in

日本最大級・クリエイターの祭典「ハンドメイドインジャパンフェス冬(2023)」に「Tokyo Tokyo」特設ブースが初登場 / 東京の伝統工芸が集結!ものづくりを通して東京の魅力を国内外に発信

株式会社クリーマ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:丸林耕太郎、以下クリーマ)が主催する「ハンドメイドインジャパンフェス冬(2023)」(1月21日(土)・22日(日)、於 東京ビッグサイト)にて、東京の伝統工芸と東京ブランド(Tokyo Tokyo)を紹介する特設ブースを展開し、来場者に歴史ある東京のものづくりの魅力をお届けします。

  • 全国3,000名のクリエイターが集結する「ハンドメイドインジャパンフェス冬(2023)」を通して東京のものづくりの魅力を発信

「ハンドメイドインジャパンフェス」(以下、HMJ)は、全国各地で創作活動に取り組む3,000名のクリエイターが一堂に会し、オリジナル作品を展示販売する"日本最大級・クリエイターの祭典"です。Creema主催により2013年から開催してきたHMJは、5万人を超える方々にご参加いただく日本最大級のクリエイターの祭典へと拡大を続け、今回で12回目を迎えます。

このような実績から、今回「東京の魅力発信プロジェクト※」に採択され、「Old meets New~もの作りの歴史と今が出会う場所~」をキャッチフレーズに、江戸時代から続く伝統と最先端の文化が共存する東京の魅力を表現した東京ブランド「Tokyo Tokyo」を紹介する特設ブースを展開することになりました。

日本ならではのクリエイティビティと手づくりの精度が合わさったものを、日本発のクリエイティブカルチャー「HandMade In Japan」として国内外に向けて発信することで、ものづくりに情熱をかたむけるクリエイターを応援するHMJを通し、東京のものづくりの魅力をともに発信することを目指します。

※「Tokyo Tokyo」とは
「Tokyo Tokyo」は、東京の魅力を国内外にPRするアイコンです。東京の都市としての魅力を強く印象づける「東京ブランド」の確立に向けた東京都の取組の中で誕生しました。筆文字のTokyoとゴシック体のTokyoは、江戸から続く伝統と最先端の文化が共存する東京の特色を表現しています。

 

※「東京の魅力発信プロジェクト」とは
江戸時代から続く伝統と最先端の文化が共存する、東京の魅力を表現した東京ブランドアイコン「Tokyo Tokyo Old meets New」を効果的に活用しながら、東京都と民間事業者が連携し、東京の魅力の発信等を行う事業です。 
 

  • 江戸切子や東京銀器など伝統工芸品がずらり。東京型染・押し絵作り体験などのワークショップも

Tokyo Tokyo特設ブースでは、優れた技術によって作り出される江戸切子や東京銀器、海外でも人気の高い江戸木目込の技法を用いて作られた招き猫や江戸押絵、江戸指物など、歴史ある工芸品がずらりと並び展示・販売されます。
さらには、代々受け継がれてきた伝統工芸士による制作実演とともに、型染めや東京押絵、江戸切子のガラス端材を使った万華鏡作りなど、さまざまなものづくり体験もお楽しみいただけます。
 

  • Tokyo Tokyo 特設ブース 出展クリエイター(一部抜粋)

< 展示・販売 >
● 東京銀器

江戸時代中期に始まったとされる金属工芸品。鍛金師、彫金師、仕上師などに受け継がれている技法で、職人の手によって作られています。
https://www.creema.jp/creator/4898428/item/onsale

● 江戸木目込人形
胴体となる木の原型に溝を掘り、布地を張り付ける日本独自の技法で作られる木目込み人形。節句人形や、招き猫などで親しまれています。
https://www.creema.jp/c/Kakinuma-Toko/item/onsale

● 東京染小紋
江戸時代に普及した型染めの技法で、小さな模様が繰り返し描かれているのが特徴。繊細な模様は“粋”として人気を誇ります。
https://www.creema.jp/creator/912372/item/onsale

< ワークショップ >
● サコッシュの型染体験/東京染小紋・東京無地染

● 切子のガラス端材を使った万華鏡作り/江戸切子

● 押し絵作り体験/東京押絵

  • 「ハンドメイドインジャパンフェス冬(2023)」とは

全国3,000名のクリエイターがオリジナル作品を展示・販売するマーケットや、ものづくりを体験できるワークショップが集まる「クリエイターエリア」、注目アーティストのアコースティックライブを心地よい空間で楽しむことができる「ミュージック&カフェエリア」、日本各地から選りすぐりの手作りフードが集まる「フードエリア」に分かれ、ここでしかできない体験を通して五感でクリエイティビティを体感できます。

 < 「ハンドメイドインジャパンフェス冬(2023)」開催概要 >
日 時:   2023年 1月21日(土)・22日(日)各日11:00~18:00
会 場:   東京ビッグサイト 西1・2ホール
入場料:  前売券:1,300円 (1日券) / 2,000円 (両日券)
              当日券:1,500円 (1日券) / 2,500円 (両日券) *税込。小学生以下、無料
主 催:   日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」
後 援:   J-WAVE、TOKYO FM
公式HP:https://hmj-fes.jp
 

  • Creema(クリーマ)とは

Creemaは、創作活動に取り組む全国のクリエイターと、生活者が、オンライン上で直接オリジナル作品を売買できるCtoCマーケットプレイスです。「本当にいいものが埋もれてしまうことのない、フェアで新しい巨大経済圏を確立する」ことを目指して、2010年にサービスを開始しました。現在、約25万人のクリエイターによる、1,500万点のオリジナル作品が出品され、その流通総額は160億円を上回り、日本最大の事業規模(※)へと成長を続けています。
またオンライン上だけでなく、東京ビッグサイトでの大規模イベント「ハンドメイドインジャパンフェス 〈 https://hmj-fes.jp/ 〉 」の開催や、常設のエディトリアルショップ展開など、Creemaに出店するクリエイターの作品を生活者がリアルの場で購入できる取り組みも推進し、日本のクラフト文化の醸成に力を注いでいます。https://www.creema.jp/
※ 2021年1月〜2021年12月 ハンドメイドマーケットプレイスを主軸事業として取り組む事業体の売上比較。自社調べ。

  •  会社概要

商号:株式会社クリーマ
住所:東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル7-8F
代表:代表取締役社長 丸林 耕太郎
資本金:10億7295万1790円  (資本準備金を含む)
従業員:110名 (2022年9月1日時点)
事業:クリエイターエンパワーメント事業
・ハンドメイドマーケットプレイス:Creema
・イベント:ハンドメイドインジャパンフェス(東京ビッグサイト)、Creema YAMABIKO FES 等
・動画レッスンプラットフォーム:FANTIST
・クラウドファンディング:Creema SPRINGS
・エディトリアルショップ:Creema Store(札幌ステラプレイス)
・アライアンス:地方創生、PR支援サービス等

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

【月刊文化財】唯一の文化財総合月刊雑誌!1月号では、新指定等の文化財(美術工芸品・無形文化財(生活文化))を特集。国宝(書跡・典籍等)や重要文化財(絵画、彫刻等)の新指定物件について詳しく解説!

上質な器で素敵な暮らしを叶える「CRAFT 福袋」CRAFT STOREにて販売。おみくじ企画も