in

鈴木啓太氏によるオンライントークイベント「ひろがるデザイン」開催

学校法人多摩美術大学(所在地:東京都世田谷区、理事長:青柳正規、多摩美術大学学長:建畠 晢)は、多摩美術大学 TUBにて、6月16日(木)、TOKYO MIDTOWN AWARD x 多摩美術大学 TUB 特別トークイベント「ひろがるデザイン」を開催します。今年で15回目の開催となる、東京ミッドタウン主催のデザイン・アートのコンペティション「TOKYO MIDTOWN AWARD」と「多摩美術大学 TUB」とのコラボレーション企画です。
​デザインが急速に社会へ浸透し、ソーシャルデザイン、サービスデザインのように、様々なかたちでデザインが広がってきています。本イベントには、2008年デザインコンペの受賞者の鈴木啓太氏(プロダクトデザイナー、クリエイティブディレクター)と多摩美術大学プロダクトデザイン専攻の和田達也教授が登壇し、「ひろがるデザイン」をテーマにトークを行います。

 

  • TOKYO MIDTOWN AWARD x 多摩美術大学 TUB 特別トーク「ひろがるデザイン」

日 時:2022年6月16日(木) 19:00-20:00 
会 場:多摩美術大学 TUB (東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F デザインハブ内)
参加方法:収録会場での観覧(要予約)または、オンライン視聴(予約不要)があります。
参加料:無料

・会場での観覧の場合、Peatixページよりお申込みください。(要予約・定員15名)
https://tmatub2022.peatix.com

・オンライン視聴の場合、多摩美術大学 TUBのYouTubeチャンネルにてご覧ください。(予約不要)
https://www.youtube.com/channel/UCC-PL-Tb04RnMwlxxR-Dgyw

 登壇者:
鈴木啓太 (プロダクトデザイナー、Tokyo Midtown Award 2008 デザインコンペ受賞者)

和田達也 (多摩美術大学プロダクトデザイン専攻 教授)

井上ルミ子(TOKYO MIDTOWN AWARDプロジェクトディレクター)

社会とデザインについて、モノやコトのデザインについてなど、様々な切り口でデザインのお話を伺いながら、今年のデザインコンペのテーマである「TRIP」にまつわる登壇者のエピソードも伺うことで、新しいデザインのアイデアが生まれる機会となるかもしれません。

益々領域をひろげるデザインについて知りたい方、TOKYO MIDTOWN AWARDデザインコンペに応募を考えている方、デザインのことに詳しくはないけれど興味のある方、コンペ受賞者の現在の活動について知りたい方など、幅広くデザインに関心のある方の参加をお待ちしています。
 

  • 登壇者プロフィール

鈴木啓太
(プロダクトデザイナー、クリエイティブディレクター)
1982年生まれ、多摩美術大学プロダクトデザイン専攻卒業。PRODUCT DESIGN CENTER代表。古美術収集家の祖父の影響で、幼少より人が織りなす文化や歴史に興味を持つ。森林活用から都市環境、伝統工芸から3Dプリンティングなどのアディティブ・マニュファクチャリングまで、幅広い分野に精通。美意識と機能性を融合させたデザインで、国内外でプランニングからエンジニアリングまでを手掛ける。2008年「TOKYO MIDTOWN AWARD」受賞、2019年「相模鉄道20000系」が「ローレル賞2019」受賞、2020年「ELLE DECOR Young Japanese Design Talent」受賞等。2015-2017年グッドデザイン賞 最年少審査委員。

PRODUCT DESIGN CENTER
https://productdesigncenter.jp
 

  • 東京ミッドタウン・デザインハブについて

2007年4月に開設されたデザインネットワークの拠点です。デザインのプロモーション・職能・研究教育という異なる役割を担う機関が連携し、デザインによって 「人」「ビジネけ、展覧会やセミナーの開催、出版などで情報を発信しています。(構成機関:公益財団法人 日本デザイン振興会、公益社団法人 日本グラフィックデザイン協会、多摩美術大学 TUB)

東京ミッドタウン・デザインハブ WEBサイト
https://designhub.jp/
 

  • 多摩美術大学 TUB 基本情報

英語名称:Tama Art University Bureau
名 称:多摩美術大学 TUB
所在地:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F(デザインハブ内)
面 積:151.54㎡
ディレクター:和田達也教授、永井一史教授 

  • 多摩美術⼤学 TUB について

2021年4月、東京ミッドタウン・デザインハブ(所在地:東京都港区)に、デザインやアートが持つ創造性と美意識を社会とつなぐ場として開所。“まじわる・うみだす・ひらく” をコンセプトに、多摩美術大学の様々なステークホルダーや企業、社会人と行うオープンイノベーションによる新しい価値の創出、学⽣だけでなく子どもから社会⼈まで幅広い層に向けたデザインやアートのプログラムの提供、学⽣作品の展示・発信を行います。
https://tub.tamabi.ac.jp/ 
 

  • 学校法⼈多摩美術⼤学について

理事長:青柳正規
多摩美術大学 学長:建畠 晢
所在地:〒158-8558 東京都世田谷区上野毛3-15-34
創 立:1935年
大学概要:創立以来「もの派」を牽引した関根伸夫、菅木志雄ら、またデザイン界でも三宅一生や深澤直人、佐藤可士和など世界を舞台に活躍する才能を数多く輩出。東京都世田谷区と八王子市に2つのキャンパスを持ち、絵画、彫刻、工芸、デザイン、建築、映像、演劇、舞踊、芸術学などアート、デザインから身体表現までを網羅する10学科と大学院を設置する美術系総合大学です。
https://www.tamabi.ac.jp

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

京セラ開発の京都オパールと京都伝統工芸によるグランドピアノ制作の開始

#サイレンスラボが「歪 / wai(石川県金沢市)」で「わびさびポット金沢展」を開催!!