in

京都伝統産業ミュージアムにて開催中の特別企画展「MILESTONES ー 余白の図案」関連イベント多数開催

京都伝統産業ミュージアム(運営:株式会社京都産業振興センター 所在地:京都市左京区)では、特別企画展「MILESTONESー余白の図案」(主催:株式会社京都産業振興センター)を、2022年4月23日(土)~7月18日(月祝)の会期にて開催します。本展は、京都・西陣の株式会社 細尾(代表取締役社長 細尾 真孝 所在地:京都市中京区)に残された約2万点にもおよぶ帯図案がもつ「余白」のデザインに着目する展覧会です。関連イベントとして、限定アイテムの販売やトークイベント、蔦屋書店でのPOPUPなども開催します。

 

特別企画展「MILESTONES ー 余白の図案」
会期:2022年4月23日(土)~7月18日(月祝)
(休館日:5月30日、6月27日)
開館時間:9:00-17:00(入館は16:30まで)
会場:京都伝統産業ミュージアム 企画展示室
(〒606-8343 京都市左京区岡崎成勝寺町9-1 みやこめっせ B1F)
観覧料:一般当日|800円(18歳以下無料)
    前売り・学生・各種割引|500円
https://kmtc.jp

主催:株式会社京都産業振興センター
共催:京都市
協賛:デビス株式会社
協力:株式会社細尾・京都芸術大学
ディレクター:細尾 真孝
キュレーター:井高 久美子
空間構成:周防 貴之
グラフィックデザイン:SPREAD
参加作家:堂園 翔矢

株式会社細尾は、 2014年から京都芸術大学と「MILESTONES」プロジェクトとして、次世代が活用できるアイデアソースとするため、約2万点に及ぶ帯図案のデジタルアーカイヴに取り組んできました。
本展では、この膨大なデータを活用し、堂園 翔矢氏(コンピュテーショナル・デザイナー/プログラマー)が機械学習によって生成した新たな図案と、「カラーとコンセプト」を特徴とするクリエイティブ・ユニットSPREAD(https://spread-web.jp)が、独自の解釈で着彩した過去の図案をインスタレーションとして公開しています。
 

 

  • 展覧会のディレクションをされた細尾氏によるトークイベントを開催

特別企画展「MILESTONESー余白の図案」の開催に合わせ、スペシャルトークイベントを開催します。
工芸の制作過程の中の一次資料とも言える「図案」には多くの情報が含まれています。それは織物だけでは無く、さまざまな工芸分野にも言えることです。多くの貴重な情報をいかに未来に繋げ、そこに含まれる職人たちの知恵や精神を現代の作り手たちのクリエイションに生かすことができるのか、本展は織物や工芸を拡張させるための試みでもあります。
本イベントでは、「MILESTONES」の主宰者である細尾 真孝氏をはじめ、キュレーターの井高 久美子氏や展示作品を制作されたクリエイターの方々にお集まり頂き、制作のプロセスや未来への可能性について語って頂きます。

 

開催日時:2022年5月28日(土)14:00~15:30(開場:13:30)
会場:京都伝統産業ミュージアム MOCADギャラリー
入場:無料
定員:30名
トークゲスト:細尾 真孝 氏(株式会社細尾 代表取締役社長 / MITメディアラボ  ディレクターズフェロー /
                                                一般社団法人GO ON 代表理事)
       山田 春奈 氏・小林 弘和 氏(SPREAD)
       井高 久美子 氏(インディペンデント・キュレーター)
参加お申込み先:https://peatix.com/event/3240481

|ゲストプロフィール|
細尾 真孝 
1978年生まれ。1688年から続く西陣織の老舗、細尾12代目。
大学卒業後、音楽活動を経て、大手ジュエリーメーカーに入社。退社後フィレンッェに留学。
2008年に細尾入社。西陣織の技術を活用した革新的なテキスタイルを海外に向けて展開。
ディオール、シャネル、エルメス、カルティエの店舗やザ・リッツ・カールトンなどの5つ星ホテルに供給するなど、唯一無二のアートテキスタイルとして、世界のトップメゾンから高い支持を受けている。また、デヴィッド・リンチやテレジータ・フェルナンデスらアーティストとのコラボレーションも積極的に行う。
2012年より京都の伝統工芸を担う同世代の後継者によるプロジェクト「GO ON」を結成。国内外で伝統工芸を広める活動を行う。
日経ビジネス「2014年日本の主役100人」、WWD「ネクストリーダー 2019」「2021 Forbes JAPAN 100」選出。
2021年初の著書「日本の美意識で世界初に挑む」を上梓。
https://hosoo.co.jp

SPREAD
山田 春奈と小林 弘和によるクリエイティブ・ユニット。
長い時間軸で環境を捉えるランドスケープデザインの思考と鮮烈な印象を視覚に伝えるグラフィックデザインの手法を融合。環境・生物・物・時間・歴史・色・文字、あらゆる記憶を取り入れ「SPREAD = 広げる」クリエイティブを行う。
主な仕事に「国立新美術館開館10周年」記念ビジュアルや、工場見学イベント「燕三条工場の祭典」などがある。
https://spread-web.jp

井高 久美子
1982年生まれ。愛知県出身。
2012年から2019年まで山口情報芸術センター[YCAM]で展覧会や作品の企画を行う。
現在は、独立し、アート・アンド・テクノロジーの分野を中心に様々な領域で展覧会の企画を担当。京都 西陣の老舗 細尾が運営するHOSOO GALLERYでは織物をメディアとして捉えた展覧会を制作。
近年携わった展覧会に「白の気配」(2021年)、「Ambient Weaving -環境と織物」(2021年)、「Quasicrystal」(2020年)、「呼吸する地図たち」(2018ー2020年)などがある。

|MILESTONESとは・・・|
京都芸術大学では、さまざまな造形加工整備や機材を有する制作支援工房「ウルトラファクトリー」にて、第一線で活躍するアーティストやクリエイターが学生とともに活動する実践型授業「ウルトラプロジェクト」が展開されており、学年や学科を問わず多くの学生が参加しています。
そのプロジェクトの1つである2014年にスタートした「MILESTONES」は、株式会社細尾が所蔵する約2万点の伝統的な図案をデジタルアーカイヴすることで後世に残すとともに、学生のダイナミックな感性で、帯図案を新しいデザインに展開することを目指すプロジェクトです。参加する学生は、細尾真孝氏の主導のもと、代々受け継がれてきた手書きの帯図案を一枚一枚手作業でスキャニングし、デジタルアーカイヴすると同時に、各図案(吉祥文様や季節のモチーフなど)に込められた意味のリサーチを進めています。

 

  • 展覧会オリジナルトートバックを限定販売

展覧会の開催を記念して、オリジナルのトートバックを数量限定にて販売いたします。
メインビジュアルをベースにしたデザインで、サイズも少し大きめのユニセックスで使えるトートバックです。ただいま京都伝統産業ミュージアムショップおよびMOCADオンラインショップ(https://mocad-shop.com/collections/exhibitions)にて予約を受付中です。

MILESTONES ー 余白の図案  TOTE BAG  

サイズ:H39cm✕W35.5cm✕D10.5cm
素材 :コットン100%
価格:5,500円(税込)
デザイン:2種

 

 
 

  • 京都岡崎 蔦屋書店でもPOPUPを開催中

ただいま京都岡崎 蔦屋書店では、展覧会に併せてPOPUPを開催。展覧会オリジナルトートバックに加え、細尾氏の書籍「日本の美意識で世界初に挑む」やHOSOOのブランドブックなど関連書籍の販売をしています。また、西陣織の金襴を製造する「もりさん」や有職織物で小物を製造する「堺町御門前 平七」の雑貨なども限定販売しています。
 

会期:2022年4月22日(金)~5月27日(金)
会場:京都岡崎 蔦屋書店 
  (〒606-8342 京都市左京区岡崎最勝寺町13  ロームシアター京都 パークプラザ1階)
営業時間:8:00~20:00

 

  • 展覧会の​来場者にはオリジナルステッカーをプレゼント

「MILESTONESー余白の図案」にご来場いただいた方に、オリジナルステッカー4種の中からどれか1点をプレゼントしています。(色柄は選べません。)
 

 

 

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

鯖江バングルウォッチ初の自動巻きムーブメントが登場。鯖江バングルウォッチ × 藍紅螺鈿(あいべにらでん)5月14日よりマクアケで先行販売が決定。

「ゑびや商人館」のオープンが6月2日に決定 ―テクノロジーで、商いをアップデートする。創業150年の老舗食堂発ベンチャー企業EBILAB―