in

京セラ開発の京都オパールと京都伝統工芸によるグランドピアノ制作の開始

真和楽器株式会社(本社所在地:愛知県犬山市、代表取締役 河上道明)は、2022年5月23日より京セラ本社(京都府京都市伏見区)1Fロビーにて、京都伝統工芸の技法を使った『彩輝光蒔絵ピアノ~春幻~』を展示し、制作の受付を始めます。

 

 

コロナ禍により生活様式が変わり、家庭で音楽を楽しむ時間が増える中、ピアノも弾いたり聴いたりするだけではなく、視覚的にも美しさを備えたピアノで癒しを感じてもらいたい、という思いから新しい価値を付加したピアノを制作しました。

真和楽器では漆工芸作家の大町憲治氏に依頼し、京都伝統工芸技法の「蒔絵」と、 京セラが装飾用素材として展開している京都オパールを用いた新しい技法「彩輝光」を駆使し、世界に唯一無二のピアノの制作サービスを始めます。

京都伝統工芸の技能継承、そしてピアノ販売台数の減少というそれぞれが持つ長期的課題に対して、新たな価値の付加により新市場での展開が期待できます。

 

この彩輝光蒔絵ピアノ 春幻モデルは、吉野窓から吹き抜ける風に揺れ動く桜の花弁を、蒔絵と京都オパールにより表現しています。

風に舞い散る桜の花弁(彩輝光)吉野窓から見える桜(蒔絵)

新しく購入される*ピアノや、家庭や事業所などで既にお持ちの*ピアノにも彩輝光蒔絵を施すことができます。特にホテルロビーをはじめ結婚式場、音楽ホール、レストランなどにおいて、彩輝光蒔絵ピアノが伝統工芸による京都の和空間を演出します。

*アコースティックピアノに限ります(一部不可モデルもございます)

 

作業について

1. グランドピアノおよびアップライトピアノに作業可能です

2. ピアノは当社ピアノ工房でお預かりし、作業後にお戻しします

3. 作業期間は2~4ヶ月間要します

4. 彩輝光蒔絵のデザインのリクエストも承ります

 

展示について

1. 会場:京セラ株式会社 本社1Fエントランスロビー(京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地)

2. 観覧日:平日(10時開館~17時閉館)

3. 事前予約制(1週間前までに要予約)

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

アッヴィ アートプロジェクト 「PERSPECTIVES (パースペクティブズ)」作品募集を開始

鈴木啓太氏によるオンライントークイベント「ひろがるデザイン」開催