデルでも用いられている京都のカスリ染糸を使用した織物とDENHAMのデニムを組み合わせた。
踵にはアイコンでもある赤タグを採用し、合わせてフットベッドには盆栽グラフィックをプリントした。

【 取り扱い店舗 】
・デンハム直営店/一部正規お取扱店
・デンハム公式オンラインストア(https://www.denhamjapan.jp/)

【 販売開始日時 】
4月15日(金)10時より発売開始予定。

【 ラインナップ 】

  • “ unda -RAW- ”
    • Size:M / L / XL
    • ¥35,200(税込)
  • “ unda -NAKAMEMAN- ”
    • Size:M / L / XL
    • ¥35,200(税込)
  • “ unda -RYUKYU-AI- ”
    • Size:M / L / XL
    • ¥55,000(税込)
  • “unda -AI- ”
    • Size:M / L
    • ¥29,700(税込)

※Size:M(24cm-27cm)/L(26cm-29cm)/XL(28cm-31cm)

 

 

 

 

【 DENHAM 】
https://www.denhamjapan.jp
2008年にオランダ・アムステルダムで誕生したデニムブランド。国際的にも名高いイギリス人のデニム職人ジェイソン・デンハムによって設立。
ブランドの核はプレミアムデニムをルーツとし、メンズ・レディース共に数多くのファッションアイテムを展開している。

【 琉球藍研究所 】
https://instagram.com/ryukyu_indigo_labo?utm_medium=copy_link
琉球藍の素晴らしさに触れ、文化を伝えていく。文化・継承という言葉は安易に誰しもが使える時代、一から本気で取り組む人はごくわずか。
沖縄の伝統工芸、琉球藍を伝えていく為に原料から育てる事が大切だと考え農業の分野から取り組んでおります。化学染料では表現する事の出来ない独特の風合い深みを持った沖縄の文化の色”RYUKYU BLUE”と名付けました。

 

【 goyemon 】
https://www.goyemon.tokyo
大西藍、武内賢太がデザイナーを務める2018年結成のプロダクトデザインユニット「goyemon(ごゑもん)」。

日本の伝統文化にフォーカスし、「日本の伝統や魅力ある製品を、若い世代や世界の方々に知ってもらいたい。」そんな想いから活動をスタート。

​「日本の伝統×最新技術」を融合させた商品を創りだすことで、現代の生活にフィットした、伝統を身近に感じられる商品を展開しています。
第一弾として、【 雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」】を国内最大級のクラウドファンディングサービスMakuakeにてリリース。1週間で2,000万円を超える支援を集め、Makuake Award 2019でGOLD賞を受賞。

翌年2020年2月には、第二弾【 切子×ダブルウォールグラス「Fuwan-浮碗-」】で1,000万円を超える支援を集めた。

【instagram】https://www.instagram.com/goyemon_japan/?hl=ja
【twitter】https://twitter.com/goyemon_japan?lang=ja
【Facebook】https://www.facebook.com/1977647615866368/

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

【雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」】今年のDENHAM別注は琉球藍で染色された伝統を感じれられる一足に。

世界最大級ハンドメイドの祭典 リアルとオンライン同時展開 新たなカタチで『第46回2022日本ホビーショー』3年ぶりの開催