in

隈研吾による「人々が主役」の新しいまちづくりが大阪中津で始動

「現代社会におけるハードウェア先⾏の都市開発の在りかたを⾒直したい」。世界的建築家・隈研吾のそんな呼びかけに、不動産を持たないコミュニティーディベロッパー・東邦レオ株式会社(代表取締役社長:吉川稔)が呼応する形で、2020年より共に様々なプロジェクトを手がけてきました。今回、大阪中津を拠点とする企業「西田工業株式会社」もプロジェクトに参画し、大阪中津のまちに集う人々が主役の新しいまちづくりのプロジェクトがスタートします。そして、その特別企画として、世界3都市を繋ぐオープニングイベントを2022年11月18日(金)に開催します。
  • プロジェクトについて

東邦レオと建築家・隈研吾⽒は、2020年より、両者の間で50回以上のディスカッションと、数回の社会実験を行ってきました。今回の新プロジェクトでは、大阪・中津のまちづくりを行います。隈研吾氏が手がける中津の西田ビルのリノベーションを起点に、地域の人々や多様なテクノロジスト・アーティスト・アカデミアたちが街に集まり刺激し合い、さまざまな魅力が人を引き寄せる、「人々が主役」のまちづくりになります。近年大規模な再開発が進んでいる大阪駅前エリアの中でも、今回のプロジェクトでは、クリエイティブで有機的なまちづくりをキーワードとしています。また、メタバースを活用したゲームやエンタメのコンテンツ、福祉や教育とメタバースを掛け合わせたワークショップ、バーチャルオフィスやバーチャルショールームなども多数予定しています。
 

  • オープニングイベントについて

本プロジェクトの正式発表会も兼ねて、大阪・中津、東京・築地、ゲストタウンのドイツ・ベルリンの世界3都市と、メタバース空間を繋ぎ、会場とオンラインのハイブリッド形式でオープニングイベントを11月18日(金)に開催します。
今回、メタバース会場として、3つのリアル会場をつなげるバーチャルの地下森林空間「リゾーム(地下茎)」を開発しました。ユーザーはアバターとなり、このリゾームを通って各都市を移動できるようになります。この新たなメタバース空間は、イベントにて初公開いたします。

イベントでは、以下の4つのテーマを柱にトークを行い、メタバースの双方向性を生かしたゲストとの交流・懇親会を行う予定です。
・新しいまちづくりプロジェクトの概要発表
・東邦レオ×隈研吾x西田工業との間で続けてきたディスカッションの振り返り
・エキスパートによる、「新しいまちづくり」とメタバースの可能性について討論
・ゲストタウン、ベルリンの市民によるまちづくり事例の紹介

 

当日参加予定のゲストスピーカーは、下記になります。

【築地会場より配信:「メタバースとまちづくり」の未来を語るトークセッション】

ゲスト:パノラマティクス主宰/齋藤精一氏
1975年生まれ。建築デザインをコロンビア大学建築学科(MSAAD)で学び、2000年からニューヨークで活動を開始。2006年株式会社ライゾマティクス(現:株式会社アブストラクトエンジン)設立。社内アーキテクチャ部門『パノラマティクス』を率い、行政や企業の企画、実装アドバイザーなど数多く行う。2018-2022年グッドデザイン賞審査委員副委員長。2020年ドバイ万博 日本館クリエイティブアドバイザー。2025年大阪・関西万博PLLクリエイター。

ゲスト:フリージャーナリスト/林信行氏
1967年9月 東京生まれ。1990年、米国ヒューストン大学在学中の1990年からIT最前線を伝えるフリージャーナ リストとしてAppleやGoogleなどの重役を直に 取材、多数の著書を執筆。2010年以後「テクノロジーは人々を豊かにしていない」とデザイン関連の取材にシフト。現在は「22世紀に残すべき価値」をテーマに伝統文化、地域振興、現代アートなど幅広い領域を取材。Pen OnlineやITmedia、ソーシャルメディアなどで発信。グッドデザイン賞審査員。金沢美術工芸大学客員名誉教授。

特別ゲスト:隈研吾建築都市設計事務所/隈研吾氏
(※海外からリモート参加:回線状況により不参加となる場合もございます)
1954年、横浜市生まれ。1979年、東京大学工学部建築学科大学院修了。米コロンビア大学客員研究員を経て、隈研吾建築都市設計事務所を主宰。2009年より、東京大学教授。1997年「森舞台/登米町伝統芸能伝承館」で日本建築学会賞受賞。同年「水/ガラス」でアメリカ建築家協会ベネディクタス賞受賞。2010年「根津美術館」で毎日芸術賞受賞。2011年「梼原・木橋ミュージアム」で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。著書に『負ける建築』『つなぐ建築』、清野由美との共著に『新・都市論TOKYO』『新・ムラ論TOKYO』などがある。

ファシリテーター:東邦レオ株式会社/吉川稔氏
1965年10月 大阪生まれ。89年 神戸大学農学部卒業、住友信託銀行に入社。2001年 株式会社リステアホールディングス 取締役副社長。 バレンシアガジャパン取締役。 株式会社リステアインベストメント(ゴールドマンサックスとJV) 代表取締役。10年 クール・ジャパン官民有識者会議委員。14年カフェ・カンパニー株式会社 取締役副社長。16年7月 株式会社NI-WA創立 代表取締役社長に就任、現職。 16年11月 東邦レオ株式会社 代表取締役社長に就任、現職。

【ベルリン会場より配信:エロチカバンブーがベルリンの街をお届け】

案内役:バーレスクダンサー/エロチカバンブー氏
バーレスクダンサー。アメリカで開かれるバーレスクの祭典でNo.1クィーンの座を獲得。美術大学在学中に油絵が乾くのが待てず中退し、キャバレーのショーダンサーに。全国の今はなきグランドキャバレーやナイトクラブでショーを繰り広げる。優勝を機に2003年からLAに移住。2011年よりベルリンへ移住。ヨーロッパ中にバンブー旋風を持ち込む。最近では荒俣宏様の応援を受け、自叙伝『エロチカバンブーのちょっとだけよ❤』 を出版。地味で奥手な美大生がどうやって一人海外へ出たの?無くなってしまった日本のキャバレー文化、ヤクザ屋さんから皇室関係、ハリウッドセレブなど幅広いお客さんを沸かせた半世紀自叙伝❤ 生涯現役を目指す。 ショーの旅は続くよ!ベルリン、東京、世界在住。
 

  • オープニングイベント詳細

■日時:2022年11月18日(金)18:00開場/19:00開始/23:00終了
■場所    
 ①東京・築地会場:築地魚政/築地ペッパーズカフェ(東京都中央区築地4丁目10−8)
 ②大阪・中津会場:西田ビル(大阪府大阪市北区中津3丁目10−4)
 ③メタバース会場:Peatix申込み後、URL発行(https://nakatsuverse.peatix.com/)
 ※メイン会場となる大阪・中津会場(西田ビル地下駐車場)では、大阪・関西万博公認イベントである中津万博の開催期間(11月14日〜20日)に合わせ、誰でも参加可能なメタバース体験ブースを公開実験。
イベント当日(11月18日)は、地下駐車場がバーチャルスタジオをイメージした一夜限定の特別空間に様変わりし、トークイベント&パーティーを開催します。
 ※中津メイン会場とメタバース会場は、一般参加可能になります。
■監修・エレメントプロダクト開発:隈研吾建築都市設計事務所
■共催・特別協力:西田工業株式会社
■主催・総合プロデュース:東邦レオ株式会社
■主役:中津のみなさま
■デジタルプロデュース:COSMIC LAB
■ワールドビルディング:O Ltd.
■メタバースプロデュース:Any inc.
 
*******

【会社概要】
東邦レオ株式会社 (大阪市中央区上町1-1-28)
代表取締役社⾧:吉川稔
緑地空間設計のためのグリーンインフラ技術から、ライフスタイルや働き方、環境への姿勢など広義の「グリーン」を軸に事業を展開。都市におけるオフィスや集合住宅、商業施設など、人々が過ごす空間を対象としてハードとソフト両面から街づくりへ技術力と編集力で貢献します。計画からデザイン・施工・イベントといった企画運営を通じたコミュニティづくりまでを一貫して手掛けます。
https://www.toho-leo.co.jp/

株式会社NI-WA (東京都千代田区九段北1-15-9)
代表取締役社長:吉川稔
街づくりにおける各種コンサルティング、プロジェクトマネジメントをユーザーの視点から行い、空間のデザインや維持管理ならびに賑わいづくりに取り組みます。「場」を利用する人々の立場で、事業ドメインである「コミュニティ・ディベロップメント」を通じて、お客様へのソリューションを手がけます。代表例:kudan house (千代田区九段北)、青山ビルヂング(港区北青山)、父母ヶ浜(香川県三豊市)等 
https://ni-wa.co.jp
 

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

別府竹細工の魅力を全国へ!『竹のある生活2022デザインコンテスト』結果発表!

【松坂屋静岡店】これまでも、これからも、静岡と共に。松坂屋静岡店 開店90周年 開店記念ウィーク開催