in

PROJECT【 ATOM2003-2023 】に参画する企業&ブランド第一弾発表

繊維専⾨商社のモリリン株式会社(本社:愛知県⼀宮市、代表取締役社⻑:森 俊輔)がバックアップし、"⼈と⼈を繋ぐ"
をコンセプトとするクリエイタープロジェクト『#AAAA(#フォーエー)アーティスト・クリエイターズ』。
その一環として始動したPROJECT【ATOM 2003-2023】(株式会社⼿塚プロダクション監修)に、新たに10社の参画が決定しましたのでお知らせいたします。手塚治虫が描いた21世紀の未来の中で、アトムは2003年に誕生し、その誕生から20年後の2023年は、 アニメーション化 60周年の記念すべき年でもあります。

本プロジェクトのキービジュアル(未来)本プロジェクトのキービジュアル(未来)

過去を振り返って地球にペイントしているアート過去を振り返って地球にペイントしているアート

PROJECT【ATOM 2003‐2023】について

今(2022年)から70年前、⼿塚治⾍が21世紀の未来に⽣んだ マンガ『鉄腕アトム』。

マンガ『鉄腕アトム』では、アトムが誕生したのは2003年に設定されています。 

その誕生から20年が経過した2023年は、アニメーション化60周年の記念すべき年でもあります。 

「NEXTアトム 〜これからの20年 〜 」「未来へつなぐ『ASTRO BOY』」をキーワードに、様々な企業様、プロダクトとともにアトムのこれからの発展と新たな挑戦の⾨出をお祝いします。

クリエイティブなストリートカルチャーの息吹にふれる、本プロジェクトのキーグラフィック・アートはフランス パリを中心に活躍するVictor Kaitoが描き起こしました。

 

Victor Kaito / Graphic

Victor Kaito本人Victor Kaito本人

フランス人の父と日本人の母を持ち、幼い頃からファッションやファインアート、芸術作品に触れて育つ。日本の伝統的な文様や絵画を独自の感性で表現し、彼のホームグラウンドであるフランスパリでアート活動をはじめる。スニーカーアートを通じて有名ミュージシャンの舞台衣装なども手がけてきた。日本とフランスのアートシーンを、独自の視点で表現するアーティストとして、今後ボーダレスな活動が期待されている。

キービジュアルについて
文字のアート(ストリート風カリグラフィーアート)
Je lis “Atom” d‘Osamu Tezuka depuis que je suis à l’école primaire. 2003 marque le 20e anniversaire de la naissance d‘Atom. J’ai l‘impression que le futur qui était dépeint dans le monde d’Atom est maintenant devenu une réalité. Nous ne nous contentons pas de jeter un regard rétrospectif sur les 20 dernières années que nous avons connues, mais nous nous tournons également vers les 20 prochaines années et l‘avenir.
Comment la science et la technologie doivent-elles être utilisées au profit de l’environnement mondial et des autres créatures vivantes, et comment les gens doivent-ils vivre leur vie, comme s‘ils étaient Atom

意味:僕は、⼿塚治⾍先⽣の「アトム」を⼩さい頃から読んでいました。2003年に⽣まれたアトムは今年で20年。アトムの世界に描かれていた未来が、今現実になったと感じています。アトムが⾒てきたこの20年を振り返るだけではなく、20年先の未来に向かって、地球環境や他の⽣き物のために科学技術はどう使ったらいいのか、⼈間はどう⽣きたらいいのか、アトムになった気持ちで描きます。

プロジェクト参画企業のご紹介

  • 笏本(しゃくもと)縫製

≪プロダクトアイテム≫
シルクネクタイ

≪プロジェクト参加への一言≫
長年積み重ねてきた仕事がアトムと一緒に世に出ていくことは誇らしく、職人も楽しんでモノヅクリをしています。
伝統の技術やデザインと融合し、 かっこいいネクタイをお届けします。
https://shakumoto.co.jp/
 

 

  • 宮脇賣扇庵(みやわきばいせんあん)

≪プロダクトアイテム≫
京扇子

≪プロジェクト参加への一言≫
今や世界に誇る日本の文化である漫画・アニメ。その金字塔の一つである「鉄腕アトム」が現代のアーティストによる最新の感性で再解釈される本プロジェクトは、我々「BANANA to YELLOW」が掲げるコンセプトに強く共鳴する部分があります。
手塚治虫氏や、京扇子の職人たちが作り上げてきた歴史にリスペクトをもちながら、大胆で新しい解釈を加え、未来に向けてさらに魅力や可能性を醸成していく。本プロジェクトを通して、鉄腕アトムと京扇子の魅力を改めて発見していただけますと幸いです。

https://banana-to-yellow.jp/

 

  • RESUNCE(レサンス)

≪プロダクトアイテム≫
スケートボード/アパレル

≪プロジェクト参加への一言≫
日本を代表するアニメ鉄腕アトムのスケートボードデッキを一緒に作れて光栄です。これに乗ってスケートのパフォーマンスが10万馬力で活躍出来ます。
本当に楽しみです。
http://resunce.com/
 

  • 靴職人 三澤則行/MISAWA SHOE DESIGN 株式会社

≪プロダクトアイテム≫
靴アート/オリジナルシューズ

≪プロジェクト参加への一言≫
現在、靴業界は苦境に立たされています。人々のライフスタイルの変容、素材に対する問題意識。
私たちは大きく変わらなければなりません。日本から世界へ、そして現在から未来への一歩のために。
アトムの力をお借りして「未来の靴」に挑戦いたします。
https://www.noriyukimisawa.com/
 

  • 株式会社京都紋付(きょうともんつき)

≪プロダクトアイテム≫
深黒染め

≪プロジェクト参加への一言≫
本プロジェクトキーワードの1つ”日本から世界へ”のコンセプト痺れました。
未来に残したい技術や伝統も表現されるプロジェクトに、我々も本気でぶつかることができワクワクしています。
深黒染めで”カッコいいアトム”の魅力をもっと引き出します。
http://www.kmontsuki.co.jp/

  • サウナボーイ

≪プロダクトアイテム≫
サウナグッズ/アパレル

≪プロジェクト参加への一言≫
子どもの頃から慣れ親しんだ『鉄腕アトム』とご一緒できるなんて大変光栄です。
サウナ、銭湯のお供にぴったりな『ASTRO BOY』と『SAUNA BOY』のコラボレーションアイテムにご期待ください。
https://saunaboy.official.ec/

  • 倉敷屋

≪プロダクトアイテム≫
デニム雑貨

≪プロジェクト参加への一言≫
世界中から愛され続けているアトム。そんなアトムの記念すべき時に関われる喜びを感じ、
ひと針ひと針の中にも真っすぐな「想い」を宿し、デニム特有である風合いの変化を感じれる製品を心がけていきます。
http://kurashikiya.co.jp/

  • 箸蔵まつかん

≪プロダクトアイテム≫

≪プロジェクト参加への一言≫
箸蔵まつかんは、『おはしと、くらし。』をテーマにつかう人もつくる人も“わくわく”する箸をつくります。
ライフスタイルに合わせた、おはし
食卓を彩る、おはし
人と人をつなげる、おはし
創業から箸一筋100年。
今回はアトムと共に“未来を考えるきっかけとなる箸”を作ります。

  • 琉球紅型 加治工紅型(かじくびんがた)

≪プロダクトアイテム≫
紅型染技術

≪プロジェクト参加への一言≫
琉球王朝時代より、琉球の中で昇華され現代まで続く琉球びんがたですが、先の大戦により全てが焼失、壊滅的なダメージを受け、その技法は途絶えかけました。
終戦直後、住居も食べる物も満足に確保できない状況の中でも、先人方はびんがたを途絶えさせないよう、焼け野原の瓦礫の中から材料を掻き集め、鉄砲の薬莢を糊の筒先に加工し、口紅の残りを削って朱色を染めました。
文字通り、命を削りながらびんがたを守り続けていきます。
人を殺める道具を平和利用し、人々を喜ばせる色や形を彩り、数々の美しい布を生み出しながら復興させ、残し、現在まで繋がってきました。
この時代だからこそ、また改めて見え、考える「想い」があります。
少し形は違うのかもしれませんが、手塚先生がアトムを通して教えてくれた化学の平和利用への想いも、拙いながら汲み取り、琉球びんがたを繋いできてくださった先人方の想いも、また感じながらプロジェクトに挑めたらと考えています。

  • 鏑木商舗(かぶらきしょうほ)

≪プロダクトアイテム≫
九谷焼

≪プロジェクト参加への一言≫
伝統工芸と鉄腕アトム。九谷焼と鉄腕アトム。挑戦するなら徹底的に。軽く考えてはいけない。
今年創業200年を迎えた鏑木が300年に向けてスタートを切る絶好のタイミングで意義のあるチャンスが回ってきた。作り手の叡智を集め、みんなを驚かせるような企画にしたい。
https://kaburaki.jp/

【鉄腕アトムについて】
鉄腕アトムは、⽇本のマンガ家・⼿塚 治⾍が創作した著名なマンガシリーズ。
天⾺博⼠が亡き息⼦⾶雄にそっくりのロボットを作りあげ、やがてロボットが成⻑しないことに気づき、天馬博士はロボットを手放します 。その後ロボットは、お茶の⽔博⼠に引き取られ、⼼の優しいロボット「アトム」へと成長していきます。アトムはその10万⾺⼒のパワーで、敢然と悪に⽴ち向かっていくのです。
10万馬力のロボット少年・アトムが活躍するSFヒーローマンガ。
URL|https://tezukaosamu.net/jp/manga/291.html

【モリリン株式会社 新規事業室・ライツ事業について】
コンシューマーニーズ、ライフスタイルが多様性を帯び、流動的で相互に関連し合う中、ファッション、ビューティー、フード、インテリアなどすべてがどのように適合し、またどのような付加価値を見出すことができるか、繊維、アパレル業界に留まることなく、様々な業界の皆さまと共に、国内外のIP活用によるコラボレーション施策の企画立案や運用展開などご提案して参ります。

お願い
掲載の際は下記クレジット表記をお願い致します。
©Tezuka Productions
©GLOBE. VICTOR KAITO

モリリン株式会社 イトからはじまる、すべてのコトへ
https://www.moririn.co.jp/

本件に関する営業窓⼝
新規事業室|sho.miyagawa@moririn.co.jp(e-mail)
報道関係者からのお問合せ先
総合企画室|info.tokyo@moririn.co.jp(e-mail)

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

音でなごみのひと時を――地域応援プロジェクト『EMOCAL』第12弾として、熊本県和水町から伝統を受け継ぐ手漉き和紙「紙漉きの音」と白石堰「川の音」をお届け

アソビシステム&渋谷観光協会が新時代の“地域創生プロジェクト”をスタート!全国各地の観光・文化に携わる企業・団体を繋げる「#LOOK LOCAL SUMMIT 2022」を開催