in

4月18日『お香の日』に、日本の香り文化の伝統と技術の精華を詰めた、香りの玉手箱『銀座香箱』新発売

日本最古の香木記録は『日本書紀』、推古3年4月、淡路島に沈香一木が漂着するという奇跡の記述に始まります。ときの摂政・聖徳太子にも献上されたという香木。このことにちなみ、4月18日は『お香の日』とされています。日本香堂ホールディングスは、この記念の日に飛鳥時代に遡る伝統技術と極上の香原料を用い、時空を越える香りの玉手箱『銀座香箱』を発売します。
https://ginza-kohbako.nipponkodo.co.jp/

『銀座香箱』外観『銀座香箱』外観

2021〜22年は、聖徳太子の1400年忌。そして、生誕1450年にあたる特別な年。

『銀座香箱』は、聖徳太子の人間らしさに光を当て、“太子の初恋”というこれまでにないテーマをもとに開発いたしました。
三段重ねの小箱には、一段ごとに心ときめく珠玉の香りと歴史物語で満ちています。
まず、古代の草子のミニチュア版再現に始まり、古来伝統の調香による二種のお香、真鍮削り出しの小香台、古が今につながる浄の塗香、永遠の象徴・橘に擬える香油、春の野草の花摘草(ポプリ)と、まさにタイムリープするような香ばかりです。『銀座香箱』は毎年『お香の日』に、シリーズとして発売される予定です。

 

『銀座香箱』『銀座香箱』

発売に合わせ4月17日には、オンライン講座『「和の香」ここに始まる -聖徳太子の時代と現代の香力-』を開催します。
 

 

◆『銀座香箱』商品概要

テーマは『太子の初恋』 。およそ1400年前、飛鳥時代の日本。聖徳太子が後の世に与えた影響は大きく、その一つに日本の香文化が挙げられます。その太子の人間性に光を当て、初恋の相手と目される芹摘姫(せりつみひめ)との出会いを商品にしました。
 

草子『膳手后妃事』草子『膳手后妃事』

一段目 :【草子二種】
『膳手后妃事(かしはてひめのこと)』
室町時代の説話集『三国伝記』に記された、聖徳太子と芹摘姫との出会いを綴った物語。芹摘姫は四人いた妃の中で最も寵愛されたと言われています。当時の仕様を模して再現しました。

『太子の初恋』
『膳手后妃事』の現代語に翻案した物語とその背景にある歴史・文化の解説、および太子と香の関係を記した草子。芹が豊かに茂る川辺、早春の香り、交わされた歌の美しさなど、本書に触れていただきますと、「銀座香箱」の世界観をいっそうお楽しみいただけます。
 

御香二種『太子香』、『芹摘姫香』御香二種『太子香』、『芹摘姫香』

一段目:【御香二種 各五十本】
『太子香』
聖徳太子をイメージしたお香。重量感のある沈香に白檀がやさしさを添え、甘松と貝香が艶やかに伝統を語ります。

『芹摘姫香』
芹摘姫をイメージしたお香。沈香と白檀の穏やかさに、丁子と瑞々しい芹花が心清らかに香ります。
 

香台二種香台二種

一段目:【香台二種】
聖徳太子にちなんで仏教の六道輪廻を表現した六角形の香台と、芹摘姫の柔らかなイメージを形にした球状の香台の2種類を、真鍮を削り出し丁寧に仕上げております。二種の御香を同時に焚くことで、二人の出会いをイメージした香りをお楽しみいただけます。
 

御香二種『太子の塗香』、『姫の香油』御香二種『太子の塗香』、『姫の香油』

二段目:【御香二種】
『太子の塗香』 (右)
身を清めるために手などに塗る粉末状のお香。沈香、白檀、丁子、桂皮等生薬の貴重な香木をベースとした、優しい香りが特徴です。

『姫の香油』 (左)
柑橘の橘は古くから非時香菓(一年中香りを放つ実)と呼ばれ、永遠性の象徴とされています。はじけるような柑橘と、ウッディーな香りが特徴のフレグランスオイル。三段目の「花摘香」に数滴垂らすと、さらに爽やかで心地よい香りが広がります。
 

『花摘香(ポプリ)』『花摘香(ポプリ)』

三段目:『花摘香(ポプリ)』
『膳手后妃事』によりますと、聖徳太子が芹摘姫と出会ったのは、早春の三輪川。病に伏した親のために一心に芹を摘んでいた彼女のやさしさに、太子は心をうたれたと伝えられています。その早春の春の風景を、芹や紫陽花などの日本古来の野草を中心に、霞草、千日紅などを小箱に敷き詰め、ポプリとして表現しました。
 

『銀座香箱』ビル外観『銀座香箱』ビル外観

「銀座香箱」の名は、日本香堂ホールディングスの本拠地・銀座4丁目の「銀座香箱」と呼ばれる建物にちなみました。伝統と現代、西と東、そして香道と香り。各層ごとにテーマを持つ場からの発信です。「銀座香箱」初のオリジナル商品となり、今後もシリーズとして発信する予定です。
 

************************************

クリエイティブパートナー:SUN-AD 製造協力:EW.Pharmacy

商品仕様
三段重箱サイズ/高146mm×幅90mm×奥156mm、重量約453g
御香(各50本)/直径2mm×⻑86mm
太子香 主原料/沈香・白檀・貝香・甘松
芹摘姫香 主原料/沈香・白檀・丁子・芹花
太子の塗香(約3g)主原料/沈香・白檀・丁子・桂皮等生薬
姫の香油(15ml)/フランス製 (調香香料)
花摘香(ポプリ) /高51mm×幅90mm×奥156mm

発売日:2022年4月18日
小売価格: :38,500円(税込み)
販売店:香十本店(銀座)、ESTEBAN TOKYO(銀座)、銀座三越ジャパンエディション、 築地本願寺オフィシャルショップ、香十オンラインショップ、ESTEBANオンラインショップ
発売元:株式会社 香十天薫堂
https://ginza-kohbako.nipponkodo.co.jp/

************************************

香間『暁』香間『暁』

◆座香十オンライン講座 『「和の香」ここに始まる -聖徳太子の時代と現代の香力-』(聖徳太子1400年忌、生誕1450年記念講座)概要

日本の香文化は仏教の伝来とともに始まり1500年、各時代ごとに継承と創造を繰り返し、世界でも稀な「香力」を生み出しました。祈りのための香りから、やがて平安王朝の雅な薫物文化が生まれ、武家の時代には「香道」が確立されたのです。
その礎は、聖徳太子の時代にあると考えられています。
少年太子が、死の床にある父帝のために仏に香を捧げる姿は、「孝養像」として今日に伝えられますが、香炉の香は何であったのか。貴重な渡来香木はどのように使われたのか。人々は香とどのように向きあってきたのか。古と現代、時空を超えて何が生まれようとしているのか。聖徳太子の記念の年、そして「香の日」の前日に、今に伝わる奥深い香文化の物語をお楽しみ下さい。

日時:2022年4月17日(日)14時〜15時30分
(『銀座香箱』内香間「暁」よりZOOMによるライブ配信) 当日ご都合がつかない方は、
4月19日(月)から動画での受講可(期限1週間)
講師:稲坂良比呂 (香文化研究家、劇作家)
早稲田大学演劇学科卒業。劇団文芸座、(財)現代演劇科協会を経て、CMディレクターに。1982年NY国連ホールにて「香道」実演の際構成・演出を担当。その後米国、フランスなど世界各地で香道を紹介。香文化の国内外への発信に注力。440年の歴史を持つ「香十」前社⻑。著書に『香と日本人』他がある。
会費:2,000円

申し込み:座香十ホームページからPeatixにてお申込み下さい。
https://www.koju.co.jp/thekoju/worksalon.html
受付締切:4月12日(火)10時 まで
主催:香十天薫堂

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

お台所にたつ時間が楽しくなる!お母さんの日常をワンランクアップ♪かっぽう着と京都の伝統工芸品のセット

「レトロ写真婚プラン」90年以上の伝統を受け継ぐ老舗ホテルならではの建築美でクラシカルな結婚写真を