in

清昌堂やました THE ROOM 冬の展覧会のご案内 メキシコ人アーティスト ヒメナ・アラルコン「御宿の海岸の難破船」展

清昌堂やました THE ROOM(京都・上京区)は、秋の展覧会として、ペルー、メキシコ、フランスを行き来しながら活動するメキシコ人アーティスト、ヒメナ・アラルコン (Ximena Alarcon) による個展「Shipwreck on the shores of Onjuku – 御宿の海岸の難破船」を、2023年1月13日まで開催します。

メキシコ人アーティスト ヒメナ・アラルコンメキシコ人アーティスト ヒメナ・アラルコン

 

この度、清昌堂やました THE ROOMは5回目のダイアローグとして、メキシコ人アーティスト、ヒメナ・アラルコンを招聘します。ジェンダーや人種差別、社会の不平等などのテーマを取り込みながら、幾何学的なテキスタイルや彫刻、そしてジュエリーなど様々な材質での作品を展開します。
 

「この展覧会で、ヒメナ・アラルコンは、幾何学とアイデンティティという普遍的で時空を超えた言語について問います。ヒメナの作品である彫刻、グラフィック、ジュエリーや建築の間に生まれる矛盾した対話は、見る者に物体と行為、物質と非物質の間を行き来する役割を果たしています。彼女が今回提案するダイアローグは、400年以上前の1609年、彼女の出身地であるメキシコのアカプルコからフィリピンに向かうスペイン船が難破した歴史に基づいています。その乗組員が千葉県の御宿村の海岸で救助されたことをきっかけに、商業的な交流だけでなく、芸術的な美学や幾何学を発見するきっかけになったのだそうです。日本が持つバランスのとれた幾何学模様、その連動した線は視覚的観点を超え、深く観察することで、私たちの起源を理解する問いが生まれると彼女は主張します。「御宿の海岸の難破船」は、アラルコンの作品というだけではなく、世界という芸術の姿でもあります。それは、生きることに意味を求め、社会との関わりを深く求めようとする私たちの日々を描く無限ループなのです。幾何学とは、始まりも終わりもなく、着地する岸辺もない、私たちと世界の繋がりを証言する、時空を超えた言語と言えるでしょう。」

本展覧会キュレーター
マーティン・ミカエリス

MOVIMIENTO IVMOVIMIENTO IV

弘化4年(1847年)に京の都に創業して以来、170年に渡り新古茶道具の商いを続ける清昌堂やましたは別館として清昌堂やました THE ROOMを2022年春にオープンしました。京都に所縁のある国内外のアーティストの支援、そして京都の小学生の美術教育をサポートするプロジェクトスペースとして、活動しています。アーティスト支援として、レジデンスに招聘したアーティストを、長年茶道具商として清昌堂が培った縁を活かし日本文化や伝統工芸の職人と繋ぎ、その体験がアーティストの次の創作に繋がるようにサポートしています。また、アーティストの滞在中には、芸術に触れるアート教育支援の一環として、京都の小学校 でワークショップも行っています。今回、招聘するアーティストのアラルコンは、以前より、金箔を使った作品制作を行っており、日本の伝統工藝のひとつである金箔を扱う職人の工房を見学したいという想いを聞き、清昌堂は招聘を決めました。メキシコ、フランスを拠点にしながら、本展「御宿の海岸の難破船」でのフィリピンのエピソードまで、アラルコンの作品を通じて、多様な文化と歴史を、京都の皆様、そして子供達に伝えたいと願っています。

展覧会情報

2022年11月16日(水)- 2023年1月13日(金)
会場 : 清昌堂やました THE ROOM
住所:〒602-0006 京都市上京区小川通寺之内上る2丁目禅昌院町636番地
展示作家 : ヒメナ・アラルコン(Ximena Alarcon)
会期中: 土曜、日曜、月曜のみ営業 12-17時

11月19日、17時から20時に来日中のヒメナ・アラルコンを囲んで、オープニングカクテルを開催します。

ヒメナ・アラルコン(Ximena Alarconは、ペルー、メキシコ、フランスを行き来して活動するメキシコ人アーティスト。ファッションデザインを学んだ後、ミラノのマランゴーニ研究所で修士号を取得。彼女の彫刻は、幾何学的かつ有機的な観点から、空間と動きの連鎖を探求しています。ジェンダー、社会的不平等、人種差別、共感など、彼女が深く触れるテーマについて疑問を投げかけています。現在、彼女の作品はFundación Sebastián Collectionの一部となっているほか、以下の国で個人コレクションに収蔵されています。メキシコ、スペイン、スウェーデン、フランス、米国、ペルー。

マーティン・ミカエリス (Martin Michaelisは、メキシコシティを拠点に、ヨーロッパ、アメリカ、メキシコ間の国際的なアーティストの代理を務めるフランス系ドイツ人のアーティスト・リエゾンです。20年にわたる世界有数のファッション、PR、アート、デザイン会社との経験を生かし、ギャラリー、デザインスタジオ、アーティスト間の橋渡しを専門としています。そのグローバルなネットワークと専門知識により、イベントや展覧会をキュレーションしています。

プレスコンタクト
大岡陽子 yoko@yokoandcie.com

清昌堂やました THE ROOM
住所:〒602-0006 京都市上京区小川通寺之内上る2丁目禅昌院町636番地
営業日:土曜 日曜 月曜
営業時間:12:00- 17:00
お問い合わせ先:075-431-1366
メール:kyoto@seishodo.com
Instagram @seishodo_the_room

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

『Discover Japan(ディスカバー・ジャパン)』 2022年12月号「一生ものこそエシカル。」が11月5日に発売!

伝統工芸品”金沢箔”を施した、〈ゴールド・ノット〉と〈ビームス ジャパン〉のコラボレーションモデルを発売