in

株式会社リーチゼムが収益金の一部を栃木県日光市へ寄付。地域ブランドの強化による雇用創出を支援。

インターネット領域におけるメディア事業と集客支援事業などを営む株式会社リーチゼム(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役 塚原恵太 HP:https://reach-them.co.jp/)は2022年度の自社収益金の一部を、栃木県日光市が行う地域再生計画に含まれる『安心して働くことができ、安定した生活を支える「しごと」をつくる事業』へ寄付し、地域ブランドの強化による雇用創出に対しての支援をおこないました。

インターネット領域におけるメディア事業と集客支援事業などを営む株式会社リーチゼム(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役 塚原恵太 HP:https://reach-them.co.jp/)は2022年度の自社収益金の一部を、栃木県日光市が行う地域再生計画に含まれる『安心して働くことができ、安定した生活を支える「しごと」をつくる事業』へ寄付し、地域ブランドの強化による雇用創出に対しての支援をおこないました。
 

  • 寄付対象について

【寄付先】
栃木県日光市

【寄付対象事業】
日光市まち・ひと・しごと創生推進計画 
安心して働くことができ、安定した生活を支える「しごと」をつくる事業
https://www.city.nikko.lg.jp/seisaku/documents/chiikisaiseikeiakku.pdf
 

  • 日光市『安心して働くことができ、安定した生活を支える「しごと」をつくる事業』

『安心して働くことができ、安定した生活を支える「しごと」をつくる事業』は、栃木県日光市が行う地域再生計画「日光市まち・ひと・しごと創生推進計画 」によるもの。

この計画のなかでも『安心して働くことができ、安定した生活を支える「しごと」をつくる事業』とは、日光市の強みである観光産業を中心として、住民の安定した生活を支える仕事を創出することで、都市部への人口流出を抑止し、地域の人口減少に歯止めをかけるための土台形成を目的とするものです。

具体的な取り組みとしては、下記が挙げられます。

  • ベンチャー企業創業支援
  • 伝統工芸のブランド化の推進
  • スポーツツーリズムの推進
  • 再生可能エネルギーの普及促進
  • 林業担い手育成の強化
  • ひとり親家庭の雇用促進

株式会社リーチゼムは、日光市のこれらの取り組みに深く共感し、2022年度自社収益金の一部から寄付による支援をさせていただきました。
 

  • 今回の寄付の内容

寄付金額:100,000円
寄付日:2022年10月
 

  • 株式会社リーチゼム 概要

Webコンサルティング事業およびWebメディア事業を行う、埼玉県さいたま市のインターネットサービスプロバイダ。自社のWebメディア事業で検証済みのノウハウを駆使したコンサルティングを顧客に提供しています。運営メディアは、コスメ・生活・教育・恋愛・占い・カウンセリングなどで、その他多業種・多事業者と提携を行い事業を行っています。

法人名:株式会社リーチゼム
代表者:塚原 恵太
法人所在:埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-3 大宮マルイ7F
設立日:2020年1月6日
資本金:1,000,000円
会社HP:https://reach-them.co.jp/
事業内容:Webコンサルティング事業、Webメディア開発事業

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

日本伝統工芸のモダニズムを掲げたブランド「 TOUROU 」デビュー / 秋田銀線細工ジュエリーコレクションを展開

12月15日(木)丸ビルにオープンの「TSUTAYA BOOKSTORE MARUNOUCHI」。アートスペースを飾る初回の作家は、古着を素材に創作する美術家・谷敷 謙