in

中国シ平で作られる黒陶:何千年にもわたる魔法の芸術

 

Jiulongxun

 

AsiaNet 98831 (2927)

 

【聊城(中国)2022 年11月16日新華社=共同通信JBN】

 

陶芸は人類文明の主要な指標である。

 

過去30年間、中国の考古学者はシ平教場舗にあるLongshan Culture Site(龍山文化遺跡)で4回の発掘調査を行ってきた。そこでは約1000点のさまざまな陶器、石、骨の遺物が発掘されてきた。その中には、2001年に発掘された3基の陶器窯が、中国の龍山文化の最も完全な塊として残っており、その時代の社会経済様式を研究するための貴重な文化遺産源を構成している。

 

考古学者による調査では、山東省聊城市のChiping District Museum(シ平区博物館)に所蔵されている多数の黒陶が約4000-5000年前の龍山文化時代に作られたことが分かった。それらはエレガントな形をし、模様はシンプル、起源は謎に包まれている。

 

Chiping Black Pottery(シ平黒陶)の原料は、黄河の独特な河床下にある純粋で繊細な赤い粘土質の土壌である。Chiping Black Potteryは、まず手作業による洗浄、ろくろ成形、乾燥、削り、つや出し、彫刻、研磨など数多くの段階を経た後、密封・あぶり・浸炭の昔ながらのプロセスで焼かれる。黒い色には神秘的でエレガントという意味があるので、Chiping Black Potteryは美学的に魅力がある。

 

黒陶のような中国の至宝を継承・発展させるために、Chiping Black Potteryのメーカーは、1990年代半ばから、黒陶工芸の技術の研究に打ち込み、Liaocheng Black Pottery Academyに続いて、Chiping Taoyuan Black Pottery Art Co., Ltd.の設立を可能にした。代表的なChiping Black Potteryはくり抜かれた高浮き彫りで知られる。巧みにデザインされ、精巧に作られ、優美な形と普遍的なパターン言語が特色で、芸術家やコレクターの目には大きな価値がある。

 

ソース:Information Office of the Chiping County People’s Government

 

画像添付リンク:

リンク: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=433957

(画像説明: Jiulongxun)

 

リンク: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=433966

(画像説明: Suihan Sanyou)

 

リンク: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=433967

(画像説明:Xin Fengw Huaxia)

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

とは?

CGTN:彭麗媛氏が中国とインドネシアに公共の福祉での交流強化を呼びかけ

CCTV+:彭麗媛氏がG20首脳配偶者のための活動に参加