in

【コンフォートホテル四日市】12月14日オープン 三重らしい地域の魅力が詰まった空間でサスティナブルな旅を実現 コンセプトは「Your Sustainable Journey-未来をつくるホテル-」

全国に「コンフォートホテル」「コンフォートイン」「コンフォートスイーツ」を展開する株式会社チョイスホテルズジャパン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:村木 雄哉、以下チョイスホテルズジャパン)は、2022年12月14日(水)、三重県四日市市に「コンフォートホテル四日市」をオープンします。

「コンフォートホテル四日市」は、近鉄四日市駅から徒歩約1分、名古屋からは約30分の場所に位置しており、旅行にも出張にも便利なホテルです。「Your Sustainable Journey-未来をつくるホテル-」をコンセプトに掲げ、サスティナブルな社会の実現に向けてさまざまな取り組みを行っています。四日市の伝統的な焼き物「萬古焼」をはじめ、三重県内で生産された伝統工芸品や、三重県銘茶「伊勢茶」をご用意し、三重らしさが感じられる空間でお客様をお迎えします。

 

 

 

 

  • 三重のおもてなしが感じられる”みえ”と過ごす最上階の客室

萬古焼や間伐材、工場夜景など三重の魅力が詰まった自慢の客室です。
 

“みえ”と過ごす最上階の客室“みえ”と過ごす最上階の客室

「みえと過ごす」をテーマとした最上階13階の一部の客室には、三重県産間伐材を使用した家具を設置しているほか、この客室専用の伝統工芸品「四日市萬古焼」の茶器とともに、三重県銘茶の伊勢茶と三重県のお菓子をお楽しみいただけます。また、壁面には萬古焼でつくられたアートパネルを設置。さらにベランダからは四日市の街並みが一望でき、夜には美しい四日市コンビナートの工場夜景が眺められます。
 

(左)萬古焼の茶器とともに、三重県銘茶の伊勢茶と三重県のお菓子をお楽しみいただけます/(右)家具には三重県産間伐材を使用しています(左)萬古焼の茶器とともに、三重県銘茶の伊勢茶と三重県のお菓子をお楽しみいただけます/(右)家具には三重県産間伐材を使用しています

(左)壁面には萬古焼のアートパネルが飾られています/(右)ベランダから四日市の街並みが眺められます(左)壁面には萬古焼のアートパネルが飾られています/(右)ベランダから四日市の街並みが眺められます

 

  • 緑あふれるComfort Library Cafe 旅や地域、環境にちなんだ本が300冊以上

明るい光がさしこむComfort Library Cafe 明るい光がさしこむComfort Library Cafe

宿泊者が無料で利用できるComfort Library Cafe(コンフォートライブラリーカフェ)では、ブックディレクターの幅允孝氏が選書を手掛けた本や写真集を楽しむことができます。「環境と未来について考える」をテーマにした本や、三重や旅にまつわる本、全国39カ所のComfort Library Cafeから厳選した地域の本など、300冊以上を取り揃えています。滞在中だけでなく、チェックインの前やチェックアウトの後にも利用可能。緑に囲まれた空間で景色を見ながら、思い思いの時間を過ごすことができます。
 

(左)「環境と未来について考える」をテーマにした本や、三重や旅にまつわる本を300冊以上取り揃えています/(右)手元を照らすライトやコンセント備え、仕事も読書もしやすい環境です(左)「環境と未来について考える」をテーマにした本や、三重や旅にまつわる本を300冊以上取り揃えています/(右)手元を照らすライトやコンセント備え、仕事も読書もしやすい環境です

 

  • 朝食で地産地消 伊勢茶のスムージーや三重県産米のピラフが無料で味わえる

 

朝食には三重県産の食材を取り入れ、地産地消に貢献しています。伊勢茶のスムージーや三重県産レタスのサラダ、三重県産米やもち麦を使ったピラフなど、こだわりのメニューを無料で味わうことができます。

 

  • 環境に配慮したアメニティを採用 電気自動車の充電スタンドも完備

 

(左)竹でできたコームや紙製のカミソリなど環境に配慮したアメニティをご用意しています/(右)電気自動車の充電スタンドを完備しています(左)竹でできたコームや紙製のカミソリなど環境に配慮したアメニティをご用意しています/(右)電気自動車の充電スタンドを完備しています

脱炭素社会に向けて、館内はオール電化になっており、三重県の水力発電で生み出されるCO2フリー電気「三重美し国Greenでんき」を導入しています。竹でできたコームや紙製のカミソリなどのアメニティをロビーに設置し、必要なものだけお持ちいただくようご案内しています。また、電気自動車でお越しのお客様向けに充電スタンドも完備。コンフォートホテル四日市に泊まることで、サスティナブルな旅を実現できます。
 

  • コンフォートホテル四日市 概要

所在地 : 〒510-0067 三重県四日市市浜田町5-3
TEL : 059-351-3511 / FAX : 059-351-3512
建物概要 : 地上13階、全149室、全室禁煙
開業日 : 2022年12月14日(プレオープン 2022年12月5日)
アクセス : 
<電車>近鉄「四日市」駅東出口より徒歩約1分。JR「四日市」駅より徒歩約13分。
<車>伊勢湾岸自動車道 「みえ川越」ICより車で約20分。東名阪自動車道 「四日市」ICより車で約20分。
<飛行機>「中部国際」空港(セントレア)より名鉄「名古屋」駅まで名鉄線(特急)で約28分、近鉄「名古屋」駅より近鉄「四日市」駅まで近鉄線(急行)で約33分
客室タイプ:合計8タイプ(ダブルルーム、クイーンルーム、ラージクイーンルーム、ラージクイーンルームプラス、ツインルーム、ツインルームプラス、ラージツインルームプラス、ユニバーサルルーム)

URL : https://www.choice-hotels.jp/hotel/yokkaichi/

※メニューは予告なく変更になる場合があります。
※写真はすべてイメージです。

<コンフォートがお約束する「安心」への取り組み>
全国の「コンフォートホテル」「コンフォートイン」「コンフォートスイーツ」では、お客さまに安心してお過ごしいただけるよう、新型コロナウイルス感染症予防対策を実施しています。
 チェックイン…ソーシャルディスタンスの確保、検温、フロントへのパーテーションの設置
 客室…換気、手の触れる場所の拭き取り、紫外線(UV-C)除菌器の貸し出し
 パブリックスペース…タッチレス消毒、テーブルの消毒、エレベーターの消毒
 朝食…マスク・使い捨て手袋の着用、ビュッフェカウンターへのフードカバーの設置、朝食会場の混雑防止
 チェックアウト…非接触でのルームキーの返却(一部ホテルのみ)、セルフクロークの導入(一部ホテルのみ)

<チョイスホテルズジャパンについて>
チョイスホテルズジャパンは、日本国内において北は北海道、南は沖縄まで全国各地でコンフォートブランドのホテルを展開しています。コンフォートブランドのホテルでは、ビジネスや観光に便利な立地、バランスよくヘルシーな朝食、オリジナル快眠枕「チョイス ピロー」をはじめとした快眠へのこだわりなど、充実したサービスを提供しています。2018年5月31日の世界禁煙デーには、全国に50軒以上の規模を展開するホテルとしては日本で初めて、全室禁煙化を達成しました。お客さまの旅がより実り多く、一人ひとりの時間を彩りあるものにしたいという思いから、ブランドコンセプトとして「Color your Journey. 旅に、実りを。」を掲げています。導入が進んでいるComfort Library Cafeは、プロが選書した地域にまつわる本を100冊以上ご用意。コーヒーや紅茶などのドリンクが飲み放題であるほか、Wi-Fiも充実しており、テレワークやくつろぎの場として最適です。小学6年生までのお子さまの添い寝での宿泊は無料であるなど、ファミリーでの滞在にもおすすめです。

<チョイスホテルズジャパン 会社概要>
所在地 : 〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町一丁目6-3吉野第一ビル2階
代表取締役社長 : 村木 雄哉
設立 : 2000年9月
資本金 : 2,000万円
URL : https://www.choice-hotels.jp
事業内容 : ホテルフランチャイズの加盟店の募集・指導・管理・運営。世界40カ国以上に7,000軒以上のホテルを展開するアメリカのホテルチェーン「チョイスホテルズインターナショナル」の、日本におけるマスターパートナーとして、日本全国にコンフォートホテル、コンフォートイン、コンフォートスイーツを展開

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

アートに昇華した伝統工芸品“江戸切子ガラスペン”が登場

人気絵本ミッフィーのお花屋さん「フラワーミッフィー」より、皮革の伝統工芸 文庫屋大関、待望の新作革財布が登場!12月9日(金)から先行予約受付を開始!