in

山東省の無形文化遺産、禹城「Deyuan Charcoal Carving」

 

 

工芸作品「大禹の魂」

AsiaNet 99076 (3095)

 

【禹城2022年12月2日新華社=共同通信JBN】治水に成功した大禹にちなんで名付けられた禹城は、中国の農耕文明発祥の地であり、数千年の歴史を持つ中国の100の古代県の1つでもある。4000年以上の歴史を持つ禹城には、無数の神話や、大禹の治水にまつわる物語が残されている。山東省の大禹の治水伝説は、2021年に第5次無形文化遺産に登録された。

 

山東省禹城の手工芸である「Deyuan Charcoal Carving」は、伝統的芸術の彫刻・絵画と、大禹治水伝説という無形文化遺産を調和させている。これらの作品は炭の彫刻で民話を耳で聞く民話を視覚芸術に具現化して、大禹の文化に生命を吹き込んだ。それは、新時代における中国の優れた伝統文化を創造的に解釈し、革新的に発展の成功を体現している。

 

木炭彫刻は小さいながらも、深いメッセージを伝達している。高品質のヤシ殻炭、鉱物炭、その他の粉末活性炭を原材料とし、高圧成形法、活性化、彫刻、研磨、描画など10以上の工程を経て作られる。シンプルで自然な色彩でデザインされた小型の木炭彫刻工芸品のほとんどは、孔子や大禹、「五牛図」、「八馬図」、梅、蘭、竹、菊、京劇の面などの中国の伝統的な文化をテーマとし、中国5000年の文明を強調している。

 

「Deyuan Charcoal Carving」は2009年以降、北京や深セン、西安、南京、済南、韓国など国内外の主要な文化産業博覧会に数十回にわたって出展され、大禹の文化の発信に大きく貢献している。

 

ソース:Information Office of Yucheng People’s Government

 

添付画像リンク:

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=435383

(画像説明:工芸作品「大禹の魂」)

 

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=435392

(画像説明:工芸品「大禹の治水」)

 

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=435394

(画像説明:工芸作品「大禹」)

 

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=435395

(画像説明:工芸作品「礼の用は和を貴しと為す」)

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

とは?

大阪⇔別府航路 日本初のLNG燃料フェリー 「さんふらわあ くれない」のアトリウムを公開します!

「弥栄会館」を保存活用し建設中の新規ホテル 内装デザインを担う建築家として榊田倫之(新素材研究所)起用