in

躍動感ある滝の水しぶきを蒔絵で表現した“OCEANUS”

カシオ計算機は、「Elegance, Technology」をコンセプトとした“OCEANUS(オシアナス)”より、薄型の美しいフォルムを追求した“OCEANUS Manta(オシアナス マンタ)”シリーズの新製品として、日本の伝統工芸である蒔絵(まきえ)※を時計ベゼルに採用し、水しぶきが舞い美しく輝く滝の情景を表現した限定モデル『OCW-S5000MB』を10月14日に発売します。
※ 日本の伝統工芸のひとつで、器の表面に細い筆を使い漆などで絵を描き、乾ききる前に上から金や銀などの金属粉をまきつけて模様をあらわす技法。

OCW-S5000MBOCW-S5000MB

『OCW-S5000MB』は、昨年に発売した蒔絵モデル同様、京蒔絵師の下出 祐太郎氏による制作・監修のもと、ベゼルのサファイアガラスに蒔絵を施した薄型メタルウオッチです。
プラチナ紛をベゼルの12時から6時方向に縦のライン上にまき、滝の水が勢いよく流れ落ち舞い上がるしぶきを表現しています。プラチナ粉をグラデーションのようにまく「蒔きぼかし」と、その粉が付かない部分をあえてつくる「抜き描」という2つの技法を組み合わせた文様は、下出氏が本モデルのために「蒔きぼかし抜描瀧文(まきぼかし ぬきがきたきもん)」と命名しました。また、ベゼルを斜め45度に傾けブルーからブラックに変わるグラデーション蒸着を施すことで、蒔絵に躍動感を持たせています。文字板には、鏡面仕上げを施した白蝶貝を縦のライン状に配し、滝つぼにきらきらと流れ落ちる水を表現しました。
“OCEANUS”のブランドカラーであるブルーの美しさと蒔絵の技法の融合により、水の躍動感をイメージした華やかで上質なモデルに仕上げています。

機能面では、電波受信機能に加え、Bluetooth®通信を使用したスマートフォンリンクによる時刻修正機能を搭載し、場所を問わず正確な時刻を表示します。また、対応アプリ「CASIO WATCHES」でワールドタイムの時刻を約300都市から簡単かつ直感的に設定できるなど実用性の高さも備えました。

 

型番 メーカー希望小売価格 発売日 販売個数
OCW-S5000MB 275,000円(税込) 10月14日 1,200個

 

OCW-S5000MB OCW-S5000MB

蒔絵を施したサファイアガラスベゼル 蒔絵を施したサファイアガラスベゼル 

文字板に縦に配した白蝶貝文字板に縦に配した白蝶貝

【下出祐太郎氏】

1955年、京都市生まれ。
1912年(明治45年)創業の蒔絵工房「下出蒔絵司所」3代目。
伝統工芸士、学術博士、京都産業大学名誉教授。
伝統技法を受け継ぎ、神祇調度蒔絵、御神宝制作に携わる。
京都迎賓館ではプラチナ蒔絵調度品「悠久のささやき」等を制作。
蒔絵作品の創作や文化財の保存修理・復元を手掛け、
漆芸の研究、漆や文学の講演、執筆活動等に取り組む。

 

※Bluetooth® ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、カシオ計算機(株)はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

「GEMBAモノヅクリエキスポ2022」開催決定!石川県小松市内35の事業者が参加。50の見学・体験コンテンツが楽しめる!その道の職人と共に、ものづくりに没頭できる4日間。

伝統工芸の次なる“定番”を創る「高岡伝産デザインマッチング」の公募開始。デザイナーと職人のマッチングで新商品開発を目指すプロジェクト