in

第5回CIIEは「一帯一路」沿いの国々に利益をもたらす

AsiaNet 97267(1785)

 

【上海2022年7月29日PRNewswire=共同通信JBN】国際調達、投資促進、文化交流、オープンな協力のための主要プラットフォームである中国国際輸出博覧会( China International Import Expo、CIIE)は、4年連続で成功裏に開催され、CIIEは国際的公共財、多国間貿易システムとして広く認められるとともに、オープンな世界経済と人類の未来を共有するコミュニティーを構築するための極めて重要な担い手としても認識されている。

 

2018年の初開催以降、CIIEはその規模と影響力を増してきた。ビジネス展示会場の面積は、2018年の27万平方メートルから2021年には36万6000平方メートルに拡大し、過去4回のCIIEでは1500超の新製品、技術、サービスが展示され、2700億ドル超相当の仮契約がまとまっている。

 

CIIEが5年目を迎える中で、中国市場に照準を合わせて製品を輸出し始める一帯一路沿いの国々が増えている。

 

第1回CIIEでは、南米を拠点とする中国の女性実業家、Ma Yuxia氏が、アルパカのすてきなおもちゃを中国市場に紹介した。

 

Ma氏と同氏のペルー人パートナーたちは、これらのおもちゃやペルーの伝統的手工芸品を展示・宣伝するために9平方メートルの小さなブースを借り、独自ブランド「Warmpaca」も立ち上げた。

 

展示会への参加は、信じられないほどに有意義だった。CIIEに4年連続で出展しているWarmpacaは現在、中国国内の20以上のショッピングモールに出店している。

 

第5回CIIEのビジネス展示エリアのうち、これまでのところ80%以上が予約済みとなっている。Fortune Global 500の中の260社以上の企業と業界指導者たちが今年の博覧会に参加する。

 

多くの国々が国別展示会への出展を確認しており、博覧会の主要イベントであるHongqiao International Economic Forum(虹橋国際経済フォーラム)では、新しい「世界開放性報告」(World Openness Report)と「世界開放性指数」(World Openness Index)が発表される。

 

強い関心が寄せられており、展示エリアはすぐに埋まってしまうため、第5回目の締め切り前に申し込みを!参加登録は、https://www.ciie.org/exhibition/f/book/register?locale=en から。

 

▽問い合わせ先:

Nie Qingxin

Tel.:0086-21-67008870/67008988

 

Photo – https://mma.prnewswire.com/media/1869175/CIIE_1.jpg

Logo – https://mma.prnewswire.com/media/1077995/CIIE_Logo.jpg

 

ソース:CIIE

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

とは?

【人気の地 北海道】北海道に住んでいて思う「良いところ」「良くないところ」聞いてみました!

京都みやこ蒸溜所が8月よりジンを新発売します