in

のれんの様々な製法やデザイン表現をリアルの場で触れることのできるショールームを東京・神⽥に9月7日オープン

有限会社中むら(本社:東京都千代田区神田淡路町、代表取締役:中村 新)は、のれんのショールームを9月7日、東京・神⽥にオープンしました。中むらは⼤正12年に神⽥で創業し、平成25年に現代表・中村新がのれん事業を立上げ、企画・デザイン・製作・プロデュース事業を⾏っています。のれんを通じて染織技術をはじめとした日本の手工業や工芸の新たな価値や関係性づくりに挑戦しており、この度、のれんの更なる魅⼒や可能性を提案したいという思いからショールームを開設しました。ショールームでは、第一線で活躍するクリエイターとのコラボレーションにより製作された従来にはないのれんを展示し、多様な魅⼒を伝えます。

■ コンセプト
ショールームへ掲出したのれんは、それぞれ異なる染色・加工技法と、その個性を活かしたデザインの作品となっています。それらを一同に集めたショーケースとして、実際に手に触れて製作のご相談が可能です。

日本の風土や哲学の中で育まれてきたのれんは世界的に見てもユニークな文化でより大きな可能性を感じており、のれんの更なる魅力や可能性も感じて頂けたらと考えます。

■作品の一例

麒麟紋・麒麟紋曼荼羅/波戸場承龍(紋章上繪師)

鳥の歌 鳥よ、僕の骨で大地の歌を鳴らして。/大小島真木(現代美術家)

■ショールーム概要
予約制となっておりますので、ご来訪の際は以下の電話かアドレスより事前予約をお願いします。

住所:〒101-0054 東京都千代田区神田淡路町2-6-7淡路ビル5F
050-3716-3980
info-jp@nakamura-inc.jp
 

■中むらについて
中むらは店舗や商業施設、オフィス空間など様々なシーンののれんを製作しています。企画やデザインから設置方法のご相談まで、のれんについて一貫した提案をします。製作事例:虎屋・東京ミッドタウン店、コレド室町、ミラノ万博など実績多数。

中むらwebサイト
https://nakamura-inc.jp/

ショールームwebサイト
http://noren-showcase.jp/

暖簾考:http://noren-showcase.jp/noren-kou/    (21世紀のNORENを考える対談)

有限会社中むら / NAKAMURA inc.
〒101-0054 東京都千代田区神田淡路町2-6-7淡路ビル5F
050-3716-3980
info-jp@nakamura-inc.jp

photo/movie : Ueda Masaki

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

とは?

日本和文化振興プロジェクト「第2回日本和文化グランプリ」結果発表

好奇心うずくハンズの文化祭『ハンズフェス』京都店・梅田店・心斎橋店・江坂店・あまがさきキューズモール店・姫路店注目のイベント