in

NFTマーケットプレイス「TATSUMAKI」8月1日(月)にβ版のサービス提供開始

 70年以上培った印刷技術とIT・デジタルを融合した顧客サービスを提供している広済堂グループの株式会社広済堂ネクスト(所在地:東京都港区、代表取締役社長:根岸 千尋、以下「広済堂ネクスト」)は、NFTマーケットプレイス「TATSUMAKI」(https://tatsumaki.io)のβ版サービスを2022年8月1日(月)より開始します。

◆TOPページ◆TOPページ

◆作品詳細ページ◆作品詳細ページ

 NFT市場は、昨年からNFTトレーディングカードやアートのNFTなどを機に爆発的に広がり、国内においても多くの企業がNFT事業に参入するなど、その勢いはとどまることを知りません。一方で投機的イメージや、購入までのハードルの高さ、NFTを保有する価値や意味を十分に理解されておりません。

 「はじめまして!Web3」をコンセプトとしたNFTマーケットプレイス「TATSUMAKI」では、初心者には敷居が高いと感じられるNFTの世界をわかりやすく提供。知る人ぞ知る日本のトップクリエイターや株式会社J-WAVEなどと連携し、モダンアート、音楽、伝統工芸、ワインなどNFTの新たな可能性を広げる多彩なコンテンツを数多く提供いたします。さらに今後は、NFTゲームやメタバースなどNFTの拡張性を広げるweb3ビジネス展開を予定しております。
 尚、本サービスによる売上及び利益については現在試算中であり、算出した際に適時開示申し上げていく予定でございます。
 

  • 「TATSUMAKI」マーケットプレイスの特徴

〈購入者に向けて〉
 「TATSUMAKI」では、クリエイター側がクレジットカードでの決済を選択し出品することが可能。暗号資産の取引に不慣れな初心者でも購入しやすくなっています。また従来はSNSのアイコンや「On cyber」等の仮想空間で展示するのみであったNFTデジタルアートを、広済堂ネクストが持つ高精細な印刷技術を用いて精度の高い複製画としてご自宅に提供いたします。複製画以外にも3Dプリント技術を用いた立体物や高品質のアパレル製品へのプリントなど、NFTと共に実際に楽しめるフィジカルアイテムを提供予定です。
※フィジカルアイテム化はNFT元データの「TATSUMAKI」データサーバーへの保管と、作品ごとにクリエイター側の了承が必要です。尚、保管用データサーバーは、中央管理型からIPFSなどの分散型ストレージへの移行も進めていきます。

〈クリエイターに向けて〉
 NFTコンテンツの購入意向が「OWN(所有する)からJOIN(参加する)」へ変わってきた昨今、クリエイター側も単なる利益獲得を目論んだ作品販売ではなく、コンテンツをハブとしてNFT購入者と継続的なコミュニケーションを取っていく必要があります。

「TATSUMAKI」では、
・オンラインでのコミュニティ形成に不慣れなクリエイターのために、マーケットプレイスの公式twitterdiscordを運営
・クリエイターの制作をサポートする組織「TATSUMAKI LAB」(タツマキラボ)を設立し、AIやCGなどデジタル技術を用いた新しいNFTを制作。
・プロジェクトの効率的な運営方法として「DAO」化のサービス支援を行うなど、参加クリエイターとNFT購入者とのコミュニティ形成をサポートします。

〈海外マーケットに向けて〉
 「TATSUMAKI」でmintするNFTは独自コントラクトを用い、イーサリアム、ポリゴン、BNBなど世界の主要マーケットプレイス同様に汎用性の高いパブリックチェーンを使用しています。また、英語、中国語、フランス語など世界の主要言語にて閲覧可能(8月以降順次対応)とし、日本のマーケットから海外へ販売できるマーケットプレイスを目指します。
 

  • 「TATSUMAKI」提供コンテンツ紹介(抜粋)

〈鬼才のデジタルフォトグラファー「RK」〉
 グラフィックデザイナーやDJとして活躍しながら、本格的にフォトグラファーの道へ進む。2013年にランニングクルー『AFE TOKYO』の専属iPhone Photographerとして一躍注目を集める存在となり、Instagramでは密集感のある写真で絶大な支持を得る。2018年4月よりフリーランスに転身。『秋葉原のおじいちゃん』や『台北大橋のバイク』など数々の自身の代表作を生み出し、アジアを中心に精力的に活動中。様々なジャンルのブランドとのコラボレーションも行い、村上隆やKAWSを始め、TYGA、Naomiなど数々の著名人のポートレート、ストリート、建造物、自然などを幻想的な色彩で切り撮る作品は、日本に留まらず多くの海外メディアにも取り上げられている。
instagramのフォロワーは75万人を超え、NFTでもOPENSEAやFOUNDATIONなどのプラットフォームにて、わずか1ヶ月で約150ETH(時価 約3,000万円)を売り上げるなど、デジタルアートとしても非常に評価が高くなっています。

〈J-WAVE81.3 MUSIC ACCELERATOR PROGRAM “MAP”〉
 東京のFMラジオ局「J-WAVE(81.3FM)」がNFT を活用し次世代アーティストを発掘&育成するビックプロジェクト「J-WAVE MUSIC ACCELERATOR PROGRAM“MAP”」と連携。300組を超えるエントリーの中から選出された8組の次世代アーティスト「Suhm」「雫」「東京〇X問題」「NOA」「藤本陸斗」「堀内洋之」「YABI×YABI」「Rian」それぞれが10月に出演するステージ(※)に向けて、制作中の楽曲を複数レアNFT化して販売します。
※「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2022」、開催日時:10月22日(土)、23日(日)/会場六本木ヒルズ

〈世界が認める九谷焼アーティスト 北村和義〉
 近年、アートとしての価値が再評価され、国内外で人気の九谷焼。その中でも自身の竹隆窯にて、多彩な絵付け技術を用いて、旧来の器や花器にとどまらず、昆虫やスニーカー、漫画やアニメキャラクターなど数々のアート作品を世に送り出してきた天才。デジタルの技術を用いて新しい陶芸の形をNFTアート化していきます。

〈日本文化を愛し、多彩な作風を探求するフォトグラファー「宮原夢画」〉
 エディトリアル、コマーシャルで活動する一方、古典技法からデジタル、ドローン撮影まであらゆる表現を日々探究。その興味は茶道、華道などの日本の伝統、民族文化にまで及び、ポートレートでは著名人にも愛されるフォトグラファー。写真の上にさまざまな素材をコラージュして作られた作品は、唯一無二の世界観を表現しており、取り込まれるような不思議な感覚に陥ります。

〈海外で大人気の“デコトラ”“シャコタン”コンテンツ〉
 昨年夏の大規模パラスポーツイベントのオープニングを飾り、GUCCI 100周年記念のデザインにも採用された“ART Truck”通称「デコトラ」や、映画「ワイルドスピード」シリーズのヒットにより、海外で“stance”と称されて人気が高まっている「シャコタン」など日本が誇る車両改造文化を、雑誌「カミオン」や「カスタムCAR」「スタンス・マガジン」を発行する(株)芸文社と共同でデジタル作品化。NFTでのコミュニティ形成や、カスタムカーのメタバース空間などの開発も行っていく予定です。

 

  • 「TATSUMAKI」今後の予定

〈2次流通プラットフォームを提供〉
 10月の本格ローンチ時(予定)に2次流通機能を実装し、NFTの転売や「TATSUMAKI」以外で購入したNFTアートのフィジカルアイテム化などのサービスを提供予定です。
※フィジカルアイテム化はNFT元データの弊社サーバーへの移行とクリエイター側の了承が必要です。

〈2次創作プラットフォームを提供〉
 10月の本格ローンチ時(予定)から、1次創作クリエイターとその作品を元に2次創作を行うクリエイターを募集。新たなコンテンツ制作をバックアップし、流通とコミュニティ形成を後押しします。また、その収益は1次、2次それぞれのクリエイターに還元されます。

〈NFTゲームの開発プラットフォームを提供〉
 10月の本格ローンチ以降にて、P2E(Play to Earn)の仕組みなどで話題に登ることが多いNFTゲームの開発/運営をサポートするプラットフォームを提供予定です。IPホルダーの方々のNFTへの参入をサポートすると共に、NFTマーケットプレイスを用いたキャラクターやゲームアイテムの販売もサポートします。

〈第3者企業のNFT活用プラットフォームとして〉
 10月の本格ローンチ時以降にて、個人や企業が所有するNFTのデータを預かり、NFTコンテンツを広告や販促等で利用したい第三者企業と結びつけ、収益化を図ります。またその収益はクリエイターと所有者に還元されます。
※第三者企業利用はNFT元データの弊社サーバーへの移行とクリエイター側の了承が必要です。 

〈TATSUMAKIコミュニティのNFT発行、及びDAOをリリース〉
 10月の本格ローンチ時以降にて、コミュニティをより活性化する目的で、国内著名アーティストとのコラボレーションによるオリジナルNFTの発行、NFT保有メンバー限定のプレセール、SNSコミュニティやイベントなどを開催予定。またその販売で得た資金を用い、国内外のクリエイターの支援を行う「TATSUMAKI DAO」(仮称)をリリース予定です。

〈「DAO」を誰でも気軽に利用できるアプリケーションの開発〉
 世界でNFTプロジェクトの可能性を広げている「DAO」を、誰でも気軽に利用できるアプリケーションの開発を進めています。地域コミュニティや学校や個人が、仲間と簡単にプロジェクトの運営を行えるように、「Investment DAO」「Protocol DAO」「Service DAO」「Social DAO」「Collector DAO」「Media DAO」など様々な類型があるDAOを、わかりやすくケース別に分け利用できるサービスで、将来のアプリ化も検討しています。

〈「DEX」の開発/運営〉
 DAOの組織運営に活用されるトークンに価値を持たせるITO(Initial Token Offering)を自動で誰でも気軽に利用できるDEX(分散型取引所)の開発を進めています。それにより仲間と簡単にプロジェクトの運営を行えるDAOの活用を促すと共に、一般の方でもDEXに仮想通貨のファーミング(預け入れ)を行うことによりDEX独自のトークン報酬を受け取ることが出来ます。

              ・2022年8月                     NFTマーケットプレイス「TATSUMAKI」β版ローンチ
              ・2022年10月                   NFTマーケットプレイス「TATSUMAKI」本格ローンチ
                                                     ※二次流通機能、二次創作機能実装予定
              ・2022年10月以降         NFTの第三者企業利用開始
                                                     NFTゲームプラットフォーム提供開始
                  DAO活用アプリケーション、DEX(分散型取引所)運営開始
 

  • 株式会社広済堂ホールディングス概要

商号   株式会社広済堂ホールディングス
創業   1949年1月
資本金  24億円(2022年3月31日現在)
代表者  代表取締役社長 黒澤 洋史
本社   東京都港区芝浦1丁目2番3号 シーバンスS館 13階
従業員数 連結1,063人(2022年3月31日時点)
 

  • 株式会社広済堂ネクスト概要

商号         株式会社広済堂ネクスト
設立         2021年4月5日(HD体制移行に伴い分社化)
資本金      3億5千万円
代表者      代表取締役社長 根岸 千尋
本社         東京都港区芝浦1丁目2番3号 シーバンスS館 13階
従業員数 422名(2021年10月1日時点)

・「TATSUMAKI」ご利用ガイド:
 https://tatsumaki.notion.site/TATSUMAKI-bd32c6b385d64e58aed567fb657ed4ce

・本日 21:00より twitterの「TATSUMAKI公式アカウント」にてtwitterスペースを開催し、
AMA(Ask Me Anything)を行います。ご興味のある方は下記よりご参加ください。
https://twitter.com/tatsumaki_nft/status/1552945674982813696
TATSUMAKI公式twitter: https://twitter.com/tatsumaki_nft

※「TATSUMAKI」は、株式会社広済堂ネクストの登録商標及び商標です。

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

とは?

【済州観光公社 x D&DEPARTMENT】渋谷ヒカリエで韓国気分を味わう。d47食堂に新メニュー「チェジュ島定食」が期間限定で登場!

180mL日本酒アルミ缶『KURA ONE』 – 海外試飲会来場者の3人に1人が事前購入予約に登録