in

旅⾏系スタートアップの「Deeper Japan」が、旭川市を中⼼に北海道エリアを拡充。インバウンド需要回復を⾒据え、狩猟⾒学などのアドベンチャートラベルを意識した商品も。

⽇本各地の職⼈やアーティスト、⾃然ガイドと連携し、訪⽇外国⼈向け伝統⽂化体験オンライン予約サービスを提供する
Deeper Japan(本社:東京都世⽥⾕区/代表 ⽯川光)は、旭川市を中⼼に北海道エリアの新しい商品をリリースしまし
た。⼤雪⼭系に抱かれた旭川市近郊エリアをフィールドに、歴史を感じながらも全⾝で地域の魅⼒を体感できる商品群で
す。

Deeper Japan 北海道エリア
https://deeperjapan.com/hokkaido

+⾃治体やDMO,観光協会等のお⼿伝いについて
⼤宮盆栽協同組合による、訪⽇外国⼈向け盆栽体験商品の企画・販売⽀援
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000047262.html

地域の宝ものを発掘し、伝統を担う職⼈やアーティストとの関係づくり、⽇本⼈と外国⼈どちらにも傾きすぎない視点か
らの体験商品づくり、各地での通訳ガイドの採⽤・研修、クリエイティブチームによって地域・⼈・モノの魅⼒が継続的
に伝わっていくビジュアル・仕組みづくりをワンパッケージで進めます。

Deeper Japanは、訪⽇旅⾏客が通常はアクセスするのが難しい⽇本の伝統⽂化体験を、簡単にオンラインで予約ができるサービスです。質の⾼い⽂化体験を厳選し、最前線で活躍する職⼈やアーティストと直接提携することで、⾔語や⽂化、価値観の違いを越え、旅を通した異なる⽂化間の相互理解、伝統と多様性の保全、共感と寛容に満ちた社会を⽬指します。対象を原則として少⼈数のゲストに絞り、⼤⼈数向けの画ー的な体験ではない、職⼈とゲストがより深く接する時間を提供します。 また、独⾃に採⽤し研修を重ねた通訳ガイドが同⾏することで、可能な限りゲストの⺟国語での通訳を⾏っています。

新型コロナウイルスの影響により国境を越えての移動が制限される中で、ターゲットを在住外国⼈はもとより、⽇本⼈にも向けることで、新たな顧客層への訴求を強めています。もともと、⽇本⼈に紹介しても恥ずかしくないもの、⽇本⼈が海外の友⼈に⼼の底から紹介したいものに限って、コンテンツの企画や選定を進めてまいりました。国内の移動すらも制限される状況において、オンラインへ場を移した体験や企業研修・⼤⼈向け社会科⾒学の受け⼊れ、地域コンテンツ開発・誘客多⾓化を⽬指す⾃治体やDMO、観光協会への⽀援など、事業の幅を広げています。
 

新たに北海道エリアに追加されたのは、蝦夷⿅猟⾒学体験、⼤雪⼭でのバックカントリースキー&スノーボード体験、刷⽑染め物体験、旭川郊外での乗⾺体験、上川町での雪上⾞クルーズ体験を第2弾としてラインナップいたしました。
 

乗⾺体験(旭川市)
 旭川市中⼼部から⾞で20分ほど。緑が⽣い茂り、川⾯が輝く夏の時期も素晴らしいですが、秀逸なのは冬。⽩く湯気が上がる⾺の息のリズムにゆられながら、銀⾊に光る雪原を抜けて広葉樹の森に⼊ります。厳しさの中にも柔らかな表情を⾒せる桜岡の森は、旅⾏者を暖かく迎えてくれるでしょう。旅⾏者の技術や経験に合わせて熟練のインストラクターがリードしてくれます。
 

蝦夷⿅猟⾒学体験(旭川市)
 旭川市中⼼部から⾞を⼀時間ほど⾛らせる。広葉樹の葉が枯れ落ち、たっぷりと雪が降り積もった⼭肌には、⾞からでも元気に⾶び跳ねる姿が⾒えてきます。蝦夷⿅です。⾞を運転しながら⼭肌に⽬を凝らしながらも、先程まで饒⾆に狩猟のことや北海道の森のことを話してくれていたハンターは、ふと押し黙り、⾞を停める。道路脇を数メートル進み、銃を構える。視線の先には蝦夷⿅がいました。
 倒れた蝦夷⿅は、すぐに加⼯場へ運ばれます。隅から隅まで、可能な限りの部位を利用します。命を有り難く頂くということを体感できる⼀⽇になるでしょう。
 

刷⽑染め体験(旭川市)
 創業は明治31年。染め物を⼀筋に120年以上の歴史を積み重ねてきました。以来、いつも変わらぬものは、⽣地や染料など質の⾼い素材を吟味する鋭い⽬。そして、⼿染めの温もりを愛で伝えようとする職⼈の⼿。漁船のシンボルである⼤漁旗を、北海道中の漁船に届けてきた「⽬」と「⼿」は、このデジタルの時でもPCのフォントを使うことを選ばず、⼿書きの情緒をアップデートし続けています。北海道を興してきた時代、更には⽇本の⾷⽂化を⽀えてきた北海道の漁師たちが誇りとしてきた⼤漁旗に思いを馳せながら、ぜひ刷⽑染め体験を楽しんでください。

雪上⾞クルーズ体験(上川町)
 上川町は、北海道最⾼峰の⼤雪⼭の麓に位置する、⼤雪⼭を最も美しい姿を⾒ることができるエリアの⼀つ。なだらかに広がる丘陵地帯を進むと、短い夏には美しい花が咲き誇るであろうガーデンに⾏き着きます。そこは、北海道の⻑く厳しい冬には分厚い雪に埋もれる事となるが、どこまでも続くかのような美しい雪原が広がるミステリアスな空間です。熟練のスタッフに拠って操縦される雪上⾞は、森を抜けて静かにゆっくりと丘を登っていきます。運良く晴れた⽇には、邪魔するものが⼀切ない、ありのままの⼤雪⼭が姿を現すでしょう。
 

⼤雪⼭バックカントリースキー&スノーボード体験(旭川市)
 ⼤雪⼭は、北海道最⾼峰であり⽇本でも屈指の雪質を誇ります。その上で、ケーブルカーなどの設備が整っており、とても気軽に最⾼峰部へアクセスできるのが何よりの魅⼒。こちらのガイドは、当然エキスパートを対象にしたプログラム持っているが、ビギナー向けのガイドに何よりの特⻑を持っています。初めて、スキーやスノーボード、登⼭などに興味を持って始めてくれた⽅に、何か⼀つでも楽しいと思ってもらえるようなツアーづくりを信条に活動を続けています。ぜひ彼と⼀緒に雪⼭を楽しんでみては?

 既存の展開エリアでは、ザ・ リッツ ・ カールトン東京やThe Okura Tokyoなどのラグジュアリーホテルに滞在するゲスト向けに、ゲストと職⼈やアーティストをつなぐサービスも⾏っています。ゲストはホテル内のリラックスしたプライベートな空間で⽂化体験をすることができます。既に、ニセコを始めとした各地の宿泊施設とも提携を進めており、滞在ゲスト向けの体験を準備しております。
 さらに、東⽇本⼤震災で壊滅的被害を受けた岩⼿県陸前⾼⽥市で主に⺠泊事業を⾏うNPO法⼈マルゴト陸前⾼⽥や伝統的⼯芸品産業振興協会、⼤宮盆栽村協同組合、各地の⾃治体や観光協会らとも連携し、地⽅活性化や⽇本の伝統⼯芸の保存を積極的に⽀援しています。
 新型コロナウイルスの感染拡⼤によって訪⽇旅⾏客が激減し、明確な⾒通しが持てない状況ではありますが、徐々に海外の旅⾏会社からの問い合わせは増えています。新型コロナウイルス禍の状況が落ち着き、訪⽇旅⾏客が戻ってくる時を⾒据え、より踏み込んだ旅⾏体験を提供すべく、今後も事業を進めてまいります。

<運営会社概要>
【会社名】 ディーパートラベル株式会社
【代表者】 代表取締役 ⽯川 光
【会社設⽴】2021年7⽉
【URL】https://www.deeperjapan.com/
<本件に関するお問い合わせ>
【広報担当者】 江⼝ 哲史
【TEL】 050-3746-3732 / 090-4533-3732(携帯)
【E-mail】 info@deeperjapan.com

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

【月刊文化財】唯一の文化財総合月刊雑誌!6月号では、東京国立博物館150周年・奈良文化財研究所70周年を記念して、それぞれの動向と展望について特集!

コラボ・マッチングプラットフォームを提供するNESTBOWLが地域の魅力を発信するためローカルパートナーシップを開始