in

住まいと暮らしのギフト・ショーが始まります。「インターナショナル・ギフト・ショー」と「LIVING & DESIGN」同時開催決定を発表

株式会社ビジネスガイド社(本社=東京都台東区、代表取締役社長 芳賀信享)はこのほど、2022年秋の「第94回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2022」(会期:2022年9月7日~9日、会場:東京ビッグサイト)より、デザイナーの喜多俊之氏がプロデュースする、住まいと暮らしのリノベーションに関する国際見本市「LIVING & DESIGN」を同時開催することを決定しました。双方が連携を強化することで、より一層、日本の流通や暮らし産業に貢献していきます。各見本市の出展社数は合計1,500社以上、来場者数は約17万人になると想定しています。
当社は約47年にわたり、日本最大の生活雑貨の国際見本市「インターナショナル・ギフト・ショー」を開催してきました。これまで以上にパワーアップしたギフト・ショーに加わる各種見本市同様に皆様の参加をお待ちしています。
  • 2022年2月に「東京インターナショナル・ギフト・ショー春2022 LIVING&DESIGN」プレイベントを開催

2022年2月8日(火)~10日(木)に東京ビッグサイト 東展示棟4~6ホールでプレイベントを開催します。会場では家具・インテリア関連の企業の出展と特別セミナーを実施します。

・来場登録(無料)はこちらから
https://www.giftnet.jp/registration/index.html?exhibition=93tigs&lang=ja
 

 

  • LIVING & DESIGNについて

2009年から約12年にわたり、トータルインテリアの展示会として大阪にて開催。
日本全国の家具・インテリア・住宅設備・水回り・建材メーカーに加えて、アメリカ・ドイツ・ベルギー、そしてイタリアなど、世界中のインテリア関連メーカーが出展。
暮らし産業の発展につながるビジネスを創出し、日本の住空間の向上に寄与する。コロナ禍に見舞われた2020年からはオンライン開催となりましたが、2022年に東京インターナショナル・ギフト・ショーとの同時開催にて、待望のリアル開催と東京進出を果たします。今回の東京インターナショナル・ギフト・ショーとの連携により、今後、世界のメーカー・バイヤーの誘致で相互協力を実施。それぞれが持つネットワークを駆使した相乗効果により、日本の流通や暮らし産業のインターナショナル化の強力な推進も期待されています。
 

  • LIVING&DESIGNプロデューサー 喜多俊之氏 プロフィール

1969年よりイタリアと日本でデザインの制作活動を始める。
イタリアやドイツ、日本などのメーカーから家具、家電、ロボット、家庭日用品に至るデザインで多くのヒット製品を生む。作品の多くがニューヨーク近代美術館など、世界のミュージアムに永久収蔵されている。シンガポール、タイ、中国などにおいてデザイン活性化の政府顧問を務め、「グッドデザイン賞」審査委員長など、国内外のデザイン産業の要職を歴任。日本の伝統工芸、地場産業の活性化にも携わり、製品開発のプロデュースや指導など、多方面で活躍する。暮らしのイノベーション「RENOVETTAプロジェクト」を提唱。大阪芸術大学教授。2011年、イタリア「黄金コンパス賞(国際功労賞)」受賞。2016年、同賞の国際審査員を務める。2017年、イタリア共和国より「イタリア共和国功労勲章コンメンダトーレ」受勲。2018年、特許庁長官より「知財功労賞」受賞。

■お問い合わせ
株式会社ビジネスガイド社
インターナショナル・ギフト・ショー事務局
〒111-0034 東京都台東区雷門2-6-2 ぎふとビル
TEL(03)3843-9711 FAX(03)3843-9850
E-MAIL: n-haga@giftshow.co.jp

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

『Discover Japan(ディスカバー・ジャパン)』 2022年1月号「酒旅と冬旅へ。」が12月6日に発売!

【お歳暮にぴったり!】ご当地グルメを全国へ。白山・石川のいいものをみつけてお届け! 石川県の食文化を発信するオンラインショップ(ECサイト)がPR動画を公開。