in

新刊「地球の歩き方 沖縄」登場、定期船でいける島々完全網羅!本土復帰50周年を迎えた沖縄を歴史・文化など圧倒的情報量で“うちなー”の魅力に迫る、いまだかつてない深~いガイドブック登場!

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 地球の歩き方(東京・品川/代表取締役社長:新井邦弘)は、『地球の歩き方J04沖縄 2023~24本島周辺の島々・八重山諸島・宮古諸島』を2022年5月19日(木)に全国書店及びオンライン書店で発売いたしました。
■まだ知らない沖縄に出合える“沖縄県まるごと”ガイドブック
累計8.9万部の発行を記録した『J01東京』の続刊として、『J04沖縄』が仲間入り。「地球の歩き方」ならではの切り口で掘り下げた誌面は、全530ページ超えの大ボリューム! リゾート地としての沖縄はもちろん、独自の文化を築いた「琉球王国」、アメリカ統治時代の「OKINAWA」、イマの「沖縄県」を余すことなくご紹介。比類なき沖縄の島々の歴史と文化にきちんと向き合うためのガイドブックです。

表紙は再び美しい姿が見られることを願い、2019年に焼失した「首里城正殿」に表紙は再び美しい姿が見られることを願い、2019年に焼失した「首里城正殿」に

■定期船でいける島々、完全網羅! 次はどこの島に行く!?
いまや沖縄のガイドブックはあまた出版されていますが、その多くは「沖縄本島」か「石垣島・宮古島」と分かれているものばかり。地球の歩き方では、それぞれの島の異なる魅力をお届けすべく、すべての島を1冊に収録いたしました。「沖縄本島」、沖縄本島と橋で繋がっていない「本島周辺の島々」、石垣島など12の有人島からなる諸島群「八重山諸島」、宮古島をメインとする「宮古諸島」、すべての魅力が満載。うちなーんちゅ(沖縄の人)も、ないちゃー(本土の人)も注目の1冊です。

船で行ける島、ツアーでしか行けない島、橋でつながっている島などなど!船で行ける島、ツアーでしか行けない島、橋でつながっている島などなど!

▼沖縄史を深掘るページにご注目!

沖縄戦の経緯や戦跡巡りのモデルコースなどをご紹介沖縄戦の経緯や戦跡巡りのモデルコースなどをご紹介

異文化がチャンプルーする琉球王国のグスク及び関連遺産群異文化がチャンプルーする琉球王国のグスク及び関連遺産群

本土復帰50周年を迎えた沖縄。これからの沖縄の旅は、リゾートを楽しむだけではなく、歴史スポットを巡る旅もおすすめです。本書では、唯一の地上戦が行われた「沖縄戦」の特集や世界遺産のグスク特集、また神話時代からの沖縄史を紹介する年表ページなど、歴史にフィーチャーしたページが多数あり。大人の修学旅行気分で、沖縄の旅プランを立ててみてはいかがでしょう?

▼旅といえばグルメ! 王道からローカル系までずらり

沖縄そば、八重山そば、宮古そばの違いを大解剖!沖縄そば、八重山そば、宮古そばの違いを大解剖!

沖縄のおでんとヒ―ジャー(ヤギ)は、玄人好み!?沖縄のおでんとヒ―ジャー(ヤギ)は、玄人好み!?

旅の楽しみのひとつは、その土地ならではの味を知ること! 沖縄の料理は独自の食文化が根付いていて、お楽しみも盛りだくさん。王道の沖縄そばチャンプルーはもちろん、ヒ―ジャー(ヤギ)料理や沖縄てんぷらなどのローカルフードも厳選チョイス。ロケーション抜群の海カフェや森カフェ、島唄が楽しめる民謡酒場、あんまー(お母さん)の手料理が楽しめる食堂も必見です。

▼琉球の時代から息づく伝統工芸品の数々!

伝統ある壺屋焼「育陶園」の高江洲さんにインタビュー伝統ある壺屋焼「育陶園」の高江洲さんにインタビュー

王朝の貴族に愛された逸品から庶民の生活を支えた日用品まで、美しい伝統工芸品はおみやげにぜひとも購入したいもの。やちむん琉球ガラスに、織物まで。特集では担い手にもインタビュー。工芸品への理解を深めたら、さらに愛しいおみやげになるはずです。

▼沖縄の祭りって?

沖縄独特の祭りを堪能しよう沖縄独特の祭りを堪能しよう

琉球の神々に奉納される伝統芸能。沖縄の島々には、さまざまな祭りが伝えられていますが、実際はどんな感じなの? そう思っている人、実は多いのでは? 本書では、コロナ前に行われた多良間島の「八月踊り」に潜入しました。沖縄独自の濃い~祭りの様子をルポ。そのほか、有名なエイサーハーリーも取り上げています。祭りの日に合わせて、プランを立てるのもオススメです。

▼やっぱり海情報は外せません! 

シュノーケリングなどのアクテビティ体験はマストですシュノーケリングなどのアクテビティ体験はマストです

きらきら光る宝石のような沖縄の海。サンゴに群れて熱帯魚が泳ぐ海中は、まるで天然の水族館です。ツアーに参加してダイビングやシュノーケリングで夢の世界へ。沖縄でしかできない体験のうちのひとつです!

■媒体概要
書名:地球の歩き方 J04 沖縄 2023~24 本島周辺の島々・八重山諸島・宮古諸島
著作:地球の歩き方編集室
定価:2,200円(本体2,000円+税10%)
発売日:2022年5月19日(木) 全国書店及びオンライン書店にて発売
電子版:あり
ISBN-10 : 4058016906
ISBN-13 : 978-4058016909
発行所:株式会社地球の歩き方
発売元:学研プラス
地球の歩き方:https://www.arukikata.co.jp/guidebook/

【本書のオンラインでの購入はコチラ】
・Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4058016906
・楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/17091962/
・学研出版サイト https://hon.gakken.jp/book/2080169000
・地球の歩き方 https://www.arukikata.co.jp/guidebook/series/books/books8016909

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

SSFF & ASIA 2022 令和4年度日本博主催・共催型プロジェクト「Discover Beautyシンポジウム」アイヌ文化に焦点をあて日本の美を考えるオンライントークイベント開催決定

佐賀県とコラボし、贅沢ランチを提供する特別コース「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO × SAGA」を運行します!