in

観光地よりも感動地『ジャパントラベルアワード』がエントリーの募集を開始しました

主に海外向けコンテンツ・広告制作の支援を国内の企業や自治体向けに行う株式会社しいたけクリエイティブ(東京都大田区、代表取締役:本郷誠哉)は、「観光からより良い社会をつくる」をビジョンに掲げ、昨年に続き第2回目となる『ジャパントラベルアワード』の募集を開始しました。(https://japantravelawards.com)

 

■ ジャパントラベルアワードについて
観光に携わる全国の自治体・観光協会・DMO・企業・個人におけるダイバーシティ&インクルージョンやSDGsの推進に関する取り組みをもとに、日本の新たな「感動地」を認定し、発信していくアワードです。

昨年は初年度にもかかわらず、全国各地から80件もの応募をいただき、素晴らしい取組みを発見することができました。そして、審査員からのフィードバックを活かし「施設のバリアフリー化に着手した」「LGBTQ+コミュニティの方々にも安心してもらえるようウェブサイトの写真を変更した」などポジティブな動きも多く見られました。そうした取組みをしている素晴らしい地域や企業を発掘し、観光地ならぬ「感動地」として認定し、そして世界へ発信するべく、ジャパントラベルアワードは全国各地の地域や企業の皆様からの募集を開始いたしました。

● 昨年の受賞者、それぞれの受賞理由、授賞式の様子について
https://japantravelawards.com/jta-2022-jp

■ 募集要項
1. 対象

  • 国内・インバウンドにかかわらず、多くの人にとってより良い観光体験を目指した活動をしている、もしくは活動していく意思がある観光に関わる日本全国の自治体、法人、個人

​例)地方自治体や観光協会、DMOなどの「地域」、旅館やホテルなど「宿泊施設」「飲食店」「伝統工芸」「体験アクティビティ」「職人」「観光サービス」など

2. 選考基準

  • 観光地や体験の魅力がうまく伝えられているか
  • 多様な観光客に向けた取組みができているか
  • 経済・社会公平性・環境においてサステイナブルか
  • 海外からのインバウンド観光客にとっても魅力的か

3. 費用

  • ¥0

※ 応募や認定を受けるのに費用はかかりません。受賞者の選考には現地審査を実施し、その際の交通宿泊費などの実費のみ発生します。

4. スケジュール

  • 募集締切:7月15日 23:59
  • 書類審査 /「感動地認定」発表:〜7月下旬
  • 現地審査:8月上旬〜10月下旬
  • 最終審査会:11月〜12月
  • 受賞者発表:1月

5. 表彰
審査を経て、「認定」地域や企業が選出されます。また、審査員の現地審査を経て認定地域や企業の中から最も優れた「受賞者」を決定します。選出された方々は2023年1月に予定される授賞式へご招待し、プレスリリースにて発表します。また、受賞した取り組みには『ジャパントラベルアワード』認定・受賞ロゴマークを贈呈します。
 

6. 応募方法
公式サイトより参加登録をすると応募書類としても使える「感動地チェックシート」がメールで届きます。シートにご記入いただき、メールに添付して返信すれば応募は完了します。

  • 公式サイト:https://japantravelawards.com

■ 運営会社:株式会社しいたけクリエイティブについて
2021年1月創業。国内最大級の英字媒体を運営していたプロデューサー、編集者、デザイナーらによって始まった「クリエイティブの力で、世界と日本をつなげる会社」。主に英語圏向けに記事や動画などのコンテンツ制作やデザイン、広告制作を実施。国内企業や自治体などの海外向けプロモーション支援を軸に、クリエイティブの定額制サービスやジャパントラベルアワードの運営を行なっています。
 

  • 企業名  :株式会社しいたけクリエイティブ
  • 代表取締役:本郷 誠哉
  • ミッション:クリエイティブの力で、世界と日本をつなげる会社
  • 事業内容 :主に海外向けの広告デザインや記事、動画コンテンツ制作
  • 設立   :2021年1月
  • 所在地  :東京都大田区南六郷3-10-16 六郷BASE #308
  • URL     :https://shiitakecreative.jp

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

中川家 礼二さんが大将に扮し、地域愛にあふれる居酒屋を開店!!新トークドキュメンタリー番組『ジモトに乾杯!居酒屋 礼二』

大創産業、「Standard Products」を広島県に初出店 6月30日、広島市中区にリブランディングした「THREEPPY」と同時オープン