in

沖縄のセレクトショップmofgmona no zakka(モフモナノザッカ)移動店や渋谷発・全国初「全国ご当地フォント展」のイベント開催!

東急株式会社が運営する高層複合施設「渋谷ヒカリエ」の8階「Creative Space 8/(クリエイティブスペース ハチ)」では2022年12月にmofgmona no zakka移動店や渋谷発・全国初「全国ご当地フォント展」など様々なイベントが開催されることをお知らせ致します。
https://www.hikarie8.com/home.shtml
  • 【 CUBE1,2,3 】

僕らが好きな器を持って 沖縄からやってきました。
ーmofgmona no zakka 移動店 東京、渋谷にてー

12/22(木)ー2023/1/9(月) 11:00-20:00(12/31は18:00まで・1/1は休館)

沖縄本島にある沖縄の器のセレクトショップ、mofgmona no zakka(モフモナノザッカ)が8/のCUBE1,2,3で「移動店」を開きます。セレクトしている商品は「作り手の存在」が感じられ、「生活の中にあってほしい」かどうかと言う視点で、日常生活に使える器を選んでいます。そこには、いわゆる「やちむん」に代表されるような伝統的な器とともに、現在進行形の沖縄の作家たちの「今」の作品も多く含まれています。
50程の作家・工房の作品を取り扱っているmofgmona no zakkaが、移動店でも賑やかに、自分たちの好きな「沖縄の器」を表現します。
Instagram:https://www.instagram.com/mofgmona/ 
【入場無料/要予約(詳細はmofgmonaのInstagramにて公開予定)】

郷愁狂想曲 ーホームシックラプソティー
12/7(水) -12/19(月) 11:00-20:00

国際的キュレーター「ART CROSS」が主催する現代美術グループ展「郷愁狂想曲(ホームシックラプソディー)」は、主に美術館所蔵レベルのアジア系やヨーロッパ系のアーティストたちと、新鋭かつ素晴らしい販売実績を上げたトレンドアーティストたちが揃って、世界各国の国境規制緩和後初の東京での美の対話プラットホームを作ります。今回は、10名のアーティストたちの作品が登場します。彼らの作品たちが秘める圧倒的なエネルギーと熱狂を、日本の皆様に体験していただければ幸いです。
【入場無料】

 

  • COURT/CUBE

渋谷発・全国初 ご当地フォント展 ーシブヤフォントが生まれた渋谷から全国に広げるソーシャルプロジェクトー

COURT(イベント)12/3(土)-12/4(日) 3日13:00-17:30、 4日11:00-17:00
CUBE(展示)12/1(木)-12/5(月) 11:00-20:00(最終日は17:00まで)

 障がいのあるデザイナーの方を支援する渋谷発の事業所による共創のアートワー ク(フォント・パターン)を日本中、世界中に届ける「ご当地フォント展」を日 本初開催します。「障がいのある人のアートワークを活用するには?」「企業価値 の向上に結びつけるには?」社会貢献にとどまらない多彩なソーシャルインパクトをぜひ感じてください。COURT では現地とオンライン視聴可能なイベントを、CUBE では展示を行います。 
webページ:https://www.gotouchifont.jp/event001/
【入場無料/COURTイベントはリアル・オンライン共に要予約(webにて)】
 

  • 【 COURT 】

WIRED CREATIVE HACK AWARD 2022 最終審査会&授賞式
12/1(木) 13:00-21:00 (13:00-17:30のみ一般開放)

今年10回目を迎える「WIRED CREATIVE HACK AWARD」は、既成概念を打ち砕く(=ハックする) ことから生まれる 「野心的なヴィジョン」と、 「国や地域にとらわれずに活動するためのビジネスマインド」を重視する、 『WIRED』主催による次世代クリエイターのためのアワードです。日本のクリエイティヴシーンの「いま」に対して問題意識をもちつつも、クリエイティヴの可能性を信じて止まない「次代の逸材」をネクストステージへと送り出すべく開催をしています。本アワードのファイナリストによる最終プレゼンテーション審査と授賞式を行います。
公式HP:https://hack.wired.jp/
【入場無料】

瀬戸ツクリテの手仕事 in 渋谷ヒカリエ
12/9(金)-12/11(日) 9日13:00-20:00、10日11:00-20:00、11日11:00-18:00

「せともの(瀬戸物)」にその名を刻む陶都・瀬戸。この地にしかない良質な土・森・山・川が、千年以上に亘りものづくり文化を育んできました。やきものづくりからはじまった精神が、いまはガラス工芸、木工芸へと広がり、いまを生きる現代のツクリテにつながっています。作ること、そして、暮らしに向き合い、瀬戸のものづくり文化の延長線上にいる8名のツクリテによる展示販売会です。背景にある伝統に新しい感性が吹き込まれた手仕事と、それを作り出す彼らに、ぜひ会いにきてください。
【入場無料】

第陸回シブヤモダンソフビマーケット
12/17(土)-12/18(日) 12:00-19:00

近年、アジア圏を中心に玩具店で販売されている玩具としての「SOFT VINYL(ソフビ)」とは異なる価値観の「ART SOFVI(アートソフビ)」と呼ばれる作品が注目されています。2020年12月に第一回を開催しました「モダンソフビ マーケット」も第陸回。今回は土日で出展者を入れ替えて開催。展示即売会だけでなく、ソフビペイントワークショップ、プレゼント抽選会なども開催し、1日中楽しめるイベントです。
webページ:https://ameblo.jp/modernsofvi/
【入場無料/12:00-13:00事前予約・13:00~フリー入場(申込詳細はwebにて)】

光岡さんと非公開打ち合わせ
12/19(月) 19:00-21:00

活動の舞台の1つに街の路上を選んでいる若手のパフォーマーやクリエイターの様子をドキュメントしつつ、面白いことを自分たちでつくっていこうとしている人たちの喜びや苦労を分かち合う「面面(面白いことはほとんど面倒くさいなぁの略)」によるイベント。今年9月に開催した「光岡さんと公開打ち合わせ」を経て、今回は「非公開」打ち合わせと称して、当日は秘密の時間(内容に関する撮影もSNSの発信もNG)をみなさんと一緒に共有します。
webページ:https://omoomo.org/
【要予約(料金や詳細はwebにて)※キャンセル待ち受付中】

「論破しない」で総括する激動の2022年 ー渋谷セカンドステージSPECIALー
12/23(金) 19:30-21:30

「渋谷セカンドステージ」では、渋谷ヒカリエ 8/COURTを舞台に、PLANETSと東急株式会社が共同で、渋谷から新しい文化を発信することをテーマに様々なトークショーを開催しています。今回は2022年の時事総括を行います。ウクライナ戦争の勃発や、国内では安倍晋三元首相の暗殺など、政治的には激動と言える2022年。コロナ禍がもはや常態化したなかで、11月にはTwitter社の買収など、身近な領域でも大きな変化が起き始めたこの1年を、(誰かを論破することなく)総括します。
webページ:https://shibuya2nd1223.peatix.com/
【要予約(料金や詳細はwebにて)】
 

  • 「Creative Space 8/(クリエイティブスペースハチ)」とは

多目的に使える「COURT」を中心に、強い意志をもったコミッティメンバーが集まり、ギャラリー、ショップ、カフェ、シェアオフィスを運営しています。渋谷らしいこと、交流すること、続けること、編集していくこと、人を育てること…。これらのキーワードを意識して、ゆるやかに重なり合い、つくられていく力にクリエイションが響き合い、サロンのようにひとびとが集まる場所を目指しています。

◆公共交通機関からのアクセス
JR線・京王井の頭線「渋谷駅」と2階連絡通路で直結。
東京メトロ銀座線「渋谷駅」と1階で直結。
東急東横線・田園都市線・東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」B5出口と直結。

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

株式会社STANDAGEとのビジネスマッチング契約締結について

MOA美術館、非公開エリアの光琳屋敷内部拝観も含む特別ガイドが楽しめる宿泊プラン、本日販売開始