in

東京国立博物館創立150年記念 特別企画「未来の博物館」にキヤノンが協賛 国宝の高精細複製品とデジタル技術が融合した鑑賞体験を提供

キヤノンは、東京国立博物館創立150年記念 特別企画「未来の博物館」(会期:2022年10月18日(火)~12月11日(日))の第2会場(東京国立博物館 本館/特別3室)で開催される「四季をめぐる高精細複製屛風」に協賛します。今回展示する高精細複製品は、オリジナル文化財の保存と高精細複製品の活用を目的としたキヤノンの社会貢献活動「綴プロジェクト」(正式名称:文化財未来継承プロジェクト)の技術を用いて制作した作品です。

キヤノンが協賛する「四季をめぐる高精細複製屛風」のキービジュアルキヤノンが協賛する「四季をめぐる高精細複製屛風」のキービジュアル

「未来の博物館」は、東京国立博物館の所蔵品を元に制作したデジタルコンテンツ、高精細複製品などで構成する体験型の展覧会です。キヤノンが協賛する「四季をめぐる高精細複製屛風」(第2会場)では、日本の美しい四季を表現した国宝4作品「花下遊楽図屛風」「納涼図屛風」「観楓図屛風」「松林図屛風」の高精細複製品に、各作品に描かれた季節をテーマとした映像を投影するプロジェクションマッピングを実施します。オリジナルの文化財では難しい、作品とデジタル技術との融合と、間近での鑑賞を実現し、あたかも屛風の中を歩いているかのような鑑賞体験を提供します。

今回展示する高精細複製品は、キヤノンと特定非営利活動法人 京都文化協会が共同で行う「綴プロジェクト」および、キヤノンと独立行政法人国立文化財機構 文化財活用センターが「綴プロジェクト」の技術を用いて行う「高精細複製品を用いた日本の文化財活用のための共同研究」の一環で、2018年から2020年にかけて制作したものです。

「綴プロジェクト」では、キヤノンの入力、画像処理、出力に至る先進のデジタル技術と、京都伝統工芸の匠(たくみ)の技との融合により、屛風や襖絵、絵巻物など日本古来の貴重な文化財に限りなく忠実な高精細複製品を制作し、オリジナルの文化財を所蔵する社寺や博物館などへ寄贈しています。これまでに制作、寄贈した全56点の高精細複製品は、鑑賞の機会が限られるオリジナルの文化財に代わって、寄贈先で一般公開されたり、学校教育の場でも活用されています。

〈キヤノンが協賛する「四季をめぐる高精細複製屛風」について〉
展示内容、開催概要などの詳細は、下記プレスリリースページよりご参照ください。
https://global.canon/ja/news/2022/20220928.html

〈「綴プロジェクト」について〉
「綴プロジェクト」の概要や、キヤノンのフルサイズミラーレスカメラや大判プリンター、高精度なカラーマッチングシステムなどを用いた高精細複製品の制作プロセスなどの詳細については、下記ホームページをご参照ください。
「綴プロジェクト」ホームページ https://global.canon/ja/tsuzuri

* 東京国立博物館創立150年記念 特別企画「未来の博物館」に関する詳細は、東京国立博物館・文化財活用センターのプレスリリースおよび「未来の博物館」特設WEBサイト(https://cpcp.nich.go.jp/mirai2022)をご参照ください。

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

地下道ウインドウに、時代祭の装束や小物が登場!「時代祭装束展2022」<大丸京都店>

倉庫に文化に 光を当てれば、『パスザバトンマーケット Vol.9』2022年10月8日(土)〜9日(日)、コクヨ東京品川オフィス「THE CAMPUS」で開催。