in

セガトイズ、ASMRで地方創生を盛り上げる「EMOCAL(エモーカル)」プロジェクトに玩具メーカーとして初参画―家庭用プラネタリウム『ホームスター』に、小田原・静岡で生収録の環境音を搭載―

株式会社セガトイズ(本社:東京都品川区、社長:宮崎奈緒子、以下セガトイズ)は、ASMR
で地方創生を盛り上げる「EMOCAL」プロジェクトに玩具メーカーとして初参画します。今回の「EMOCAL」プロジェクトでは、小田原市と静岡市の6箇所の環境音を収録。家庭用プラネタリウム『Homestar(ホームスター)』に環境音を収録することで、まるで現地に出向いたかのような観光DXを味わうことができる特別な商品が誕生したことをお知らせします。
  • ASMRで地方創生を盛り上げる「EMOCAL(エモーカル)」プロジェクトに参画

「EMOCAL」プロジェクトとは、その地域でしか聞くことのできない魅力的な音と、風景を全国へ発信する地域応援プロジェクトです。各地の音と風景を用いたASMR動画を通して地域の魅力を発信し、地方が抱えている問題解決や、自然災害で被害を受けた地域の支援を目的として活動しています。新型コロナウィルスまん延により外出が難しくなった今、音を通じて地域の持つ魅力を再発見することができる、「EMOCAL」プロジェクトに、セガトイズは賛同し玩具メーカーとして初の参画します。

 

  • 地域の“環境音”をデータ化し搭載することで、あらたなる「観光DX」体験を提供

日本初*1の星の瞬き機能を搭載した家庭用プラネタリウム『Homestar』は、天候に左右されることなく自宅で満天の星を体験することができます。さらに、山、川、海のサウンドを再生することで、室内にいながら大自然にいるような感覚を味わえる家庭用プラネタリウムです。今回、「EMOCAL」プロジェクトとして静岡県静岡市、神奈川県小田原市において収録した環境音を家庭用プラネタリウム『Homestar』に実装しました。環境音をデータ化し、実装することで新しい「観光DX」の形へと昇華させました。環境音は、現地での原音を生収録のため、あらゆる外的要因を避け収録しています。絶好のポイント、タイミングで収録した環境音を、満天の星と共にお楽しみいただけます。

  

  • 『Homestar』×「EMOCAL」コラボキャンペーン本日開始

新しい観光DXの形として登場する限定の『Homestar』を、コラボキャンペーンの景品として提供します。ご自宅の天井いっぱいに広がる満天の星と、地域の環境音を堪能しながら、お取り寄せいただいた名産品に舌鼓を鳴らすなど、臨場感のある贅沢な観光DX体験を味わえます。
■キャンペーン概要
・Twitter フォロー&リツイートキャンペーン(ホームスター公式&EMOCALプロジェクトを相互フォロー)
■商品:オリジナルのホームスターと原板(紅環日食)のセットを3名様にプレゼント
■期間:2022年4月5日(火)12:00 ~ 2022年4月19日(火)23:59参考資料:収録の環境音
 

  • 小田原市:柏木美術鋳物研究所(山)

小田原の鋳物業は室町時代に関東を治めた北条氏の庇護の元、発展してきました。江戸時代には宿場町として繁栄した小田原宿の需要に応える形で盛んに生産されました。近代に入ると大量生産の波に押され徐々に衰退していきますが、その技術は「工芸鋳物」として受け継がれています。現在は「柏木美術鋳物研究所」一軒がその伝統を受け継ぎ、風鈴やおりん、鈴などの鳴物(なりもの)を中心に、茶道具、花器なども製作しています。中でも『砂張(さはり)』という特殊な銅合金を材料とした鳴物は極上の音を奏でます。しかし砂張の加工は大変難しく、全国でも扱える工房は数カ所と限られています。

 

  • 小田原市:いこいの森(川)

歴史が残る城下町、箱根外輪山の麓、森の中を清流がせせらぐ自然豊かなキャンプ場です。都心から車で1時間、最寄りICから5分でアクセス可能の好立地で、箱根湯本の温泉街へも車で10分。近隣にはお子様が遊べる「小田原こどもの森わんぱくらんど」やジップラインなど大人も遊べる「フォレストアドベンチャー小田原」もあり、ファミリーで楽しめる環境です。

 

  • 小田原市:小田原漁港(海)

小田原漁港は漁場が近いこともあり鮮度の高い魚が水揚げされております。
港の周辺ではその日漁港で獲れた新鮮な魚を扱うお店や休憩スポットなどもあり充実しております。

 

  • 静岡市:朝鮮岩(山)

静岡市にある山の稜線状の小ピークになります。朝鮮岩とありますが名前にあるような岩があるわけではありません。この場所は景勝地として知られ、山々や駿河湾を一望できるスポットになっています。夜には夜景や条件がそろえば富士山も見渡せるスポットになっていてハイキングコースにもなっております。

 

  • 静岡市:有東木(川)

有東木はワサビが有名でわさび発祥の地とされています。その由来は江戸時代初期頃山に自生したワサビを移植し栽培を始めたことがきっかけと言われております。今では、有東木には「ワサビ山」と呼ばれるほど大きなワサビ田があります。

 

  • 静岡市:三保の松原(海)

三保の松原は景勝地として有名で松林の木々や打ち寄せる波の光景は多くの芸術家たちの浮世絵や和歌などにも記されています。さらに羽衣伝説の舞台としても知られ浜に天女が舞い降りて羽衣をかけたとされる羽衣の松などもあります。

  •  EMOCALプロジェクト概要

名称      :地域応援プロジェクト「EMOCAL」
公式ページ   :https://catchystuck.jp/emocal/
動画公開先   :ZOWA  https://zowa.app/rtist/105393
         YouTube  https://www.youtube.com/c/CatchyStuck
         ニコニコ動画 https://ch.nicovideo.jp/catchystuck ほか
企画・制作:ZOWA(株式会社viviON)
権利表記: ©viviON, inc./ZOWA/CatchyStuck/EMOCAL Project

  • ASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)とは?

ASMRとは人が、視覚や聴覚からの刺激によって感じる心地よさや、脳がぞわぞわするような反応や感覚をあらわす言葉です。リンゴなどのサクサクとしたものをだべる咀嚼音や、キーボードの打鍵音、焚火の音などを聞くと頭や背筋がぞわぞわする心地よい音が代表的となります。個人によって差がありますが、これらの要素を盛り込んだ音を視聴することでリラックス効果などが得ることができるとして注目を集めています。
 

  • 【HOMESTARシリーズとは】

2005年7月、プラネタリウム・クリエーターの大平貴之氏が監修し、世界初の光学式家庭用プラネタリウムとして発売を開始。天候に左右されず、いつもの自宅にいながらスイッチひとつで圧倒的な星空空間を楽しめる商品です。オーロラが投影できるシリーズやキャラクターやアーティストとのコラボレーション、お風呂でも使用できるシリーズなど多くの話題商品を販売、発売から10周年となった2015年には販売台数が100万台を突破しました。現在、40を超える国と地域で販売しており、2021年4月には、販売台数170万台を突破しました。

(*1) 日本国内で販売されている光学式タイプ(レンズ式投影)の家庭用プラネタリウム製品として、日本で初めてとなる機能(当社調べ2021年8月5日時点)
 

  • 商品情報

・商品名:『Homestar(ホームスター)』
・同梱内容: 本体、専用恒星原板2枚、専用効果原板1枚、専用ACアダプター、レンズキャップ、取扱説明書兼保証書
・商品サイズ:幅165×高162×奥160㎜
・素材:本体:ABS、PC、EVA、ガラス、PE  原板:アクリル ACアダプター:PC+ABS、PVC
・対象年齢: 15才以上
・価格: 14,300円(税込)
・発売日: 2021年8月12日(木)
・著作権表記:©SEGATOYS
・販売流通:玩具専門店、量販店、雑貨販売店、通信販売、セガトイズECサイト「セガトイズ.com」など
・商品詳細ページ https://www.segatoys.co.jp/homestar/

                         ***

セガとセガロゴは株式会社セガまたはその関連会社の登録商標です。
SEGA and SEGA logo are registered trademarks of SEGA Co., Ltd. or its affiliates.

 

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

【京都岡崎 蔦屋書店】現代アーティスト・天野タケルの作品展示を4月9日(土)より開始。描き下ろし新作ペインティングも公開。

「音の風景」で地方創生! 地域応援プロジェクト『EMOCAL』第6弾・静岡市と第7弾・小田原市の動画を公開。『EMOCAL』の音を採用した特別な家庭用プラネタリウム「ホームスター」がセガトイズより登場