in

フレームダブルオー、創業90年の社寺建築の翠雲堂とパートナーシップ、日本初「寺DAO」での地方創生事業を6月6日より開始

DEVプロトコルを開発するフレームダブルオー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:原 麻由美)は、社寺建築、寺院荘厳具の製造・販売を行う株式会社翠雲堂(すいうんどう、本社:千葉県松戸市、代表取締役社長:山口 豊)とのパートナーシップを締結し、「寺DAO」を通じた、地方創生、文化継承事業を6月6日より開始いたします。
寺DAOサイト: https://temples.clubs.stakes.social/

Temples DAOTemples DAO

パートナーシップ締結の背景
翠雲堂は寺院建築から、寺院荘厳具の製造・販売まで、お寺に関わるすべてをつくり、全国に1万7000を超える寺院と取引しています。日本の貴重な文化財を次の世代につなぎ、1000年後も今の文化財を修復できるような材料や技術を継承する翠雲堂の事業と、DEVプロトコルの持続可能なファンディングシステムは、「持続可能性」という共通の目標を持つことから、この度のパートナーシップ締結に至りました。
コロナ禍において寺院や仏教美術に関心を持つ海外渡航者が激減し、伝統工芸にも影響が出ているなか、日本全国の寺院における修復、伝統工芸職人、国内外の寺院に関心を持つ方々へのサポートを目的とし、ステーキングによる持続的なクラウドファンディングおよび、DAOによるコミュニティ構築を行っていきます。

「寺DAO」について
日本文化と世界、職人による伝統と新たなデジタル技術の架け橋となる新しいコミュニティです。
デジタル資産を通じた支援により、世界中からDAOに参加して、DAOの一員としてプロジェクトの成長に貢献することができます。また、DAOで集めた資金は、寺院の修復や職人のサポートに利用され、寺DAOのメンバーは、オンチェーンと物理的な体験の両方において、他にはない特別な体験を受けることができます。

「寺DAO」概要
開始日:2022年6月6日(月)〜 ※一次募集は、早期終了する可能性があります。
参加方法:暗号資産による支援(ステーキング)
対応通貨:ETH、DEV
※対応決済サービスは順次増えていきます。

寺DAOサイト: https://temples.clubs.stakes.social/

特典には、寺院『御用達』の看板を持ち、数多くの受賞歴を誇る翠雲堂の職人の手による逸品やNFTのプライベートオークションへの参加や、限定商品、特別なご招待などのメンバー限定サービスを予定しております。オークションの開催は、メンバー限定で案内されます。

美術品概要
釈迦如来坐像など

「寺DAO」に関する情報はDiscordでコミュニティに参加し、最新情報をいち早く目にする準備をしてください。

DEVプロトコル Discord: https://discord.gg/VwJp4KM

■Frame00について
「すべてのイノベーターが評価され、持続的に挑戦できる社会をつくる」をミッションに2015年に設立され、子会社DEV NULL AGと共にグローバルにブロックチェーン事業を展開。DeFi(分散型金融)を活用して、持続可能なクリエイターエコノミーを支援する「DEV」トークン、トークン発行ツール「Niwa」、DAO開発キット「Clubs」を提供・開発しています。

■翠雲堂について
翠雲堂は「文化を継承し 歴史を創り続ける」をテーマに、全国17000もの寺院と取引し、社寺建築の実績を積み重ねてきました。総本山身延山久遠寺 五重塔初重荘厳具、大本山成田山新勝寺醫王殿 荘厳具、普済寺 本堂、大休寺 山門などをはじめとする多くの寺院建築・仏像製作・仏具製作を手掛けており、お寺のすべてを一社で作る世界でもオンリーワンの会社です。

 

翠雲堂会社概要
会社名 :株式会社 翠雲堂(すいうんどう)
本社 :千葉県松戸市五香西3-6-1
代表 :山口 豊
創業 :1937 年 7 月
https://suiundo.co.jp

FRAME00会社概要
会社名 :FRAME00株式会社
本社 :東京都東京都渋谷区神南1丁目6−5
代表 :原 麻由美
創業 :2015 年 8 月
https://corp.frame00.com/

Dev Null AG
6300 Zug, Switzerland 

CEO 原麻由美, CTO aggre インタビュー/ YouTube「MIRAISE Channel」

 

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

実はサステナビリティと関係が深い。再注目されている伝統工芸品<第 42 回日本の職人展>

京都最大級の陶器市「清水焼の郷まつり」2022年10月に開催決定!ただいま出展事業者を募集中