in

ワントゥーテン、ファンコミュニティコマース「ENU(エヌ)」にて、再生ペットボトル繊維を素材にしたサステイナブルなものづくりのプロセスを発信

​XRやAI等の先端技術で社会課題の解決に取り組む株式会社ワントゥーテン(本社:京都府京都市、代表:澤邊芳明)は、ファンコミュニティコマース「ENU」を通じて「京都西陣 ふくおか」が行う再生ペットボトル繊維を用いた西陣織の制作プロセスを発信し、それらの西陣再生ペット織を使用して制作された作品を販売いたします。

京都府では、地球温暖化が一因と見られる気象災害の増加や、持続可能な社会に向けた国際的な潮流など、環境を取り巻く状況の変化を踏まえて、2050年温室効果ガス排出量実質ゼロの脱炭素社会の実現を目指した「京都府環境基本計画」を2020年に策定しています。そうしたなかで、京都で活動している伝統産業のつくり手である「京都西陣 ふくおか」がサステイナブルなものづくりへの取り組みとして、再生ペットボトル繊維を用いた西陣織の制作を開始しました。

ワントゥーテンは、この「京都西陣 ふくおか」による再生ペットボトル繊維を用いた西陣織の制作プロセスを「ENU」を通じて発信することで、京都府内にとどまらない全国の工芸品愛好者やサステイナブルなものづくりに興味のある消費者へ「つくり手」の優れた技術や、制作への想いを届けます。

「ENU」では完成した作品の販売やサブスクリプション機能によって、「京都西陣 ふくおか」に限らず日本全国の価値ある日本文化の「つくり手」の皆さんの活動を応援・支援してまいります。

 

■「京都西陣 ふくおか」 福岡裕典(西陣織)
ENUプロフィール https://www.enu.app/creator/?screen_name=hirochan

明治35年に創業し,西陣の地で,帯や能装束等の伝統的な西陣織を製造している。20数年前から新しい取り組みとして、炭素繊維特殊織物の開発を行い、意匠性の高い炭素繊維の織物として注目を集めている

https://fukuoka-k.co.jp/

「京都西陣 ふくおか」福岡裕典よりコメント
着物にはじまり、繰り返し使えるよう先人の知恵を継承してきたことにより西陣織が育んできた今日の織りの文化。そこに、現代のリユース、リサイクルの文化と多くの共通点を感じます。
昨今、ペットボトルの需要は益々増え続け、そのペットボトルの再利用として、西陣織の技術にて、再生ペットボトル繊維にて、再生 を 彩生 したく思いました。
それは、未来を織ることであり、この「心にささやく」プロジェクトにより、今一度、環境を含めた在り方を、この取り組みがその「きっかけ」になりたいと思います。

■ファンコミュニティコマース「ENU(エヌ)」について
「ENU(エヌ)」は、日本各地で名品・名作といった有形無形の価値を自らの手で生み出している伝統工芸作家やアーティストといった「つくり手」がアイデアや思想、制作のプロセスを発信し、その「つくり手」を応援したい「ファン」とつながることができるサービスです。「ファン」は「ENU(エヌ)」が提供するファンコミュニティ機能、サブスクリプション機能、ライブコマース機能、ストア機能などを通して「作り手」の創作・制作活動を応援・支援し、その作品を購入することもできます。

「ENU(エヌ)」公式サイト: https://enu.jp/
iOSアプリ         : https://apps.apple.com/jp/app/enu/id1562453537
PC/Android 向けブラウザ版: https://www.enu.app/
公式Twitterアカウント   : https://twitter.com/official_enu
 
■ENU(エヌ)へ参加したい「つくり手」、ENUの「つくり手」とコラボしたい企業・団体を募集中
ENU(エヌ)へ参加希望の「つくり手」、ENUの「つくり手」とコラボしたい企業さま・団体さま、「ENU(エヌ)」公式サイト(https://enu.jp/)のENUお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

■株式会社ワントゥーテン/1→10,Inc. について
人間の永遠の課題に挑み、創造力で人類の可能性をひらく、近未来クリエイティブカンパニー。最先端のAI技術を駆使したサービス開発やプロジェクションマッピング・XRを活用した数々のプロジェクトを日本国内及び世界各国で展開する。日本の伝統に創造性とテクノロジーを掛け合わせ日本をアップデートする「ジャパネスクプロジェクト」、パラスポーツとテクノロジーを組み合わせたスポーツエンタテインメント「CYBER SPORTSプロジェクト」など、先端テクノロジーによる社会課題解決をテーマに世界中の人々の知的好奇心をかき立て続ける。
【ワントゥーテンの代表的なプロジェクト】
「ドバイ万博日本館」デジタルシフト施策の企画・製作、体験型商業施設「羽田出島|DEJIMA by 1→10」、知育エンターテインメント施設「ENNICHI by 1→10」、夜の旧芝離宮恩賜庭園や名古屋城でのライトアップイベント「YAKAI by 1→10」、市川海老蔵「歌舞伎座百三十年 七月大歌舞伎 夜の部 『通し狂言 源氏物語』」でのイマーシブ(没入型)プロジェクション、サイバーパラスポーツ「CYBER BOCCIA(サイバーボッチャ)S」・「CYBER WHEEL(サイバーウィル) X」、価値ある日本文化のつくり手を応援するファンコミュニティコマース「ENU(エヌ)」など。
URL :https://www.1-10.com/

あなたはどう思いますか?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GIPHY App Key not set. Please check settings

そごう千葉店開店55周年記念 薩摩焼 十五代 沈 壽官 展

<セイコー プレザージュ>より、幻想的な苔庭を、緑色の漆で表現した限定モデルを発売