in

青森の魅力を発信する「BEAMS EYE on AOMORI」12月20日スタート

株式会社ビームス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:設楽洋)が日本の魅力を発信するBEAMS JAPAN(ビームス ジャパン)は、昨年度に続く2度目となる青森県との協業で、公募で選ばれた13の事業者と共に約100種類の商品を企画・開発しました。「BEAMS EYE on AOMORI(ビームス アイ オン 青森)」と題して、12月20日(月)よりBEAMS公式オンラインショップで、2022年1月19日(水)より新宿のBEAMS JAPANの店舗で商品を一挙お披露目し、販売します。

BEAMS JAPANのバイヤーたちが青森へ出向き、それぞれの事業者のもの作りに込められた情熱をさらに多くのお客様へお届けするため、知恵と工夫を出し合い、試作とブラッシュアップが重ねられました。青森県の豊かな自然と伝統を五感で感じられる、どこか懐かしくも新しい、約100の自信作が揃いました。ライフスタイルを彩るものから美味しいものまで、ぜひお楽しみください。

  • 「BEAMS EYE on AOMORI」開催概要

・期間 2021年12月20日(月)〜2022年2月22日(火)
・店舗
 - ビームス ジャパン(新宿)(2022年1月19日[水] 〜 2月22日[火])住所:東京都新宿区新宿3-32-6 TEL:03-5368-7300 営業時間:11:00〜20:00(変更もしくは臨時休業の可能性あり)
 - ビームス公式オンラインショップ(2021年12月20日[月] 〜 2022年2月22日[火])URL: https://www.beams.co.jp/tag/211220_BJ_01/
 - ビームス ジャパン 台北 ポップアップショップ(2022年2月8日[火] 〜 2月22日[火])住所:台北市中山區南京西路14號1樓 誠品生活南西店1F *昨年度の開発商品など
・特設サイト    https://www.beams.co.jp/special/teamjapan/aomori2/

  • 販売商品一例(カッコ内は製造事業者)

・伝統工芸「津軽こぎん刺し」の、りんごのポーチ(有限会社弘前こぎん研究所)
・りんごの木の織り機と古布で作るさき織りキット(さきおりCHICKA)
・りんごと生姜だけで作った無添加のアップルジンジャージュース(あべりんご園)
・家庭用に小さくした、りんご農家のひばの梯子風インテリアアイテム(有限会社木村木品製作所)
・ねぶた祭をデザインモチーフにした文房具やタオル(株式会社甲州屋洋服店)
・正絹の組ひもで作った縄文ブレスレット(津軽組ひも工房)
・ブナの木の蓄積量が日本一の青森県で生産される、木工デザインプロダクト(ブナコ株式会社)
・飾りたくなるモダンな絵付けの鳩笛(津軽の工芸品 草邑 KUSAMURA)
・古くからの馬のお守りに願いをこめた、色とりどりの八幡馬(株式会社八幡馬)
・漆芸作家が艷やかに彩る八幡馬(天野 琴音)
・日本古来のエディブルフラワー、菊の花びらのピクルス(株式会社シュタインズ)
・青森特産の黒ブドウと八助あんずを使ったクラフトワイン(有限会社サンマモルワイナリー)
・煮干しの約5倍もの出汁がとれる、焼き魚粉と焼き干し(株式会社ためのぶストア)

BEAMS EYE on AOMORI 販売商品一例BEAMS EYE on AOMORI 販売商品一例

  • BEAMS JAPANについて

BEAMSが日本の良さや面白さを世界へ発信するプロジェクトとして2016年にスタート。新宿、渋谷、京都のBEAMS JAPAN 3店舗を拠点に、日本の技術が光るプロダクト、伝統に裏付けされた各地の名品、モダンカルチャーやアートに加え、こだわりの日本ブランドやオリジナルウエアなどファッションアイテムも集積し、日本のモノやコトの魅力を国内外に発信しています。これまでに兵庫県神戸市、大分県別府市、愛知県名古屋市、福島県などの地方自治体や、異業種の企業ともコラボレーションを行い、店頭イベントに加えて商品開発やガイドブックの発行など、数多くのプロジェクトに取り組んでいます。
 

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

1500年の歴史を刻む越前和紙。人間国宝「岩野市兵衛」とコラボしたバングルウォッチをマクアケで先行販売

バイリンガル美術情報誌『ONBEAT』とアートプロジェクトプロデュース集団「WATOWA GALLERY」合同企画展『祈りと祝祭 – PRAYER and CELEBRATION』開催