in

全国初出店!「津軽びいどろオフィシャルショップ」が東京ミッドタウン八重洲にオープン

青森県伝統工芸品「津軽びいどろ」が、「東京ミッドタウン八重洲」に全国初のオフィシャルショップを2023年3月10日にオープン。
ガラス製品の製造販売を行う石塚硝子株式会社 連結グループ子会社としてガラス製品の販売を行うアデリア株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:町野晃透(てるゆき))は、初の直営店となる「津軽びいどろオフィシャルショップ」を2023年3月10日にグランドオープン予定の「東京ミッドタウン八重洲」に出店いたします。

日本全国に繋がる新幹線をはじめ、地下鉄、バスなど多彩なモビリティの結節点であり、まさに日本の玄関口と言える街、八重洲に誕生する「東京ミッドタウン八重洲」。世界中・日本中から人や情報、モノ・コトが集まり、交わり、新しい価値を生み出し、世界に向けて発信していく場を目指しています。同店は青森県伝統工芸品であるハンドメイドガラス「津軽びいどろ」初のオフィシャルショップとして、『日々の暮らしに彩りを。グラスにうつる、日本の四季。』をテーマに、人気の定番テーブルウェアはもちろん、ここでしか手に入らない限定品やインテリア品など、豊富な品揃えの中からお気に入りや大切な方へのプレゼントを直接手に取りお選びいただけます。また、職人技にこだわった左官仕上げの壁面と中央やぐら什器を中心にシンメトリーで設計された空間を「津軽びいどろ」が彩る、ハンドメイドの世界観を感じていただくことのできる店内となっています。
オープンに向けて、公式SNS等で詳細情報やショップが出来上がっていく過程を公開してまいりますので、ぜひご期待ください。
 

 

■「津軽びいどろ」とは
「津軽びいどろ」を生み出すのは青森県にある石塚硝子のグループ会社、北洋硝子株式会社。始まりは1949年、漁業用の浮玉(うきだま)製造からでした。 その成形技術と色ガラスを掛け合わせた工芸品として、『津軽びいどろ』が誕生しました。職人たちは技術開発にも力を注ぎ、美しい色ガラスの調合や、高い技術を要する技法もほぼ独学で習得するなど、常に新しい技へのたゆまない努力を続け、1996年創設初年度の青森県伝統工芸品に指定されました。
 

 

 

  • 【店舗概要】

店舗名:津軽びいどろ東京ミッドタウン八重洲店
オープン日:2023年3月10日(金)(予定)
所在地:東京都中央区八重洲二丁目2番1号
東京ミッドタウン八重洲2階
営業時間:11:00~21:00(予定)
定休日:施設に準ずる
交通:JR「東京」駅 地下直結(八重洲地下街経由)
URL:https://www.yaesu-project-2022.jp/
※現在、東京ミッドタウン八重洲 当店紹介ページは準備中です。
 

  • 【会社概要】

運営会社:アデリア株式会社
所在地:東京都江東区東陽二丁目2番20号 東陽駅前ビル7階
代表者:代表取締役社長 町野晃透
URL:https://aderiacompany.co.jp/
事業内容:ガラス食器・ガラス器全般の販売、洋食器・和食器・厨房関連用品・その他ガラス製用品に関連する商品の販売

製造会社:北洋硝子株式会社
所在地:青森県青森市富田四丁目 29 番 13 号
代表者:代表取締役 壁屋知則
URL:https://tsugaruvidro.jp/
事業内容:「津軽びいどろ」の企画・製作・販売
公式Instagram:https://www.instagram.com/tsugaruvidro/

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

バーチャル空間「京都館PLUS X」の展示入替を行います! ~京まふと連携した京都市初のNFTアート販売も実施!~

加賀RICH NEWS 2022 9-10月号