in

宮本卯之助商店、東京チェンソーズが FSC認証和太鼓の演奏会を東京都檜原村のFSC認証の森で開催

 

 

 太鼓・神輿・祭礼具の製造販売を行う株式会社宮本卯之助商店(本社:東京、代表取締役社長 宮本芳彦)と、株式会社東京チェンソーズ(本社:東京、代表取締役:青木亮輔)は、FSCジャパン(特定非営利活動法人日本森林管理協議会、代表:太田 猛彦) が普及を行うFSC認証材を使用した桶太鼓「森をつくる太鼓」を開発し、12月10日(土)に、東京チェンソーズが所有するFSC認証の森で太鼓の演奏会「はじまりの森 ‘22 冬〜木々にかこまれた演奏会」を開催しました。

 「森をつくる太鼓」は、森林だけでなく職人の技や文化も育てるサステナブルな楽器づくりを目指し、原材料には東京チェンソーズの管理する森から伐り出したスギ・サワラが使用され、和太鼓では初のFSC認証を取得しました。また、この取り組みが評価され、ウッドデザイン賞も受賞しています。

 イベントは、この森で生まれた太鼓の音色を、木々のなかで聴く演奏会として、伝統芸能のプロフェッショナルによる太鼓の演奏を中心に、この取り組みについてのトークセッションや、実際に木や太鼓を触って体験するワークショップなど、さまざまなプログラムが開催され、子どもから大人まで幅広い世代の参加者で賑わいました。

 FSCジャパンは、木材を使用した伝統工芸品や音楽などのアートを通じて、より多くの皆様に適切に管理された森林資源の利用の重要性を感じてもらい、FSC認証マークの認知向上につながることを期待しています。

 

■イベント概要

・日程:2022年12月10日(土曜日)

・場所:MOKKI NO MORI(東京チェンソーズ社有林)

・料金:大人(高校生以上)3,000円、子ども(中学生、小学生)1,000円、未就学児無料

・プログラム

9:00〜 10:30 早朝ノルディックウォーキング&ヨガ

11:15〜11:15 開会挨拶 11:20〜11:50 森トーク(”森をつくる太鼓”の取り組みについて)

12:00〜12:50 ”森をつくる太鼓”演奏会 13:00〜14:15 太鼓体験 14:30〜 閉会挨拶 15:00〜 終了

・詳細ページ: https://hajimarinomori2022winter.peatix.com/

 

 

■FSCジャパン(特定非営利活動法人 日本森林管理協議会)

FSC(Forest Stewardship Council, 森林管理協議会)は、環境保全の面から見て適切で、社会的な利益にかない、経済的にも継続可能な森林管理の普及を目的に、環境団体、林業者、林産物取引企業、先住民団体などを中心に、1994年に設立された独立した非営利団体です。現在世界の2億ヘクタール以上の森林と約50,000組織がFSCの規格に基づき認証されています。FSCジャパンはFSC国際事務局から正式に承認された、日本の窓口となる組織です。日本国内におけるFSC森林認証の普及や、国内を対象とした規格の検討と作成を行っています。

 

■FSCマーク

FSCの定めた基準をもとに、適切に管理されていると認められた森林から生産された木材や

回収材等の責任をもって調達された原材料から生産された製品に、FSCマークがつけられます。

FSCマークがついた製品を使うことで、世界の森林保全につながります。

FSCジャパン公式HP:https://jp.fsc.org/jp-jp

FSC公式Twitter: https://twitter.com/FSC_Japan

FSC公式Facebook: https://www.facebook.com/FSC.Japan?ref=tn_tnmn

 

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

とは?

【日本一の星空】長野県阿智村 「満天の星を見よう! 第一生命スターナイト at 阿智村」開催

「吹きガラス 妙なるかたち、技の妙」展 開催