in

三重県伝統工芸「市木木綿」を守り未来へ繋ぎたい

「市木木綿を未来へ紡ぐ会(代表 向井浩高)」は、6月1日(水)より、三重県御浜町にある市木木綿の織工場移転に伴い、クラウドファンディングに挑戦します。
三重県御浜町(みはまちょう)の市木(いちぎ)地区で明治時代から続く「市木木綿(いちぎもめん)」は、三重県指定の伝統工芸品です。明治時代に始まり最盛期には45軒もの織元や工場がありましたが、大量生産時代の荒波に揉まれ、現在は向井浩高さんがただ一人の織元となっています。この度、織工場の移転に迫られる中、発祥の地に市木木綿を残し未来へ繋いでいきたいと、移転資金の支援をクラウドファンディングを活用して呼びかけることにしました。当取り組みは、経済的な支援だけを目的にしたのではなく、地元の方、出身の方をはじめ、多くの方にこのプロジェクトを通して市木木綿を知っていただくきっかけを作りたいと願っております。

 

 

 

 

■市木木綿とは?

市木木綿は独特のやわらかい風合いが特徴で、その秘密は引っ張ると簡単に切れてしまう最高級の「単糸」と、約100年前の力織機にあります。織り上がるとふわっと柔らかい、手織りのような独特の風合いに仕上がります。実は、パリコレデザイナーが生地の買い付けにきたこともある生地なのです。
縦縞のデザインが特徴的で、大正レトロ・昭和レトロを思わせる柄をはじめ、無地やボーダー柄などモダンなデザインも展開されています。

▼市木木綿の物語 クラウドファンディングにあたり織元からメッセージ▼

 

 

 

 

■市木木綿を未来に繋ぎたい

向井さんが織元を継いで十数年、この度、先代から使わせてもらってきた織工場を移転しなければいけなくなりました。隣町の熊野市で布団屋を営んでいることもあり、熊野市に織工場を移したらどうかという声もあった中、向井さんは絶対市木地区に残したいとこだわりました。熊野市へ持っていったら、市木木綿ではなくなってしまうからです。
市木木綿は単なる織物ではなくて、市木の歴史、紡がれてきた人々の日常や思い出が詰まっている。だから、市木でやらないと市木木綿じゃない、意味がないと信じています。
残念ながら、今では地元の方でも市木木綿を知らない方が多くなりました。この素晴らしい
市木木綿を、明治の時から紡がれてきた人々の日常や文化を、次の世代に承継していきたい。市木木綿を、この町で消えかけている文化の灯火を、未来に繋いでいきたいと願っております。

■クラウドファンディング詳細
<主催>
市木木綿を未来へ紡ぐ会 代表 向井浩高

<目標金額> 120万円

<使途>
集まった支援は市木木綿を「守ること」、そして「未来へ繋ぐこと」に使わせていただきます。
・土地と建物の購入
・古い織り機の移転とモーター取付
・移転先の内外装のリノベーション 等

<返礼品>
クラウドファンディングで初めて世に出る新しい縞「御浜ブルー」を使用したハンカチや座布団など。​
10,000円以上には織工場見学ツアーも付きます(オンラインも可)

<期間>2022年6月1日(水) 10:00 〜 7月20日(水)23:00

<URL>  https://readyfor.jp/projects/ichigimomen2022

 

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

京都でアフリカ布フェア開催

100年の歴史が産地を巡る。『SANCHI』プロジェクトが始動!