in

〔神奈川〕8月21日(日)から「パルのはこ」でウクライナ避難民への食料支援を開始

生活協同組合パルシステム神奈川(本部:横浜市港北区新横浜、理事長:藤田順子)は8月21日(日)から、神奈川県内のウクライナ避難民への毎月の食料支援を開始します。川崎在住のウクライナ人ソロツカさんの協力でパルシステム商品を選定し、宅配便を用いたサービス「パルのはこ」で希望者の居住先に届けします。
県の協力要請にパルシステム独自のサービス「パルのはこ」を活用
パルシステムではロシア軍のウクライナ侵攻により避難を余儀なくされた人々のため、緊急募金の呼びかけや現地の窮状を伝える講演会を開催しています。今回は神奈川県からのウクライナ避難民への食料支援の協力要請に応え、8月21日(日)から毎月1回、常温保存のパルシステム商品3,000円分を希望者に届けます。県内の居住地において少しでも祖国に近い食生活を送れるよう、ウクライナ人が好む食材や味付けの商品を川崎在住のテティアナ・ソロツカさんが選定します。
開始から1年間、12回の商品発送には、パルシステム商品を全国に届けるサービス「パルのはこ」の仕組みを用います。利用者である組合員が離れて暮らす家族などにメッセージを添えて商品を送る同サービスの仕組みを活用し、避難しているみなさんの気持ちに寄り添えるよう、ウクライナ語も交えたソロツカさんからの応援の言葉も届けます。

ウクライナの窮状を伝えるソロツカ一家
今回の支援の協力者テティアナ・ソロツカさんは20年前に来日し、伝統工芸の卵の殻のろうけつ染め「プィーサンキ」を通じてウクライナの文化を伝える活動を継続してきました。ロシア軍の侵攻開始以降は、娘のイリーナさん、バレリヤさんとともに国内各所でウクライナの窮状を伝える講演会などを開催しています。今月6日のパルシステム神奈川主催の講演会にはオンラインも含め約100名が参加し、姉妹はウクライナが世界から忘れられないよう、多くの人々がともに支援を考えてほしいと訴えました。
パルシステム神奈川はこれからも、衣食住や仕事など多岐にわたる支援を必要とする避難民の生活が少しでも改善するよう、生協としてできる取り組みを推進し、2030年ビジョンの「平和」として掲げる「一人ひとりが、『いのち』を尊重し、安心してくらせる社会づくり」をめざしていきます。

講演会の際のソロツカ一家・右端がテティアナさん講演会の際のソロツカ一家・右端がテティアナさん

 

食料支援実施概要
対象:ウクライナから神奈川県内に避難している方
頻度と期間:月1回、開始月から1年間(12回)
お届け商品:パルシステムの常温商品3,000円分
申込受付:ウクライナ避難民支援相談窓口 https://www.kifjp.org/news_info/9805
神奈川県によるウクライナ支援情報 https://www.pref.kanagawa.jp/docs/k2w/ukraine.html

「パルのはこ」サービス概要

※サービス受付はパルシステムグループ10生協(1都11県)。生協は加入してから利用できます。

組織概要

生活協同組合パルシステム神奈川
所在地:横浜市港北区新横浜3-18-16 新横浜交通ビル、理事長:藤田順子
出資金:111.9億円、組合員数:347千人、総事業高:563.1億円(2022年3月末現在)
HP:https://www.palsystem-kanagawa.coop

パルシステム生活協同組合連合会
所在地:東京都新宿区大久保2-2-6 、理事長:大信 政一
13会員・統一事業システム利用会員総事業高2,569.1億円/組合員総数168.3万人(2022年3月末現在)
会員生協:パルシステム東京、パルシステム神奈川、パルシステム千葉、パルシステム埼玉、パルシステム茨城栃木、パルシステム山梨、パルシステム群馬、パルシステム福島、パルシステム静岡、パルシステム新潟ときめき、パルシステム共済連、埼玉県勤労者生協、あいコープみやぎ
HP:https://www.pal.or.jp

 

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

とは?

寺社仏閣で開く結婚式をサポートする空地音(そらちね)ハーモニー、2022年8月16日よりテレビCM放送開始

世界が愛するインテリアセレクトショップPOJ Studio初の実店舗が京都でオープン