in

【チンクエチェント博物館】イタリアのヴィンテージカーを日本の伝統工芸でビスポークした「ブラックマウス」を発表

イタリアのヴィンテージカーを日本の伝統工芸でビスポークするという新提案。
チンクエチェント博物館は、FIAT 500をベースにしたビスポークのコンセプトモデル「ブラックマウス」を発表。

「チンクエチェント」の愛称で親しまれるFIAT 500を所蔵・展示する チンクエチェント博物館(愛知県名古屋市)では、旧いFIAT 500をベースに、外装・内装に至るまでオーナー自身のイメージを表現できるビスポークを開始しました。
チンクエチェント博物館のビスポークは、旧いFIAT 500に想いや美意識を詰め込んで自分だけの1台をつくり上げる、そんな特別な悦びを叶えます。
「コンセプトモデル」は、自動車ライターの西川淳氏をプロデューサーに起用。イタリアの大衆車であるFIAT 500に、西陣織や漆芸といった日本の伝統工芸を用いてビスポークを行い、オーナーの個性を表現するモデルです。
※ビスポーク(Bespoke)とは、職人などのつくり手と対話しながら自分だけのオリジナルの1台を製作するものです。

【ビスポーク車両と「ブラックマウス」について】

●チンクエチェント博物館のビスポーク車両は、ラグジュアリーブランドではお馴染みのビスポークを、ヴィンテージカーのFIAT 500で愉しむ贅沢をお届けします。
●「ブラックマウス」は、ビスポークのコンセプトモデル第一弾。コンセプトモデルは、イタリア車に西陣織や漆芸といった日本の伝統工芸を用いて仕上げるコンセプトモデルは、大人の遊び心を満たし、粋なライフタイルを体現するモデルです。
●「ブラックマウス」と同じ仕様のオーダーも可能。また、それをベースにして自身でアレンジを加えた仕様を製作することも可能です。
●チンクエチェント博物館のビスポーク車両には「博物館モデル」もあります。このモデルは、当博物館とさまざまな業界で活躍する方とコラボしてつくり上げるモデルです。

■取材のお申し込み、詳細・ご不明な点は下記までお問い合わせをお願いいたします。

チンクエチェント博物館
担当 : 深津
TEL : 052-871-6464 FAX : 052-882-1105
携帯: 090-7048-5358
e-mail : fkz@museo500.com

■「ブラックマウス」ブランドサイト
https://museo500.com/bespoke

■関連画像等は下記からダウンロードいただけます。
https://museo500.com/blackmouse/download.html

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

過去・現在・未来が交差する、テキスタイルギャラリー「真妙庵」2022 年10月28日(金)オープン

従業員14人の町工場が フリーランスパートナーシップアワード2022 審査員特別賞を受賞しました