in

国内初!日本文化を愛する学生起業家の挑戦。Web3を活用した、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出プロジェクトがFiNANCiEにて始動。

ブロックチェーン技術を利用したNFT事業やクラウドファンディング2.0『FiNANCiE』を提供し、”10億人の挑戦を応援するクリエイターエコノミー”の実現を目指す株式会社フィナンシェ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:國光 宏尚)は、日本文化に特化した企画クリエイティブ事業を展開する株式会社wakonart(本社:大阪府堺市、代表取締役社長:白江 勝行)が発足した「WAKONプロジェクト」の始動と、トークンの新規発行・販売を開始したことをお知らせいたします。
(URL:https://financie.jp/users/Wakon/cards )

WAKON(わこん)プロジェクトは、和の魂”和魂”をコンセプトに、Z世代目線のコンテンツで日本文化の継承に取り組む学生起業家「白江勝行」が発起人となり、世界に誇るべき日本の伝統工芸の在り方/関わり方についてみんなで考え、アップデートしてゆくことを目指すプロジェクトです。

全国各地で活躍する伝統工芸職人が当プロジェクトへの参加を表明しており、カルチャー・テクニック・アート・ファッションといった側面で、日本文化や伝統工芸の魅力を内外に発信すると同時に、『コミュニティ主体の伝統工芸商品開発スタジオ』として『Wakon』の名で展開するIP創出を掲げています。

◉伝統工芸×Web3
プロジェクトでは、FiNANCiEの「トークン発行」と「共創型コミュニティ」を活用し、超絶技法を持つ全国の伝統工芸職人と一般ユーザーが垣根を超えて関わり合い、その証となるオリジナルアイテムづくりやコンテンツ制作にチャレンジします。

初期活動の一つとして、コミュニティ主導型によるアパレルやアクセサリー類などの企画・生産・流通に至る全プロセスの一気通貫を目指します。

◉共創を通じた伝統技術の継承
サポーターはトークン投票やアンケートによって商品企画に参加でき、そこから生まれたアイデアをもとに、ベテラン職人と若手職人が共同で制作を担当します。

完成の日を迎える過程の共有を通じて「職人間で伝統技術が継承されると同時に、サポーターはその瞬間に立ち会うことができる」という趣旨を持つ取り組みとなっております。なお、この取り組みの成果となるアイテムは、一定数量のトークン保有を条件に実施される優待販売や抽選イベントを通じてサポーターに提供される予定です。

この他にも、トークン保有者に向けた工房体験イベントの開催や、国内外の旅行者に向けたツアーコンテンツ考案など、様々な企画が実施される予定となっております。詳しくはファンディングページにてご確認ください。

伝統工芸という切り口により、『古き良き日本文化』と『これからの日本文化』について皆で考え、あらたな価値の創出を目指す取り組みに向けた『トークン発行型ファンディング』を実施いたします。

・ファンディング実施期間:
2022年11月25日(金)11:00 ~ 2022年1月31日(火)20:00 予定
・ファンディングページURL:
https://financie.jp/users/Wakon/cards
 

  • トークン発行型ファンディングについて

『トークン発行型ファンディング』とは、トークンを発行すると同時に支援を募る、Web3時代のあたらしいクラウドファンディングです。

当プロジェクトでは、このトークン発行型ファンディングにより、トークン販売で資金調達支援金でオリジナルアイテムを制作コミュニティ内で制作過程を共有完成した作品のの優先購入権をトークンホルダーに付与するという、あたらしい仕組みづくりにチャレンジします。
 

                                           『FiNANCiE(フィナンシェ)』サービス紹介動画

・トークンについて
FiNANCiEにおけるトークンは、プロジェクトオーナーと支援者(サポーター)を繋ぐ証となる『デジタル上のアイテム』です。このトークンはポイントのように数量をもつもので、需要に応じてその価値(価格)が変動するという特徴(※)を持っています。

ファンディング終了後にオープンするマーケットプレイスでは、二次流通ができるほか、コミュニティではサポーター同士でトークンをプレゼントし合うこともできます。

※Wakonプロジェクトで発行するトークンは、FT(Fuingible Token)となります。なお、このトークンは、金融商品取引法上の有価証券ではなく、資金決済法上の暗号資産でもありません。
 

  • ファンディング後の活動について

初回ファンディングで集まった支援金は、オリジナルアイテム企画・開発に利用させていただきます。FiNANCiEの共創型コミュニティでは、トークン投票や抽選企画など、オーナー、サポーターの双方向のコミュニケーションを促す以下のような企画を実施してまいります。

★職人部屋
伝統工芸職人が日々の作業や進捗などを発信し、サポーターとコミュニケーションをとりながら、ここでしか聞けないこと、普段見ることのできない風景や伝統技術に触れることができるチャンネルです。

★Wakon Life + Hack
皆様の身近にある伝統工芸を紹介し合い、世代の垣根を越えてどのように継承していくか?知らなかった身近な伝統工芸などをどのように知ってもらうか?などの意見交換・情報交換ができるチャンネルです。

★トークン投票
デザイン選定など気軽なものから、企画運営に関するものまで様々なテーマを設けて実施予定です。

※トークン投票イメージ:保有するトークン数=持ち票数として投票!(1人1票として実施する場合もあり)

このほかにも、コミュニティではサポーターから寄せられる声やアイデアに呼応する形で、様々な施策を企画・検討し、内外へ発信していきます。
 

  • ご支援特典について

初回ファンディングでは、支援金額に応じたトークン配布に加え、支援コースの販売価格に応じた支援特典をご用意しております。

《ご支援特典の一部ご紹介》

□初回限定:記念コレクション
FiNANCiEアプリ内での閲覧やトレードが楽しめるデジタルアイテムです。

□伝統工芸アイテム(数量限定)
一部の支援コースには、職人の巧みな技術を結集して製作されたファッションアイテムや、テーブルウェアなどのプレミアムアイテムが付属します。

アイテム一例:WABI Hozuki Lantern(バッグ)

上記は一例となり、このほかにも、トークン保有量に応じた権利や特典など、様々なご支援特典をご用意しております。

ご支援特典に関する詳細は各支援コース購入ページにてご確認ください。
URL:https://financie.jp/users/Wakon/cards
 

  • プロジェクト発起人からのメッセージ

白江勝行 [wakonart]

2020年1月に本格的に伝統工芸領域へ事業参入しました。

最初は右も左も分からず、ただ「伝統工芸が好き」という思いだけで日本各地の工房を回っていました。
それから約3年が経過して、ようやく伝統工芸の領域で事業を回せるようになりました。

これは全てモノづくりの思想や工芸品の流通など様々なご指導をいただいたおかげであり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

そして今、WEB3が非常に話題になっています。
WEB3と伝統工芸は新しい可能性を秘めていると感じております。

特にトークンを活用した資金調達、コミュニティ形成、トークン保有者だけに体験を提供、この流れは生産量が限られている伝統工芸と相性が良いです。

また今まで相場が見えなかった伝統工芸品にNFTで相場を構築することができます。
私は今回の「WAKONプロジェクト」を通して、伝統工芸の技術継承とサステナブルなIP作りを達成したいと思います。

皆さんとぜひ「日本の伝統工芸の発展」を長い目で見守りたいです。
応援のほどよろしくお願いいたします。
 

  • FiNANCiE(フィナンシェ)とは

株式会社フィナンシェは、ブロックチェーン技術を活用した、NFT事業やクラウドファンディング2.0サービス「FiNANCiE」を展開しており、 ”10億人の挑戦を応援するクリエイターエコノミーの実現” を目指しております。そして、現在、190以上(個人、グループ、プロジェクト)のトークン(FT&NFT)の発行・販売、企画・運用の実績を有しております。

※ブロックチェーンとは、自律分散型の新しいネットワークの取引データ技術です。「改ざん困難で、取引の公明な記録を残すことができる」などの特徴からイーサリアムやビットコインなどに利用され、昨今ブロックチェーン上のトークンは暗号資産以外の様々サービスに利用されはじめています。

フィナンシェ|FiNANCiE https://financie.jp/
アプリ:App Store(対応OS:iOS 14.0以上)
https://apps.apple.com/jp/app/financie/id1470196162
アプリ:Google Play(対応OS:Android 6.0以上)
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.financie.ichiba

会社名      株式会社フィナンシェ
代表者        國光宏尚
設立日      2019年1月
所在地      東京都渋谷区26-1セルリアンタワー15F
お問い合わせ先  https://bit.ly/2TLINyc

※「国内初」の表記について:伝統的工芸品産業としてのFiNANCiEトークン発行状況において(2022年11月 当社調べ)

 

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

入浴を「文化」へ昇華するためのアワード「湯道文化賞」初代受賞者7名決定!

今年で39回目。全国の印傳ファン注目の人気イベント「甲州印傳フェア」が、2022年11月25日(金)より「池田屋」各店でスタート。