in

無料掲載第二弾『日本の春と伝統文化』特集!日本の伝統を今に伝える企業/団体/職人様を自薦他薦問わず募集いたします  ニッポンの文化を未来へと繋ぐ『推し』メディア QUON-クオン-

YOHAKU Office株式会社(ヨハクオフィス、東京都目黒区、代表取締役 庄司健太郎)が運営する、日本の伝統工芸や文化・技術とそれらに関わる人々の情報を発信するメディア「QUON(クオン)」では、『日本の春と伝統文化』をテーマに、日本の伝統工芸の継承と発展に尽くす企業/団体/職人様を特集します。それに伴い、取材にご協力いただける企業/団体/職人様を募集いたします。

  • 『日本の春と伝統文化』特集!伝統工芸やイベントなど自薦他薦問わず募集

日本では、その時期ごとに旬の食材を料理に用いたり、お花見をしたりと、古くから四季を大切にする文化があります。QUONが取り扱う伝統工芸や伝統文化にも、四季の影響を受けるものが多くあると考え、この度、『日本の春と伝統文化』特集と題し、伝統工芸や食、イベントなど、伝統的な日本の産業に関わる企業/団体/職人様で、春にちなんだ取り組みをされている方々を特集いたします。
【公式サイト】
https://quon.jp/

優れた技術の織物、器、木工品等の「PRODUCT(製品)」、祭りや舞踊など無形文化、イベントの「CULTURE(文化)」、和食、酒類、調味料、食材等の「FOOD(食)」の3つのカテゴリーに分け、各5つずつの記事掲載にご協力いただける企業/団体/職人様を募集いたします。

日本の伝統文化を継承している企業/団体/職人様で、四季を大切にし、その時々のニーズに対応して取り組みをされている方々の生の声を届けたいと考えております。
例えば、
・ピンク色の陶器、染物、織物の販売を開始する
・桜まつりを告知したい
・春~初夏に向けて行われる年中行事を広めたい
・春が旬の野菜や海産物のEC販売を始めた
・伝統工芸の新生活用品の新商品を紹介したい
・春限定スイーツや和菓子のメニューを食べてほしい
・日本酒の春酒を期間限定パッケージで製造する
など、「春」と「日本の伝統文化」に関わる商品やイベントなどどんなものでも構いません。自薦他薦も問いませんので、奮ってご応募ください。
募集自体は4月中とさせていただきますが、5月~6月頃発売の商品、開催予定のイベントでも可能ですので、一度ご連絡ください。
 

  • 募集概要

【掲載予定数】15記事を予定(「優れた技術の織物、器、木工品等の「PRODUCT(製品)」、祭りや舞踊など無形文化、イベントの「CULTURE(文化)」、和食、酒類、調味料、食材等の「FOOD(食)」のカテゴリーで各5つの企業/団体/職人様)
【応募期間】2022年4月30日(土)まで
【応募方法】問い合わせフォームにて、以下の項目を記載の上ご応募ください。

企業/団体/職人様名:
ご担当者様名:
メールアドレス:
ご連絡可能なお電話番号:
ホームページ URL:
SNS URL(Twitter,Facebook,Instagram,TikTok,YouTubeなど):
製品・イベント・食の簡単な説明:

【抽選結果】取材をさせていただく場合のみ、2022年5月7日(土)18時までにメールにてご連絡させていただきます。弊社からの連絡への返答を1ヶ月以内にいただけない場合は無効とさせていただきますので、ご了承ください。

【注意事項】
※企業/団体/個人、自薦・他薦は問いません。
※応募多数の場合、選定の上ご連絡させていただきます。
※オンライン取材が可能な方に限らせていただきます。
※お写真のご提供をお願いいたします。
※取材内容によっては、掲載できない内容がある場合がございます。予めご了承ください。
※順次対応させていただきますので、掲載期日の確約はいたしかねます。

【お問い合わせフォーム】
https://quon.jp/contact/
 

  •  QUONとは

日本の伝統工芸品をはじめ、古くから継承されてきた技術や文化を未来へと繋ぎ、変わることのない価値と、時代にマッチした新たな形への変化を伝える『ニッポン推し』メディアです。QUONとは、「久遠(クオン)」と記され、遠い過去から未来へいつまでも続くという意味を持ちます。遠い昔から続く技術や文化を末永く継いでいきたい、という想いから名付けました。
 QUONの背景全国各地で受け継がれる伝統工芸や文化。着物、日本食、建築物など、衣食住全てにおいて、人々の営みに根付いた文化や技術は数多あります。

それらの中には生活習慣の変化や後継者不足など、様々な原因により風化したり失われたりしつつあるものが存在します。一方で、技術や文化の衰退を食い止めようと、新たな取り組みに挑んでいる方々もいらっしゃいます。

折しも持続可能な社会を目指す機運が高まっている昨今、もう一度サスティナブルな社会であった古来のニッポンに目を向けたい。受け継いできた技術や文化が途切れぬよう、ただ守るのではなく現代のニーズに合わせて生活に取り入れていくことはできないか。そんな想いの元、より良い未来への発展を共に目指します。

素材をつくる人、加工する人、流通に携わる人、修復する人、活用する人、魅せる人…すべての技術や文化を継承する方々への敬意を込めて。

———————————————–
運営会社:YOHAKU Office 株式会社
マーケティング、ブランディング、PR、デザイン、システム開発を駆使して、企画からゴールまでワンストップでサポートいたします。ターゲット選定から効果的なクリエイティブの作成、SNSやリスティング広告の運用、効果測定までお任せいただき、企業様の工数を最小に、かつ効果を最大化いたします。
企業様の魅力と価値を最大限に高め、発展の支援となるようなサービス展開を今後も行って参ります。

■会社名 : YOHAKU Office 株式会社
■所在地 : 東京都目黒区上目黒3丁目44−19 アルテシモレンナ301
■代表者 : 代表取締役 庄司健太郎
■事業内容: デザイン事業、マーケティングプロモーション事業、システム開発事業
​■電話番号: ​03-4400-1315
■URL  : https://yohakuoffice.co.jp/

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

仏具のまちからプロレス×伝統工芸のコラボ興器(凶器)がついに完成!「凶器で反則」ならぬ「興器で販促」を目指す。まっする6で使用され、相手レスラーを見事に冥土送りに!?

【京都岡崎 蔦屋書店】現代アーティスト・天野タケルの作品展示を4月9日(土)より開始。描き下ろし新作ペインティングも公開。