in

一点物の金継ぎリメイク「継皿」、漆器ブランドKISSAKOが販売開始!

漆器ブランドKISSAKO(キッサコ)は、作家や窯元のデッドストック品などを金継ぎでリメイクした一点物の陶磁器、「継皿(TSUGI-SARA)」を10月31日より販売開始いたします。

■継皿とは

作家や窯元に眠っていたデッドストック品を譲り受け、金継ぎ* でリメイクした器です。
通常、割れてしまったり欠けてしまった大事な器を修理するための技術として伝統的に用いられてきた金継ぎ。金継ぎの「修理」という機能的な側面だけでなく、偶然生まれた割れ目を美しさと捉え直してクリエイティブへと昇華し、作品として生まれ変わったものが「継皿」です。
偶然生まれた割れや欠けを漆で継いだ跡は、器のアクセントともなる模様になり、人間のコントロールを超えた美しさを宿します。

*KISSAKOでは「金継ぎ」を漆を用いた陶磁器類の修復の技術の総称として使用しており、仕上げに金粉を用いていないものも含みます。

 

色漆で金継ぎされた継皿色漆で金継ぎされた継皿

■継皿が生まれた背景

陶磁器の修理の手法として広く認知されている金継ぎは、「大切にしていた器が割れてしまった」という状況が暗黙の前提となっています。 そのような状況でない多くの場合、金継ぎはどうしても縁遠い存在なのではないでしょうか。 そんな金継ぎをもっと身近なものにするべく、デッドストックの陶磁器を活用し、商品化するに至りました。

 

制作風景制作風景

■今回リリースされる継皿

KISSAKOの継皿は、赤や黄、青を始めとしたカラフルな色漆を用いて仕上げています。
商品は不定期で追加していきます。最新情報はブランド公式Instagramまたはホームページをご覧下さい。

  • 継皿 ペア小皿(墨)
  • 継皿 茶碗
  • 継皿 マグカップ
  • 継皿 小鉢

 

今回リリースされるのは、ペアセット商品を含む4点今回リリースされるのは、ペアセット商品を含む4点

■販売概要

販売開始日:2022年10月31日
値段:4,000円~
販売サイト:https://www.kissako-urushi.com/
Instagram:https://www.instagram.com/kissako_urushi/

■KISSAKOとは

9色展開するカラフルな漆のお箸「色箸(IROBASHI)」、デッドストックの陶磁器を金継ぎでリメイクした「継皿(TSUGI-SARA)」を販売している漆器ブランドです。割れた器の金継ぎ修理も受け付けています。2020年9月より色箸の販売を開始し2022年9月に2周年を迎えました。

カラフルな漆のお箸「色箸(IROBASHI)」カラフルな漆のお箸「色箸(IROBASHI)」

 

■KISSAKOの作家 間瀬春日

1998年生まれ。神奈川県出身。
2021 金沢美術工芸大学美術工芸学部 工芸科 漆木工コース卒業
漆芸作家として活動中。

 

漆芸作家 間瀬春日漆芸作家 間瀬春日

 

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

「Made in ピエール・エルメ 丸の内」で、佐賀酒とスイーツのペアリングが楽しめる「SAGA BAR」POPUPイベントを開催します!

『 孤高のイラストレーター生頼範義の魂を届けたい 』掛け軸師と共に挑んだ『吉川英治/宮本武蔵』のミニ掛け軸や限定グッズなどMakuakeで販売開始。