in

海を愛するダイバーの視点で、日本の魅力を再発見する旅企画「ニッポンの海と文化」連載スタート

ダイビングと海に関する情報を発信するウェブメディア「ocean+α(オーシャナ)」 (代表:河本雄太、所在地:東京都中央区、以下 オーシャナ)は、今まで培ってきたた経験や知識を行動に変えるべく、日本特有の文化と、日本の最大の価値とも言える海の魅力を再認識し、伝えていく新企画「ニッポンの海と文化」をスタートしました。写真力で魅せるオーシャナ特別連載記事「BLUE Mag」とSNSを通し、その魅力をお伝えしていきます。
「ニッポンの海と文化」メインビジュアル

 

 

ストリートカルチャーを浮世絵にミックスした、遊び心のある独自の画風が人気の浮世絵イラストレーターNAGA氏( https://naga-uraedo.com/ )によって描かれたメインビジュアル。

オーシャナの考える「日本の海と陸の魅力」を一枚絵で最大限に表現するには、日本らしさを感じさせる浮世絵がピッタリなのではないかという思いから完成しました。その他、メインビジュアルに込められた思いや細かい解説は、Instagram「ニッポンの海と文化」公式アカウントにて紹介しています。
 

  • 企画概要

これまで世界や日本の海をたくさん取材してきたオーシャナには、ダイビングに深い知見をもつ編集部員をはじめ、水中写真家やダイビングインストラクター、また海遊びを起点に地方の魅力の磨き上げから社会課題解決のデザインに取り組んできたメンバーが揃っています。

 そして今回、神社仏閣や酒造の蔵などをはじめとした古き時代より守り継がれてきた日本の文化と、海や川などによる水の恩恵をうける日本の自然の魅力を、ダイバーだからこそ感じることのできる「+α」の視点を加えた企画「ニッポンの海と文化」として、水中写真家によって撮影された写真のパワーを最大限に活かし、既存の観光雑誌から一歩踏み込んだ日本の魅力を、国内だけでなく日本人から海外の方へも伝えていきます。

この企画では、20年近くにわたりダイビング業界に携わるオーシャナ代表の河本雄太が、日本を代表する水中写真家の鍵井靖章氏と中村卓哉氏とタッグを組んで各地に取材に赴き、両氏の撮りおろし写真から日本の海と文化の魅力や価値を再発見していく、新しい切り口の記事を作り上げていきます。また、オーシャナカメラマンの坪根雄大が取材に同行し、オーシャナ代表と水中写真家が日本の魅力を再発見していく様子を、逐一写真に収めていきます。
 

旅先案内人:オーシャナCEO 河本雄太
1981年生まれ、埼玉県出身。ダイビングインストラクターとして1000人以上のダイバー育成に携わる。2016年より「ocean+α」を運営する株式会社オーシャナ代表取締役を務める。ダイバーが世界に与える影響は大きいと考え、自然環境保護、地方創生などをキーワードに多角的に活動。「ダイビングインストラクターの価値を証明する」という夢を持ち、活動の幅を広げている。

 

水中写真家:鍵井靖章
1971年、兵庫県生まれ。1993年よりオーストラリア、伊豆、モルディブに拠点を移し、水中撮影に励む。1998年に帰国。フリーランスフォトグラファーとして独立。自然のリズムに寄り添い、生き物にできるだけストレスを与えないような撮影スタイルを心がける。多彩な視点と色使いが人気で、大胆かつグラフィカルな水中写真で多くの人々を魅了する。一方 3.11以降は、震災を経験した海に生きる生命を定期的に記録している。

 

水中写真家:中村卓哉
10歳の時に沖縄のケラマ諸島でダイビングと出会い、海中世界の虜となる。ライフワークの辺野古の海へは20年以上撮影で通い続けている。海中の世界の命のドラマをテーマにコラムなどの執筆や講演、カメラメーカーのアドバイザーなども行う。テレビやラジオ、イベントへの出演を通じて、沖縄の海をはじめとする環境問題について言及する機会も多い。

 

 

オーシャナカメラマン:坪根雄大
東京都在住。ダイビングガイド&インストラクターとして15年間、宮古島と沖縄本島で過ごす。現在はフリーランスとして複数企業のWebマーケティングやSNSマーケティング、PR写真や動画の撮影と編集を生業としている。

 

  • ニッポンの海と文化 第0話

URL:https://oceana.ne.jp/features/blue-mag-nub_0/
各地の魅力を紹介していく前に、「ニッポンの海と文化」がスタートすることになった企画背景、メインビジュアルに込められた意味、記事を作り上げていくメンバーのプロフィールなどを紹介しています。
 

  •  公式SNSも一足先にスタート

■Instagram
URL:https://www.instagram.com/nub_jp/
第0話公開に先立って、Instagramも運営を開始。記事内では紹介しきれない、ロケで出会った伝統工芸や観光スポット、グルメなど、一度は行ってみたい各地の魅力あふれる情報を、フィードやリールにて投稿していきます。また、メインビジュアルに秘めた思いや絵の解説も投稿しています。

■Twitter
URL:https://twitter.com/nub__jp
Twitterでは、ロケの裏話やオフショット、ロケ中のリアルタイムに伝えたい呟きをメインに投稿していきます。
 

  • 会社概要

 

株式会社オーシャナ
ダイビングと海の総合サイト「Ocean+a(オーシャナ)」を運営。スキューバダイビングをはじめとしたマリンアクティビティ、海洋問題、海洋経済、海に関連するライフスタイルなどの情報を日々発信している。また「海と水で『遊ぶ』を入り口に、知識と行動をつなぐ架け橋となる『体験』が、くらしの中にたくさんある世界をつくりだす、 体験デザイン業(BLUE ACTIVATION COMPANY)になる」をパーパスに掲げ、地域活性事業なども積極的に展開している。
URL:https://oceana.ne.jp/

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

日本各地で受け継がれる工芸、食、お酒が集結。クラフト&ツーリズムマーケット『Onland Craft Market 2022』今年も東京駅前「TOKYO TORCH Park」にて開催決定

アートと文化が誰にも近い街「京橋彩区」の芸術文化講座2022年度 下期(10月~2023年3月)の開催計画が決定