in

「組紐✖️家紋」ここでしか見られない数々の作品を展示!レクサス星が丘ラウンジギャラリーにて、期間限定のコラボレーション展示会を開催。

日本の工芸品通販サイト「OMOISHOP」を運営する合同会社KASASAGI(以下、当社)は、レクサス星が丘(名古屋市千種区)にて、家紋制作を行う工房「京源」と組紐をして手がける「龍工房」とのコラボレーション展示会を2022年4月26日(火)〜5月26日(木)まで開催いたします。

・コンセプトは〝縁結び〟ここでしか見られない職人のコラボレーション

新生活が始まり新しい出会いが多くなるこの4、5月にぴったりな「ご縁を結ぶ」を今回のコンセプトとし、〝縁結び〟にちなんだ作品の展示を行っております。
「京源」の生み出すコンパスと定規で描かれた〝円と線〟、「龍工房」の組紐が表す〝結ぶ〟を掛け合わせた様々な作品をご覧いただけます。また今回は、レクサス星が丘での展示を記念して特別な作品を展示しています。星が丘ということから発想を得た「月星紋」を、組紐を結んで出来たドット(団子)を何層も重ねて立体的に表現しましたレクサス星が丘を中心に広がるすべての御縁の輪が良好に結ばれますようにと願いを込めて製作いたしました。今回の展示でしかみられない貴重なものとなっておりますので、この機会にぜひお越しください。

・株式会社 京源について

1910年に「家紋」を着物に描く前の工程を担う職人「紋糊屋」として初代 波戸場 源次が「京源」を創業する。現在では、日本の伝統的な意匠と現代感覚を融合させ、オリジナル家紋をはじめ企業やブランドへのデザイン提供、アート作品、服飾雑貨、パッケージデザイン等ジャンルにとらわれず様々なモノやコトに家紋デザインを数多く手掛けています。

昨年の展示会にて京源様にはコンパスと定規だけでレクサス車を表現した作品を作ってくださいました。

https://www.kyogen-kamon.com/

・株式会社 龍工房について

1889年に創業し、現代では帯締として広く知られる組紐を扱い創業以来、ここ日本橋から、着物姿に華を添える帯締・帯揚の数々の作品を生み出しています。
また、龍工房は絹糸の染色、デザイン、組みまで一貫して手がける数少ない工房として、工房オリジナルの和装小物を製作しています。また中尊寺金色堂、藤原秀衡懸守(かけまもり)の紐の復元などにも取り組んでいます。

https://ryukobo.jp/

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

経済産業省委託事業における「ファッションの未来に関する報告書」の公表

企画展開催「~北京国際美術ビエンナーレより~ アートで見る中国のいま」2022年6月17日(金)~8月14日(日)