in

世界に⽇本の伝統⽂化を発信するプロジェクトをスタート。世界最⼤級のクリエイターSNS「Behance」と NFT を活⽤して新たな収益モデルを構築

⼀般社団法⼈ 伝統⽂化デジタル協議会(本社:福岡県福岡市、代表:平井みどり、以下 TCDC)は、アドビ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社⻑:神⾕ 知信、以下 アドビ)の協⼒のもと、⽇本の伝統⽂化および伝統⼯芸を世界に発信するプロジェクトをスタートしました。⽇本には世界に誇るべき素晴らしい伝統⼯芸が多数あります。⼀⽅で、地域の伝統的なものづくり産業のデジタル化や、海外市場への情報発信はまだまだ課題が多く残っています。この度 TCDC は、アドビが運営する世界最⼤級のクリエイターSNS「Behance」を使って、
⽇本の伝統⼯芸品を紹介することで、海外のクリエイターやマーケターに⽇本の伝統⼯芸品の魅⼒を伝えていきます。また、NFT に対応する Behance で作品を紹介し、伝統⼯芸を⽣み出す職⼈たちへの新たな収益モデルの確⽴を⽬的としています。

伝統⽂化デジタル協議会公式 Behance ページ:https://www.behance.net/tcdcjapan

■⽇本の伝統⼯芸の今
⽇本政策投資銀⾏が 2018 年に発表した『地域伝統ものづくり産業の活性化調査』によると、
1980 年頃に ⽣産額がピークを迎えた。それ以降、バブル崩壊による不景気や安価な海外製品の台頭、ライフスタイルの変化によって ⽣産額は年々減少しています。現在はピーク時と⽐較すると 5 分の 1、約 1,000 億円程度の⽣産額に落ち込んでいます。

また、従事者も⾼齢化しており、職⼈技術の継承が困難になっています。経産省の公表によれば、平成 21 年度の時点で 50 歳以上の従事者の割合は 64%、30 歳 未満が 5.6%となっています。
 

  • Behance とは

Behance は、世界中のクリエイターが⾃⾝の作品を公開しているソーシャルネットワークサービス(SNS)です。作品から刺激を受けたり、ヒントを得たりするだけでなく、⾃分の作品を公開して評価やコメントをもらうこともできます。企業のマーケターたちもキャンペーンやコラボレーションを実施する際にクリエイターを Behance で探しており、過去には Behance に作品をアップしていた⽇本のクリエイターがニューヨークタイムスの表紙のイラスト制作を依頼されたこともあります。
また、昨年 10 ⽉から、NFT にも対応しており、作品をアップしたクリエイターがより収益を
得ることができるようにサポートしています。

 

 

<平井みどりからのメッセージ>
2019 年 5⽉に設⽴した(⼀社)伝統⽂化デジタル協議会ですが、アドビと協⼒して⽇本の伝統
⽂化を世界に発信するプロジェクトをスタートできることを嬉しく思います。伝統⽂化は、何百年も昔からその⼟地の歴史・⽂化・⾵⼟により育まれ、承継さ れてきたもので、地域を語るには⽋かせない財産です。その物語をみんなで共有し、次世代へと伝えていく⼯程において 、デジタル化と世界に発信する機会を作り出すことは⼤変重要です。世界中のクリエイターやマーケターが利⽤している Behance を活⽤することで、⽇本の伝統⽂化を発信し、新しいコラ ボレーションや新しい収益モデルの可能性が広がることにワクワクしています。

<神⾕知信からのメッセージ>
今年で⽇本設⽴ 30 年⽬を迎えたアドビは、多くのクリエイティブ製品や取り組みを通して⽇本のクリエイターをサポートしています。⽇本の伝統⽂化・伝統⼯芸は世界に誇るべき財産であり、多くの可能性を持っていると思います。その伝統⽂化・伝統⼯芸を世界に発信するお⼿伝いを「Behance」でできることをとてもうれしく思います。⽇本のモノづくり産業に従事する⽅々のお役に⽴てるよう伝統⽂化デジタル協議会と引き続き連携していきたいとと思いま す。
 

 

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

【伝統工芸品に関する調査】最も購入経験が高いのは、「伊万里・有田焼」15.7%

【ザ・キャピトルホテル 東急】ザ・キャピトル サマータイム 2022