in

【石川県能美市】「第7回九谷ぬり絵コンテスト展覧会」開催中!

能美市が過去6年連続で実施し、毎年力作が集まり、人気を博している「九谷ぬり絵コンテスト」の作品展覧会が開催中です。
7回目となる今回のコンテストでは4歳から99歳、全国各地をはじめ、ロシア、イギリス、台湾からも応募がありました。
◆作品について
第7回のお題は、九谷ぬり絵コンテスト史上初の人物が描かれた、綿谷平兵衛 製、松岳 画(わたたにへいべえ せい、しょうがく が)「彩色金襴 源頼朝公放鶴図大花瓶(さいしょくきんらん みなもとのよりともこうほうかくずだいかびん)」です。

◆詳細
【展覧会】
ご応募いただいた1,135点すべての作品を観覧いただけます。
展示場所:KAM能美市九谷焼美術館|五彩館|1階ロビーギャラリー、紫の間
期間:令和4年12月17日(土)~令和5年1月22日(日)
開館時間:9:00~17:00(受付終了は16:30)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日休館)、年末年始(12月29日~1月3日)
九谷ぬり絵コンテスト展覧会のみ観覧の場合、入館料はかかりません(入館の際にお伝えください)。

また、12月17日(土)にKAM能美市九谷焼美術館|五彩館|にて開催された表彰式で、グランプリ1名、準グランプリ2名、部門賞6名の計9名が表彰されました。

                      グランプリ作品

◆お問合せ
能美市産業交流部観光交流課
〒923-1198 能美市寺井町た35番地
TEL:0761-58-2211 FAX:0761-58-2297
E-mail:kankou@city.nomi.lg.jp
 

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

「合同会社Oriori」から山形県の伝統工芸品「米織」の残糸を使用したピアスがtells marketに登場

『五等分の花嫁∬』より日本伝統工芸の「蒔絵(まきえ)」 を施したしおり、メモ帳、手鏡、爪切り&爪やすりセットが登場!12月27日(火)より発売開始