in

国際現代美術展「岡山芸術交流2022」|参加作家 全28組(13カ国)決定。作品展示計画概要固まる。

 岡山芸術交流実行委員会(会長:大森雅夫 岡山市長、事務局所在地:岡山県岡山市)は、岡山市の中心部、岡山城・岡山後楽園周辺エリアで開催する「岡山芸術交流2022 Do we dream under the same sky」(2022年9月30日(金)~11月27日(日)までの51日間)について、新たに3組の作家を加え最終の参加作家を28組(13カ国)で決定するとともに、作品展示計画の概要を固めましたので、お知らせします。

 

 今回新たに参加決定したのは、地元の老舗ライブハウス「PEPPERLAND」、ファッションブランド「OVERCOAT」、備前焼の伊勢﨑州らのグループの3組です。これにより、全参加作家は、アーティスティックディレクター、リクリット・ティラヴァーニャ氏が選定した22組(本人除く)のアーティストを軸に、氏以外の視点も取り入れた有機的な展覧会を目指して加えた、イベント2組、グループ2組、パフォーマンス1組の全28組となりました。

 作品は、今回新たに会場となる岡山天満屋、岡山後楽園を含み、岡山城を中心とした徒歩圏にある10会場に60点超を展示します。

 岡山県天神山文化プラザに、22組のアーティストの作品を展示するインデックス展示をはじめ、リニューアル工事中の岡山城に、池田亮司による「人間と宇宙の融合」をコンセプトとした映像を、巨大なLEDスクリーンで展開するなど、街歩きしながらアートを楽しんで頂けるよう構成しています。

 

 メイン会場である旧内山下小学校は、校庭を無料ゾーンとするとともに、教室や体育館等で参加性のある展示展開を行い、本展の中心となるコミュニティゾーンと位置づけています。

 校庭では、本展として初めてクラウドファンディングを活用したリクリット・ティラヴァーニャの芝生のアート作品を展開します。また体育館には、金沢21世紀美術館のコレクションとしても知られる曽根裕のユニークな滑り台の彫刻作品「アミューズメント・ロマーナ」と、大理石のステージで実際に演奏もできるリクリット・ティラヴァーニャの「Untitled 2017 (Oil Drum Stage)」という参加型の作品を設置。日本初公開となる「Untitled 2017 (Oil Drum Stage)」は、曽根裕、大和田俊らが本展のために結成したUntitled band(Shun Owada and friends)や、写真家であり音楽評論家でもある能勢伊勢雄氏が主宰するライブハウス「PEPPERLAND」のコーディネートにより、会期中、140組を超えるバンド等が連日多様なパフォーマンスを展開します。

 

旧内山下小学校校庭 芝生のアート作品イメージ  旧内山下小学校 体育館 オイルドラムステージ

旧内山下小学校 体育館 曽根裕の作品         岡山城 池田亮司の映像作品 ※16~21時

 

[クレジット]

左上)tiravanijaoffice

右上)Rirkrit Tiravanija, Untitled 2017 (Oil Drum Stage) / Tommy Simoens, Antwerp / Jonas Lampens

左下)Yutaka Sone, Amusement Romana, 2002 / wood, paint, FRP [H400×W1650×D1025cm] / Collection: 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa / Photo: KIOKU Keizo

右下)Ryoji Ikeda, data.flux [LED version]audiovisual installation, 2021 / ©ALTERNATIVE KYOTO 2021 Imagination as a Form of “Capital”

 

 

 併行して今回は、これまで以上に、地元や子どもたちにアートに触れて頂きたいとの思いから、パブリックプログラムにも注力しています。開幕日の午後に約10名のアーティストが登壇する「アーティストトーク」を実施するのをはじめ、小学生がナビゲーターを務める「子どもナビと楽しむアートツアー」や、学生グループが研修を受け本展を独自取材して作成する壁新聞を商店街に掲示する「ジャーナルプロジェクト」など、多彩なプログラムを展開します。なお、その内の1つである「一般公募企画」から、近日、新たな実施事業が決定する予定です。(6企画。確定次第、改めてご案内いたします。)

 

 

 

1.全参加作家一覧

アーティスト23

 

アーティスト名(⽇/英) 出⽣地(活動国)
1

リクリット・ティラヴァーニャ/Rirkrit Tiravanija *

 *リクリット・ティラヴァーニャは本展のアーティスティックディレクターです。

タイ
2

ラゼル・アハメド/Rasel Ahmed

アメリカ
3

アート・レーバーとジャライ族のアーティストたち/Art Labor in collaboration with Jrai artists

4

王兵(ワン・ビン)/Wang Bing

中国
5

ダニエル・ボイド/Daniel Boyd

オーストラリア
6

リジア・クラーク/Lygia Clark

ブラジル
7

アブラハム・クルズヴィエイガス/Abraham Cruzvillegas

メキシコ
8

円空/ENKU

⽇本
9

池⽥亮司/Ryoji Ikeda

⽇本
10

⽚⼭真理/Mari Katayama

⽇本
11

ミー・リン・ル/My-Linh Le

アメリカ
12

デヴィッド・メダラ/David Medalla

フィリピン
13

アジフ・ミアン/Asif Mian

アメリカ
14

プレシャス・オコヨモン/Precious Okoyomon

イギリス
15

フリーダ・オルパボ/Frida Orupabo

ノルウェー
16

ヴァンディー・ラッタナ/Vandy Rattana

カンボジア
17

バルバラ・サンチェス・カネ/Bárbara Sánchez-Kane

メキシコ
18

笹本晃/Aki Sasamoto

⽇本
19

ジャコルビー・サッターホワイト/Jacolby Satterwhite

アメリカ
20

島袋道浩/Shimabuku

⽇本
21

曽根 裕/Yutaka Sone

⽇本
22

アピチャッポン・ウィーラセタクン/Apichatpong Weerasethakul

タイ
23

梁慧圭(ヤン・へギュ)/Haegue Yang

韓国

イベント2

24

【新】ペパーランド/PEPPERLAND

日本
25

ゲルト・ロビンス/Gert Robijns

ベルギー

グループ2

26

【新】オーバーコート/OVERCOAT

27

【新】伊勢﨑州(備前焼)・スミス 一三省吾・木口 ディアンドレ(烏城彫)/ Shu Isezaki (Bizen)・Smith Ethan Shogo・De’Andre Kiguchi (Ujo Bori)

パフォーマンス1

28

Untitled Band (Shun Owada and friends)

 

2.展示構成概要  

会場 アーティスト/作家 作品例

旧内山下小学校

リクリット・ティラヴァーニャ

ダニエル・ボイド

ミー・リン・ル

アジフ・ミアン

プレシャス・オコヨモン

バルバラ・サンチェス・カネ

笹本晃

島袋道浩

曽根裕

アピチャッポン・ウィーラセタクン 

片山真理

ヴァンディー・ラッタナ

【イベント】

ペパーランド

ゲルト・ロビンス

【グループ】

オーバーコート

伊勢﨑州(備前焼)・スミス 一三省吾・木口 ディアンドレ(烏城彫)

【パフォーマンス】

Untitled Band (Shun Owada and friends)

・インスタレーション作品

・パフォーマンス作品

・彫刻作品

・ペインティング作品 

など約25点

岡山県天神山文化プラザ

ラゼル・アハメド

アート・レーバーとジャライ族のアーティストたち

王兵(ワン・ビン)

ダニエル・ボイド

リジア・クラーク

アブラハム・クルズヴィエイガス

円空

池田亮司

片山真理

ミー・リン・ル

デヴィッド・メダラ

アジフ・ミアン

プレシャス・オコヨモン

フリーダ・オルパボ

ヴァンディー・ラッタナ

バルバラ・サンチェス・カネ

笹本晃

ジャコルビー・サッターホワイト

島袋道浩

曽根裕

アピチャッポン・ウィーラセタクン

梁慧圭(ヤン・へギュ)

・index展

・インスタレーション作品 など約25点

岡山市立オリエント美術館

ラゼル・アハメド

リジア・クラーク

円空

フリーダ・オルパボ

梁慧圭(ヤン・へギュ)

・インスタレーション作品

・彫刻作品 など5点

シネマ・クレール丸の内

王兵(ワン・ビン)

アピチャッポン・ウィーラセタクン

・映像作品 2点

林原美術館

デヴィット・メダラ

王兵(ワン・ビン)

アート・レーバーとジャライ族のアーティストたち

・インスタレーション作品 など3点

岡山後楽園

デヴィット・メダラ

・立体作品

・平面作品 など約5点

岡山神社

梁慧圭(ヤン・へギュ)

ミー・リン・ル

アブラハム・クルズヴィエイガス

・インスタレーション作品 など3点

石山公園

梁慧圭(ヤン・へギュ)

・立体作品 など

岡山城

池田亮司

・映像作品

岡山天満屋

片山真理

・写真作品

注)岡山芸術交流2022では、※印を「作家」と表記・呼称し、※印以外=アーティスティックディレクター選定による「アーティスト」と区分して表記・呼称しております。

 

 

参考:新参加決定 作家プロフィール

●ペパーランド/ PEPPERLAND

ライヴハウスという存在が全国でも珍しかった黎明期の1974年に設立。アンディ・ウォーホルの映像作品に登場する「エクスプローディング・プラスティック・イネヴィタル」のような場所をつくろうとスタートし、岡山にライヴ文化を定着させた老舗である。設立当時から音楽と共に映画、演劇、講演会、ポエトリー・リーディング…など、あらゆる文化領域を横断・接続・混淆する活動を重視してきた。次の時代のビジョンを連れてくる最も早いメディアが音楽であり、ジャンルにこだわらず若い感覚に宿る衝動を尊重し、受け止め、深め育てる姿勢を貫き通している。音楽を通じて「社会彫刻」するシチュアシオニスト的活動を尊重し、店内にはヨーゼフ・ボイスのシャツとサイン入り写真が展示されているライヴハウスは類例をみない。

 

能勢伊勢雄(のせ・いせお) 写真家・美術展企画・音楽評論家。

1947年生まれ。Live House PEPPERLANDを主宰(1974年~)し、脱領域的活動を展開する一方で、阿木譲の『Rock Magazine』に1983年から廃刊まで編集・執筆でかかわる。主な展覧会では岡山・倉敷市連携文化事業『スペクタル能勢伊勢雄1968-2004』展開催。水戸芸術館『X-COLORグラフィティ in Japan』展企画(2005)。奈義町現代美術館『能勢伊勢雄写真展-MORPHOLOGY・遊図・PORTOGRAPHの世界-』展開催(2013)。大分県立美術館『OPAM×能勢伊勢雄シアター・イン・ミュージアム』(2016)…など多数。講演会ではアートビオトープ那須「山のシューレ」講師(2009-)京都国際映画祭講師(2015-)…など多数。また銀塩写真家集団Phenomenaを結成(2008-)し、50年以上の歴史を持つ東京「美學校」の公認校「美學校岡山校」を開校する(2010-)。また書物ではdisk union社より『新・音楽の解読』(2013)。赤々舎刊・写真集『ISEO NOSE:MORPHOLOGY 能勢伊勢雄:形態学』(2014)刊行…など著作・評論等多数。2018 年福武教育文化振興財団より「福武文化賞」受賞。慶應義塾大学アート・センター収蔵作家。

Photo by Live House PEPPERLAND

 

●オーバーコート/ OVERCOAT

OVERCOAT(オーバーコート)はNY在住の大丸隆平(1977年福岡生まれ) が2015年に創立したファッションブランド。「Wearing New York( ニューヨークを着る)」というコンセプトで、特にショルダーラインに工夫が凝らされており、サイズ、ジェンダーそしてエイジからも解放されたものづくりを目指している。コレクションは日米を中心とする主要百貨店やコンセプトストアで展開され、アート業界などクリエーティブ層からの支持も高い。

 

●伊勢﨑州(備前焼)・スミス 一三省吾・木口 ディアンドレ(烏城彫)

Shu Isezaki (Bizen)・Smith Ethan Shogo・De’Andre Kiguchi (Ujo Bori)

伊勢﨑州/1996年生まれ/岡山県にて活動

木口 ディアンドレ/1998年生まれ/米国に生まれ岡山県にて活動

スミス 一三省吾/1998年生まれ/岡山県にて活動

 

備前焼は岡山県備前市を代表的な産地とする。釉薬を用いることなく高温にて焼き締める手法が特徴とされる。日本六古窯のなかで最も古い歴史を有する備前焼はルーツを古墳時代に遡るという。伊勢﨑州は備前焼の作家、伊勢﨑競を父とし、海外留学や調理師学校での経験を積んだ後、父の窯にて修行を始めたばかりである。

烏城彫とは1925年、彫刻家の木口九峰によって始められた木彫。繊細な彫りと写実的な表現を特徴とする漆器工芸品である。烏城彫の名称は、岡山城の別名を「烏城」ということに由来して木口自らと名付けたという。分業による高い技術力で作りだされる烏城彫は、岡山の誇る特産品となっている。                       

木口 ディアンドレとスミス 一三省吾は若い烏城彫職人として伝統と現代の融合に取り組んでいる。

 

 

 

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

とは?

TOKYO MIZUHIKI 2022 Autumn Collection 発表

初音ミク楽曲「千本桜」10周年記念コラボホテルに伝統工芸蒔絵の美しい調度品が登場!!