in

青島手作りを触れて 素晴らしい無形文化財を共有する

AsiaNet 99161

 

青島、中国, 2022年12月12日 /PRNewswire/ — 無形文化財はリストに収録されただけでなく、その中には人文的スピリッツが含まれ、豊富な歴史的な価値があって、独特な形で多くの世代の人に影響を与えています。

 

「青島手作り」無形文化財マーケットは初の青島手作り節をきっかけに、2022年に「中国旅行の日」青島サブ会場で開かれて、伝統文化の交流、展示、伝承、発展にイノベーティブなプラットフォームを作り、大衆に伝統の美、生活の美、匠の美、技の美を感じさせるスピリッツの場を築きました。

 

伝統的な職人を人々の生活に入らせて、青島無形文化財を一般家庭に入らせて、人の生活の一部になるだけで、無形文化財手作りが本当に「活かせる」ことができます。

 

即墨の花編、平度の草編、鋸の芸、老滄口のお菓子、核彫、錦貝伝説、このマーケットでは各区市の代表的な無形文化財もあって、民間で代表的な手作り工芸品もあります。歴史の変遷や歳月の変更が各種青島手作りに見えます。この中に無数の手作り職人が百年不変の工芸にこだわらず、勇気をもってイノベーションを選んで、大いに発揚させました。

 

無形文化財手作りの登場は、青島の独特で豊富な無形文化財の代表的な項目を展示して、青島無形文化財の知名度と影響力を高めると同時に、伝承者に交流、互いに勉強する貴重な機会を提供しました。また、伝統的な手作りを創造性、イノベーションへ転化させる探索となって、無形文化財を現代的な生活とつながる効果的なルートを開きました。

 

手作りの美が伝統文化と合わせて、古人の知恵が現代工芸と融合して、これは職人の執着と守り、また、伝統無形文化財が現代社会に入る必然的な道になっています。

 

手作りマーケットは多くの新しいモードを生ませただけでなく、職人、メーカー、プラットフォーム、消費者をつながる生態系を構築して、無形文化財製品を「零細化」から「ブランド化」へと転換させて、大いに今の社会の呼びと盛んでいるニーズに満足させました。オンラインマーケットが職人と消費者の間の橋を架けたと言うのなら、オフラインのマーケットは手作りと都市の感情的触れ合いを建てました。製品を文化にして、製造を消費とつないで、手作り工芸品は一種のライフスタイルになって、人々の生活空間を開き続いています。

 

無形文化財手作りは深い歴史の沈殿で、歳月が刻んだ印で、多くの儀式は不要ですが、早い足を遅らせて、聞いて、見てみることが一回の伝承となります。

 

連絡先:朱益玲

 

電話:0086532-85911619
ウェブサイト:http://www.qingdaochina.org
Facebook HP:https://www.facebook.com/qingdaocity
Twitter HP:https://twitter.com/loveqingdao

 

写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1966071/Stadt_Qingdao_1.jpg
写真 – https://mma.prnewswire.com/media/1966072/Stadt_Qingdao_2.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

とは?

淡路島初!マリオット×積水ハウスによる道の駅隣接型の 「地域経済活性化ホテル」が南あわじ市に開業

大阪⇔別府航路 日本初のLNG燃料フェリー 「さんふらわあ くれない」のアトリウムを公開します!