in

兵庫県、丹波篠山の体験観光・移住促進ツアー「里山暮らし5日間~ 地域イノベーションの最前線」実施のお知らせ

兵庫県丹波篠山市にて体験観光・移住促進ツアー「里山暮らし5日間~ 地域イノベーションの最前線」を下記の日程で実施いたします。「地域イノベーションの最前線」をテーマに、丹波篠山における地域のまちづくり・地域づくりなどの活動について学ぶことをメインテーマとしています。昨今、丹波篠山では 古民家再生の先駆者 NIPPONIA 、里山保全活動を通じた交流プロジェクトなど、地域創生、地域イノベーションの事例がいくつも生まれています。今回のツアーでは4泊5日という日程で丹波篠山市内の古民家ゲストハウス等に宿泊し、丹波篠山で地域創生に尽力されている方々の講義を含めた体験プログラムを通して、地域に根ざした取り組みを続ける人の情熱、そしてその考えに触れていただける機会をご提供します。
専用ツアーページ URL: https://withsasayama.jp/tour_page/satoyamagurashi202

兵庫県丹波篠山市にて体験観光・移住促進ツアー「里山暮らし5日間~ 地域イノベーションの最前線」を下記の日程で実施いたします。この企画は 『観光を通した、まちづくり事業』の一環として、これまで2回実施し好評をいただいている『里山暮らし5日間』の令和4年度版となります。
パンデミック以降の観光において強く意識されているのは『訪れる人と地域の人がお互いに敬意を払いながら、双方の交流につながるような旅』です。地域と観光客が双方向に学びや活力を得ることで、より純度の高い交流人口の増加、及び体験型観光の促進を図ることを目的としております。

3回目となる今回は「地域イノベーションの最前線」をテーマに、丹波篠山における地域のまちづくり・地域づくりなどの活動について学ぶことをメインテーマとしています。昨今、丹波篠山では 古民家再生の先駆者 NIPPONIA 、里山保全活動を通じた交流プロジェクトなど、地域創生、地域イノベーションの事例がいくつも生まれています。今回のツアーでは4泊5日という日程で丹波篠山市内の古民家ゲストハウス等に宿泊し、丹波篠山で地域創生に尽力されている方々の講義を含めた体験プログラムを通して、地域に根ざした取り組みを続ける人の情熱、そしてその考えに触れていただける機会をご提供します。

 

 

【地域を創る人たち】

藤原 岳史(ふじわら たけし)氏
株式会社NOTE 代表取締役社長

東京・海外でのIT企業でキャリアを積み、故郷である丹波篠山にUターン。 古民家再生などを主な事業とした一般社団法人ノオトの立上げにかかわる。 2015年10月には日本初の取り組みとして、国家戦略特区を活用し篠山市に残る複数の古民家を改装した宿泊施設「篠山城下町ホテルNIPPONIA」を開業。 古民家再生による地域創生を目指す日本のトップランナーの1人。

 

達 鷹矢(あだち たかや)氏
株式会社Local PR Plan 代表 | 地域の個性を基軸にしたPR事業計画と実行 | 地域総合計画(エリアマネジメント「宿場町福住」「里山集落後川」)| PRプランナー | NIPPONIA 後川 天空農園 | Littleaf | ベトナム [🇻🇳] ⇄兵庫県丹波篠山の2拠点

楽天(株)を退職後、2011年に丹波篠山市に移住。その後フリーで福住地域のPR、移住相談、WEBを中心としたコンサル業等に従事。学生や会社員の頃に身に付けたPR、マーケティング、ECコンサルティング、編集や執筆などのスキルを活かし、地域コーディネーターとして「おもろい地域」創りに活躍している。かつて江戸時代に参勤交代の宿場町だった町・福住にて「ITとクラフトアートで外貨を稼げる田舎まち」を掲げ、地域コーディネートに取り組む。既に人口約1000人の町で20組以上の移住者が開業し、クラシックで創造的な職人が集まる宿場町を目指して活動中。

 

吉良 佳晃(きら よしてる)氏

吉良農園 代表

丹波篠山市の古市(ふるいち)地区にて、家族で農業を経営。約1haの農場で年間50品種ほどの野菜やハーブ等を栽培。野菜に対する独特の価値観で、新たな商品を提案し続け、レストランのシェフ等と関係を築いている。大学卒業後、化学メーカーにて製品技術開発に携わり、家業を継ぐために丹波篠山にUターン継業。生きものとの共生をベースにした農園を目指す。農業は農作物の生産・販売だけで成り立っているわけではなく、周囲の自然環境への適切なはたらきかけや協働を土台としている。今その見えにくい基礎の部分が揺らいでいるなか、「100年後も続く里山モデル」を確立することをテーマに、里山資源を利用して新たな循環を創る「ミチのムコウ」プロジェクト (100人ではぐくむ「名前はまだ無い日本酒」や「丹波畦師~たんばAZESHI~」)にも取り組んでいる。
 

加古 勝己(かこ かつみ)氏
陶芸家

京都市泉湧寺界隈の窯元に生まれ、幼少の頃より陶芸に親しみ、「ものをつくる」ことが当たり前の環境で育つ。いつしか素材としての「土」を意識し、焼くという行為を経て別の形になることに心を動かされ、1988年より作品制作を始める。粉引、灰赫陶、灰釉、氷肌釉、白磁など、幅広い作風で作陶し、自身の手で窯も作る。丹波篠山市の東部の農村地、村雲地区に工房を構え、丹波篠山に移り住む作家達と交流をしながら、窯業地や伝統のカテゴリーに捉われない「やきもの」に自己を反映しながら歩み続けている。
2021年、世界規模で活動する財団‘Asia Society’主催・第1回日本伝統工芸再生コンテスト‘JapanCraft21’受賞。

陶芸、木工、ガラス、染色、革工芸、彫金、竹工芸、、、丹波篠山に集う数多くのものづくり作家たちをつなぐ地域づくりの活動として、「丹波篠山クラフトヴィレッジ」を主催。作り手と使い手が出会い、つながり、工芸をもっと身近に感じていただくために取組んでいる。

概要は下記の通りです。

■日程
第1期:8/4(木)~8/8(月)
第2期:11/3(木)~11/7(月)
※どちらも4泊5日のプランです。
*8/ 8(月) および 11/ 7(月)、 12:00~13:00 の間、丹波篠山市長が昼食会に参加予定
(里山工房くもべ 丹波篠山市西本荘2-1)

■体験プログラム例
・丹波篠山で活動している事業者の講演・対談
(スピーカー予定者については冒頭の専用ツアーサイトよりご確認ください)
・地域活動への参加(獣害策点検、草刈等)  など

■参加費用
¥49,500(税込)/人
*レンタカー希望者は滞在期間中¥11,000(税込)にて手配可能。
*学割料金¥29,700(税込)の設定あり(対象:中学生~大学生、専門学生、留学生)。

■お問い合わせについて
本プロジェクトに関するご質問は下記の連絡先までお願い致します。

<Masse丹波篠山 >
事務局:一般社団法人ウイズささやま(兵庫県知事登録旅行業 地域 797号 )
〒 669-2321 兵庫県丹波篠山市黒岡 191 丹波篠山市民センター内
☎ 079- 552-7373 
mobile:070-4314-7347、又は070-1785-7300
E-mail: tour@withsasayama.jp

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

ゴディバカフェと福井県のコラボレーション企画、第3弾!6月15日から新たなヌードルメニューが登場

KEITA MARUYAMA「CASA KEITA -美しい仕事展-」を開催