in

70年代からのクラシカルモデルに最先端の技術で走行感を引き出したVIGOREのハンドメイドロードバイク6月23日受注開始

創業から93年目の京都の自転車ブランド「VIGORE」(ビゴーレ)を手がける有限会社ビゴーレ・カタオカ(本社:京都市、代表:片岡聖登)は、3代目フレームビルダー片岡聖登の手により一つ一つ製作するハンドメイドフレーム「70next」(ナナゼロネクスト)を6月23日(木)より受注開始します。
VIGOREで70年代から受け継がれるクラシカルなデザインでありながら、クロモリ製ロードバイクのレーサーとしての走行感を最大限に引き出しました。価格は完成車1台799,700円〜(内税)、フレーム&フォークは1台374,600円〜(内税)の完全受注製作です。「70next」をベースとした、京都の漆芸家 服部 一齋氏との記念コラボモデル「70next 知足」(ナナゼロネクスト ちそく)も同時発売します。

70next 70next

 

 

70next 知足70next 知足

  
これからのもののあり方を考える自転車を
当社は1929年に京都で創業。1963年にはオリジナルブランド「VIGORE」を興し、国内初の独自ブランドショップを展開した国内フレームビルダーの老舗です。無駄を削ぎおとし、必要なものだけを残すという哲学の下、ものづくりをしてきました。
創業100年を前に、先代から受け継がれた想いを見つめなおし、これからのモノのあり方を考えるための自転車をつくりたいという想いから開発が始まりました。鍛えあげられた技術でこそ性能が発揮できるラグ溶接で職人がひとつひとつ手工業で製作しています。VIGOREのスチールフレームの原点である70年代のクラシカルなデザイン設計でありながら、最新のレーサー感の乗り味を楽しめる自転車が完成しました(詳細は参考資料 p.3参照)。
 
日本の美意識を伝える
ビルダー片岡聖登がこれまで培った技術の粋を集め、新たに開発したクロモリ製ロードバイク「70next」。VIGOREで70年代から受け継がれるラグ溶接を採用したデザイン設計をベースに、最新のクロモリ素材とコンポーネントパーツで、レーサーの走行感を最大限に引き出しました。片岡の手でひとつひとつ製作し、次のメッセージを込めました。
余分なものを削ぎ落とし、本質を追求した先に生まれる機能美。日本のものづくりにおいて、その哲学・美意識は受け継がれてきました。そうした想いでつくられたものを人々は大切な何かを感じ、丁寧に扱ってきました。その感性を今改めて見つめ直すという想いをこめ、漆芸家 服部一齋氏とのコラボモデル「70next 知足」も販売します。見るたび、乗るたびその想いが伝わる自転車になることを願っています(詳細は参考資料p.4参照)。

【70next】

クラシカルで新しい美しさ
全体のデザイン、ラグ、ヘッドバッヂ、エンドキャップ、そしてエンド接合部の仕上げまで、70年代から受け継がれた技術とデザインを再現。そこから、不要なものは削ぎ落とし、必要なものだけを磨き込むVIGOREのデザイン設計の原点を改めて突き詰め、VIGOREらしい美しさを実現しました。

高い走行性を実現するフレーム
クラシカルなラグ溶接が抱える、溶接時の熱による軟化の課題に対応する為、フレーム素材にはKAISEI 8630Rを使用しています。KAISEI 8630Rは肉薄で軽量な素材でありながら、クロモリにニッケルが配合されている為、溶接時の熱で結合部に剛性が生まれます。これが、クロモリのしなやかなバネ感と合わさり、乗り手の力を前に進む力に変換します。この溶接時の熱による組織変化を最適な範囲に留め、素材の力を最大限に引き出せるよう、片岡聖登が長年鍛え上げた職人技でひとつひとつ手工業で製造します。

軽量で操作性の高いコンポーネントパーツ 
伝統的な技術や仕様を応用しながらも、最高の乗り味を体感していただけるよう、推奨完成車モデルのコンポーネントパーツは、SHIMANO ULTEGRA Di2 キャリパーブレーキ仕様を採用。STIレバーがコンパクトになり、ハンドルがより握りやすく、軽量となりました。さらに、電子制御の為にワイヤーの抵抗感も減少したことで、ロードレーサー本来のハンドリング感と走行感を実現しました。この最新のコンポーネントパーツは、見た目にもVIGOREらしいシンプルなデザインと調和。まさに、機能性も美しさも兼ね備えた完成車となりました。
※別コンポーネントをご希望の場合は別途お問い合わせください。

【70next 知足】

メッセージを伝えるフレーム
日本で脈々と受け継がれてきた「余計なものを削ぎ落とし、本質を追求した先に生まれる機能美」。日本のものづくりにおいてその哲学・美意識は、脈々と受け継がれてきました。そのような意識でつくられたものに、人々は大切な何かを感じ、そして丁寧に扱ってきました。
モノに溢れた時代。極めて利便的な世の中ですが、手軽になんでも手に入れることで、逆に大切なものを失っていないでしょうか。今あらためて、この地で受け継がれた哲学や感性を見つめ直すことは、ものの選び方、ものとの過ごし方の変化につながり、そして目に見えないものを大切にする豊かな生活にも繋がるのではないかと考えています。このVIGOREの想いを、強いメッセージ性と共に表現した自転車が、この「知足」(ちそく)です。
今、満ち足りていることを改めて認識し、本当に自身が気に入ったもの、美しいと感じたものを大切に扱うことで人々の時間がより豊かなものとなるように、そして人々の足の一部となる自転車という道具をもっと深く知り愉んでいただきたいという想いで「知足」と名づけました。

漆芸家 服部 一齋 × フレームビルダー 片岡 聖登
奈良時代より永く受け継がれてきた蒔絵や螺鈿などの漆芸の技術を鍛え、進化させてきた漆芸家 服部一齋。ものそのものの魅力を最大限に際立たせたいという想いのもと漆芸と向き合う服部氏の描くデザインは、自転車フレームそのものの構造と一体化し、VIGOREで受け継がれてきた、細部に渡る線と曲線の美しさを際立たせています。漆芸と自転車で生み出された研ぎ澄まされた美しさは、時間をかけて紡がれるものに溢れる京都という地で培われたその感性を最大限に表現されていると感じています。まさに「知足」にかける想いを体現したものが完成しました。

【プロフィール】

VIGORE|フレームビルダー 片岡 聖登

1957年京都市生まれ。
1980年代より、フレームビルダーとしての活動を開始。
自らもトライアスロン、ダウンヒルレース、ロードレースなどさまざまな競技に参加しながら、自転車を設計・製作してきた。2009年グッドデザイン賞 中小企業長官賞を受賞、JIDAミュージアムセレクションVol.11選定商品選出、2015年Good Design Awardなど受賞多数。

漆芸家服部 一齋

1975年京都市生まれ。
2001年服部峻昇に師事、2018年に独立。翌2019年には第29回日工会展 日工会受賞、第65回全関西美術展 第一席受賞、第31回工芸美術創工会展 京都府知事賞受賞。その後も改組新 第7回日展初出品初入選、第30回日工会展第30回記念賞など受賞多数。

【商品概要】

 

商品名 70next 70next 知足
価格 完成⾞:799,700円〜
フレーム&フォーク:374,600円〜
完成⾞:1,210,000 円〜
※フレーム&フォークの販売なし
納期 約4ヶ⽉〜6ヶ⽉ 約6ヶ月
Webサイト https://vigore.co.jp/brand/70next/ https://vigore.co.jp/brand/chisoku/

 

 

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

AIとWeb3、400年の技を継承する現代刀匠の技術と融合した日本刀「TACHI」を発表

ゴディバカフェと福井県のコラボレーション企画、第3弾!6月15日から新たなヌードルメニューが登場